ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

桜茶

今年の秘密基地周辺は、春が二週間ほど遅い。基地には八重桜が一本、ピヨ~ンって横伸びに立っている。で、今日も今までやりたくて出来なかった事をひとつ。

それは桜茶を作る事。ワシ御茶大好き。別に、御茶やったら何でもええ。薄茶でも濃茶でも、煎茶でも、はたまた昆布茶でも。そんで、中国の御茶はジャスミン茶に代表されるように、色んな花入りの御茶がある。で、日本はってえと、桜茶位しか思いつかん。


薄手の湯呑にちょっとしょっぱい八重桜が、お湯を注ぐと、ふわっと広がり、何とも言えん風味ですな。これ作りたかってん。でも、基地に八重桜が咲いてる時期をいっつも外しててん。それが、今日は満開一歩手前で、今年は花も多い。そこで、高枝切り鋏を持ち出して、必要分だけ採取。

まず、井戸水でキレイに洗って、
b0229636_2303576.jpg


水気を取り除く。
b0229636_2305340.jpg


良くかわいたらタッパーに桜を一段敷き詰める。次に塩を振り掛ける。分量は花の1/4。一段づつ交互に入れ、入れ終わったら重しを乗せて水分ができる迄放置。

b0229636_2311241.jpg


後は漬かり切った桜から余分な水分を取り除き、漬かるのを待つばかり冷凍しとけば、結構長持ち。
加工中、何故八重なのかが判った。圧倒的に強い。少々投げても分解しないし、色もかなりオリジナルのまま、湯呑で再現される。どうやら葉っぱも桜餅用に使えそうな感じ。誰か作るんやったらあるで~。上手く行ったら御茶は今月中に飲めそう。ちょ~楽しみ。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-05-06 21:15 | うまいもん | Comments(0)
<< アクアパッツァの日 椎茸と堆肥ピット >>