ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録255 A selfbuilder's note

海の日にかけて4連休。
b0229636_15374618.jpg

猿が来てないのか、キュウリが沢山実を付けていた。
b0229636_15374754.jpg

デッキ板の塗装が終わって、雨水循環システムを完了させないと先に進まない。タンクのコンクリ枠上端より少し下の位置、ポリタンクのほぼ上端付近に振動ドリルで穴開けて、オーバーフロー用の塩ビパイプを通す。
b0229636_15374723.jpg

取水管を上から差し込み、ボトム付近より少しだけ上に先端を固定し、捻じ込みタイプの接続プラグで本管に連結。黒いパイプがそれで、
b0229636_15374891.jpg

デッキ下を這わせ、後で設置する天井の太陽熱温水器の直下まで引いておく。
b0229636_15374877.jpg

これで、雨樋からの導入管からタンクを通って、オーバーフロー管と取水管に分かれてそれぞれの回路へ向うデッキ下配管が完了。
b0229636_15374939.jpg

オーバーフロー用の管から3m離れた池まで約3/100の勾配で流れて行く。3m行って10cm下がる配管にしてみた。家の排水管が2/100なんで、水だけなら問題は無いだろう。翌日は終日イベントで外出。
b0229636_15374986.jpg

キュウリはちょっと油断すると、すぐデカくなってしまうので、要注意。
b0229636_15375042.jpg

デッキ板を仮置きするのに、5mmのスペーサーを探してたら、丁度壁板を半分に縦引きした木っ端が見つかった。スゴく使い易い。
b0229636_15375088.jpg

デッキ板を置いて、全体の配置を見直す。思ったより広い感じ。半外のユーティリティスペースはとても大事。気持ち良い時期に食事したり、昼寝したり、ヨガしたりと使い方無限大。寒い時期は透明な波板で囲って、サンルームにもなる予定。
b0229636_15375140.jpg

擦ると簡単に落ちる弁柄を、柿渋に混ぜて、ある程度定着させたが、更にシールする意味で、表面に亜麻仁油を塗る。古民家再生を専門にする塗装屋さんがブログに書いていたのを見つけて、ウチにも一瓶あるのを思い出して、出して来た。
b0229636_15472219.jpg

つや消しの弁柄に亜麻仁油を塗ると、しっとり濡れた様になる。
b0229636_15472363.jpg

それをウェスで拭うと、丁度マットとグロスの中間ぐらいに落ち着く。
b0229636_15472389.jpg

最後に、それを乾拭きで磨き上げると、古い剣道場の様に黒光りして良い感じに仕上がった。時々、胡桃を包んだウェスで油を補給して、乾拭きすることにしよう。室内の床と壁もコレで行こうか?今週はちょっと疲れたので、明日は久しぶりに休養日に当てよう。

4 days off this weekend, Friday through Monday.

When no monkeys raid, my cucumbers looks sound. Picked up several before they got too big.

Resumed to paint rest of decal boards and some crosspieces. Before install the boards, my rain water circulation system had to be well equipped.

Made a small drill hole on the concrete frame of rainwater tanks. Just below the top end of the tank, cut out a drill hole. PVC joints and a pipe stubbed in the hole. Over flow water trickle down from the pipe. And the water goes to my little pond.

Another pipe inserted from the top to just above the tank bottom. Rainwater sucked up from the pipe end and led to the roof of the deck a solar heating tube shall be set later. Now the pipeline all connected with the rainwater tank.

Spread out the deck boards on the crossbeams for re-checking configuration. Before fixing the boards, I've painted the boards top with linseeds' oil. The oil fairly compatible with the Japanese traditional pigment based paint. The pigment paint mixed with persimmon astringent stick well on the boards, however still unstable. Painting linseeds' oil seals the surface. Glossy when painted, become mat when wiped with waste cloth. But a bit glossy when polished. The shade of the polished boards like old Kendo court. Black like crow feathers.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-07-16 15:02 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録254A selfbuilder's note

梅雨シフトで、月初に土曜日出勤。お休みは日曜日だけ。雨の京都でお風呂に入り、基地へ。
b0229636_16450611.jpg

翌朝、寝起きに庭に出てみると、胡瓜とトマトが猿にグチャグチャにされていた。これはもう早く移住して、獣害対策の仲間入りするしか無いなぁ。てめえら覚えてろ。
b0229636_16450681.jpg

ムカついたので、8時を待って、伸び放題の草刈りをすることにした。日本ミツバチの巣箱の前を刈っていたら、結構驚いた様子で、働き蜂達が巣箱の前で乱舞を始め、パニック状態になった様子。ある程度遠退くと少し落ち着いた様子だったが、後で写真を撮りに行ったら、偵察蜂が前を旋回して、警戒している。少しソッとしておこう。
b0229636_16450774.jpg

今日は、時間が限られているので、先週の続きで、ペンキ塗り。デッキ板裏側の防腐系塗料の塗り残しを終わらせて、キレイにカンナを掛けている表側に弁柄を塗る事にした。弁柄(ベンガラ)は柿渋に溶いて塗る。割合は弁柄1に対して、柿渋5〜6。適当だが、その位薄めないと、弁柄が良く伸びない。と言うか、あまり良く混ざらないので、1リットルのペットボトルの下1/3を切って、底に刷毛が届く程度に浅く弁柄と柿渋を入れて、混ぜつつ塗る、を繰り返す様な塗り方。この辺はググった通りの結果。
b0229636_16450737.jpg

スグに要領は掴めたので、快調に飛ばす。気温が高いせいか、思ったよりも速く乾く。手で触ってみると、粉っぽい感じで、顔料がパラパラと落ちる。とりあえず、このまま触らずに、完全に乾いてから、蜜蝋を荏胡麻油に溶いて、薄く塗って封をする感じで仕上げるかな。
b0229636_16450805.jpg

ちょっと濃い目の墨のような仕上がり。とりあえず裸足で歩けるデッキにしたいので、雨、雪対策も考えて、蜜蝋仕上げが必要だろう。

Got up early morning to check how's my tomatoes and cucumbers doing. All I recognized was another monkey raid. Well anyway, I'll shoot them out in a couple of years.

So went mowing instead. Honeybees doing fine, however, when I passed in front of their hive, vibration of engine mower alerted the residents. Scouts came over all around me and guided me out of their personal space. No stinging but any tricky move was allowed.

Sunday was the only day off for this weekend. So I resumed to painting deck plates. Under side of deck boards painted anti-rotten type of paint including some chemical ingredients. Top side of the boards painted with Japanese traditional paint. Fermented persimmon astringent with Bengala(Bengal rouge) including black iron oxide. Mixed in 6:1, persimmon astringent with Bengala. The paint needed to stir up every dipping. Dry very quickly. Dust of the rouge bloomed out from the board after perfectly dried. 80% of total boards painted in a day. Will be finished on next Friday. Can't wait.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-07-09 16:08 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録253 A selfbuilder's note

先月末の土曜日出勤の影響で、今週は月曜日までお休み。
b0229636_16475509.jpg

土曜日の朝、起きて庭に出てみると、2週間程ほったらかしのキュウリが、地面を這って、大きくなり、食べられる程の大きさに成長してた。余りにも粗放過ぎるので、反省して、
b0229636_16475690.jpg

キュウリネットを張って、誘引したら、すかさず蔓を伸ばして、すぐに次の実が成長し始めた。この時期、植物の勢いはピークにある。
b0229636_16475689.jpg

デッキ板の根太を受ける支柱を切り出し、
b0229636_16475756.jpg

湿気対策のスペーサーをかまして、
b0229636_16475793.jpg

アンカーを打ち込み、
b0229636_16475845.jpg

ボルトで固定して、根太を仮組みしてみる。当初設定していたラインより35mm高い。ひぇ〜、板の厚さ分設定間違えてる。早速、支えの頭を切り落として、高さを合わせる。頭がボ〜っとしている。反省、反省。土曜日は、セルフビルド仲間のT夫妻にウリ坊が獲れた(獣害対策の獲物)からすき焼きしようとお誘いを頂き、マコちゃんとヤギ島さんも一緒に、楽しい夕べの一時。イノシシのチラガーも頂きました。エミさんごちそうさまでした〜。
b0229636_16475871.jpg

翌日は朝から降ったり止んだりのお天気。間隙を縫って、根太と支柱にペンキ塗り。ペンキが乾く間にデッキ板のカンナ掛け。
b0229636_16475939.jpg

コレが重労働。荒材で買った板だけど、注文してた板の質が良くないからと、製材所の人が厚みで5mm、幅で30mm大きい特一等材に替えておいたからね〜って、留守電入っていたヤツ。取り回しが重いのナンのって。両面と木端にカンナを掛けて、
b0229636_16475945.jpg

確かに、カンナ掛けで出した板面は本当に綺麗。裸足で歩くところなんで、5mm落としの面取りを掛け、
b0229636_16480005.jpg

30枚程作業し終わった頃には、汗ダクダクになって、ツナギが重い重い。ナイター営業までして、疲労困憊して風呂へ。ビール飲んだらコテンと寝た。
b0229636_17065059.jpg

月曜は雨も上がって、庭の梅の実取り。今年は去年の1/3位。どこも収穫は悪いらしい。
b0229636_17065128.jpg

真ん中の根太設定。両端が決まっているので、簡単。少し中心を外した位置の両端からの延長線にクイを打ち込み、水糸を張る。両端に掛かる長さの真っ直ぐな材を置き、その下と水糸が接する位置に合わせる。
b0229636_17065124.jpg

水糸の位置が決まったら、垂線上に支柱を置き、根太の高さ分を差し引いて墨を入れて、支柱を切り落とす。これでぴったりの高さが出る。支柱と根太をエーステンプレートで連結する。
b0229636_17065265.jpg

デッキ板の先端を揃える為に、垂木を打つ。カンナを掛け、コレもデッキ板に合わせて5mm落としの面取りをする。
b0229636_17065210.jpg

見事に目の詰んだ柾目の米松。ペンキ塗るのが勿体無い。そのままで蜜蝋仕上げしようかな?
b0229636_17065378.jpg

湿気と防腐対策に、デッキ板の裏は防虫ペイントを塗って、タイムアップ。このまま来週まで放置。

Neglecting support of planted cucumbers grown so rapidly and wildly. So wild that vines spread and cucumbers grown on the ground. So set up bamboo support with vine net.

Back to building the deck base. 4 support pillars lined up on the wall side were cut to exact same height. Buried two bolt anchors for each pillar in the concrete wall of house base. Painted rustproof and bug proof paint. Saturday ended with having dinner with local selfbuilders.

Sunday started with painting crossbeams of the deck. While drying the beams, plained the deck plate. Deck board's supplier told me that replaced with 5mm thicker, 30mm wider boards as they concerned about quality of the ordered ones. Good thing was the offer was free, but boards became a lot heavier. Handling these heavy boards were quite exhausting. By the time more than 30 board's finely planed, the sun was set.

Monday morning rain stopped. Hammered two wood stakes on the extended line of the deck center. Set level thread with proper tension. Finding exact level of center line was easy. As both end was already set. Just putting straight crosspiece across the both end. Raised the level thread to just under the crosspiece will do. 85mm from the level line should be the top of supporting pillars. Cut excess from each pillar. Then put cross beam on top and bound them to one. Pillars' already painted.

To flush each board head on crossbeam
at outer side, lined up crosspieces along with the beam edge. Each crosspiece planed to complete flat. Planed off the edge as well. The white wood had exceptionally straight grain. Finishing with beeswax and some natural oil may fit with the surface.

The planed deck boards painted black. Painted on bottom side only. The paint included anti-bug, rotten substances. Same as paint on pillars and beams. Some left but mostly done.


[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-07-03 16:11 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録252 A selfbuilder's note

今週は、梅雨を考慮に入れた、土曜出勤の月末シフト。お休みは日曜日のみ。
b0229636_17074471.jpg

前日の夜半から降り始めた雨は朝方には上がった。酢橘(スダチ)の実が水を得て、スクスクと育っている。年明けからの大雪でバキバキに折れたにもかかわらず、枝は主幹一本を除いて、元気に葉を茂らせている。一度ダメージから回復すると、生命力が旺盛になるようだ。剪定の原理と同じだな。
b0229636_17074400.jpg

1日しか作業出来ないので、早朝からデッキの梁、柱に防腐、防虫のペンキ塗り。塗りにくいところは先に刷毛でぬっておいて、塗りやすいところはローラーで一気に塗る。それでも昼近くまで掛かって丁寧に塗る。
b0229636_17074586.jpg

柱、梁、軒先、は外壁に合わせて黒で。隠れる柱の裏、デッキ板支えは茶系で。ローラーで梁を塗る時は、上からペンキが降って来るので、汚れても良いツナギに着替えての作業。薄曇りなので乾きが悪いが、どうせ一週間放置するので、生乾きのまま二度塗り。まぁ、大丈夫でしょう。
b0229636_17074575.jpg

蜂は相変わらず元気。写真を撮りに行ったら、丁度クモが蜂の捕食を狙って巣の入り口まで来たが、数匹で追い返してしまった。外敵に対する防御はなかなか。動画を撮ろうとして、大きな羽音に振り返るとオオスズメバチが偵察に来ていた。巣箱から2-3mまで寄って来て、すぐに何処かに飛んで行った。スズメバチトラップを用意する必要がありそうだ。酒とファンタグレープでまた作るかな。
b0229636_17074678.jpg

デッキを板で塞ぐ前に何か忘れてないか見回していたら、そう言えば、デッキ下の雨水タンクの接続を忘れていた。2個のデッキを真ん中と流入部の配管を先に済ませることに。ユンボでタンクを吊り上げて、一番上から8cm下に50mmの塩ビ管が通るよりちょっとだけ大きな穴を開け、その穴に専用のパッキンをはめ込む。
b0229636_17074625.jpg

その穴に30cm程の塩ビ管を通して、口だけ出して、一旦吊り上げた雨水タンクを降ろす。さらに、もう一方のタンクを吊り上げて、同じ手順で穴を開け、パッキンを取り付けたら、タンクを降ろして、
b0229636_17074613.jpg

ほぼ同じ高さに並んだ最初のタンクから出ている塩ビ管を内側から押して、もう一方のタンクのパッキンに通す。これで2個のタンクが接続されて、漏水の心配も無い。
b0229636_17074788.jpg

さらに、流入部の塩ビ管を通す穴を開けて、そこにもパッキンを通す。パッキンに塩ビ管を90度に接続して差し込み、十分な長さに切った横に伸びる塩ビ管は、少しだけ傾斜をつけて、雨水の浄化槽に接続される予定。これは、実際に雨水循環システムが稼働するまで蓋をして放置。
b0229636_17074770.jpg

ブルーベリーがほぼ収穫前のサイズまで膨らんで来た。色が変わって、収穫出来る状態でまた一回り大きくなるが、青い実の状態ではほぼ形が揃った。後半月もすれば収穫が始まる。楽しみだ。

Sunday was the only day off this weekend. Got up early for painting pillars and beams set up last weekend. Painted black except behind the pillars and deck board base. Basically painted twice. By noon except crosspieces and base boards, painting was over.

Before closing deck plate, some pipe connection needed around rainwater tanks. Two tanks must be connected by PVC tube. Slowly lifted one tank by one. Measured exactly same spot on both tanks. Drill along contour line of the circle. Cut out the line. Then filed the line to be smooth. Push in gaskets. Inserted a PVC pipe. About a foot long. Left about an inch exposed. Another circle's cut out at visa vis position on the other tank. Once a gasket was placed, push out the PVC tube into the other gasket. This way the two tanks connected without any water leaking.

Incoming pipe connected to the first tank. Time was running out for the day.
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-06-25 16:09 | セルフビルド | Comments(0)

養蜂の夢2

以前、もう5-6年も前だろうか、いずれ基地に住んだら養蜂をやろうと決心して、巣箱を設置したことがあった。

キンリョウヘン蘭という蜂誘引ホルモンを出す花を置いて、蜂を待ってみたが、結局偵察蜂の飛来だけで、捕獲までに至らなかった。
b0229636_07154980.jpg

それがイキナリ向こうからやって来た。会社の同僚が、街中の住宅地密集地で飼い始めたところ、家族の抵抗にあって泣く泣く基地に置いていった。というのはウソで、イキナリ設置して、後から置いといたよ〜っと、メール一本で、了解も無しに捨て子状態。まぁ、いいけどさ。気心知れてる奴だしね〜。
b0229636_07154915.jpg

かなりガッチリ張り綱まで張って、重箱六段の高層マンション風。中は以前写メ見せてもらってた。既に4枚程の巣が垂れ下がって活発に営巣状態にある巣箱。

最初、逃亡の可能性が大だと思い、居なくなればその時と思っていたが、いざ観察を始めると、本 に書いてあった事や、新たな発見があって、これは定住してもらえまいかと思うようになって来た。
b0229636_07155067.jpg

外仕事から帰って来る蜂に判り易いよう、巣箱は基地のシンボルツリーである黄木蓮の下に設置。木蓮の葉っぱが大きな日陰を作って、入り口は明るい南向き。巣箱の前は芝生状の草地と優良物件であることは間違いない。後は蜜源が半径2km以内にあれば問題無く定住するはずだ。して欲しい。
b0229636_07155059.jpg

日中は、頻繁に働き蜂が往来して、入り口付近は活況を呈しているが、出入りそのものは非常に整然としていて、指揮系統の整った軍隊そのもの。家作りの作業の手を休めて、巣箱の前で観察する時間が長くなった。いずれ、まだオーナー権を主張する同僚が採蜜にやって来るだろう。その楽しみとは別に、この不思議な生き物日本ミツバチの生態は、面白過ぎる。出来れば、来年の春に分蜂して、新たなコロニーを形成するまで観察したい。

Being a beekeeper

5-6years ago, I've tried catching a bee colony. Fixed up beekeeping box and set a sort of orchid spread hormone attracting Japanese bees. However, all I could observed was just several scouting bees. Not successful of collecting the queen who leads her entire colony to the box.

However, the dream of being a beekeeper came true all of the sudden. A colleague of mine caught a bee colony this spring, but his family opposed to keep the colony at their home. So, he came to my bat cave and left the beekeeping box at one night. He later told me that he shifted the location of the colony into my garden. It was like hit and run! Well. I should have been lucky in this case, I know.

Carefully negotiating about ownership of the colony, I won the new colony's ownership. Can't wait for coming spring.

I told him that still be very patient till the colony settles. We do not know if bees can find their honey source. If enough of honey source was found, they'll stay. Otherwise, Japanese bees dryly abandon their current home and move to find a new home. So far they look satisfied with new home. But be ready.

Their new home is located under the symbolic tree of my bat cave. Shades of the tree covers the box well enough. Lawn in front's well mowed not to block bees flying in and out. I found bees were like jet fighter on a aircraft carrier. Catapulted from front deck of the box and coming back. And the elevation angle is always the same. About 30 degrees. Quite interesting to watch.

Gathering honey may be on autumn, like September, I guess. By then, will report to you all again.
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-06-19 06:37 | 養蜂 | Comments(0)