ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

サツマ芋の甘納豆

マイミクのKeikiolaさんのリクエストで収穫したさつま芋で甘納豆を作ってみた。

まず、芋をきれいに洗い、計量。今回は4kgを使った。2回に分けて作ったので、このザル1杯で約1kg。芋は直径2~3cmの小さな芋ばかり。今回の収穫の約1/3を構成するあまり成長しなかった小型の芋ばかり。でも、この甘納豆を作るには最適の、柔らかくて、一口サイズになる、ベストサイズの芋。自分で収穫した芋は少しも無駄にしたくないからね~。


カットした両端のヘタは担当のヘタ処理班が即座に対応してくれる。たまに、もうちょっと中央部分も出せと要求してくる。


次に糖蜜を作る。分量は、さつま芋と同量(約2リットル)の水に白糖を1kg、に三温糖を1kg。溶かした瞬間から飴色になり、8割程度の水位になるまで煮詰める。


その間、窯に火を入れ、ダッチオーブンで焼き芋を作る。

一口サイズに輪切りする。皮は着いたまま。煮崩れしないから。


このカットした芋を煮詰めた糖蜜に放り込む。最初は比重が圧倒的に軽いので浮いているけど、煮込むとじょじょに沈みだす。糖蜜が浸み込んだのが目で見て判るから揚げるタイミングが掴み易い。


一旦ザルに揚げてから、糖蜜のしずくを取る。十分蜜が切れたら、グラニュー糖の入ったバットに放り込んで、全体に均等にまぶす。見掛けが甘納豆らしくなってきた。


グラニュー糖をまぶした直後。まだ芋の中から蜜が染み出していない。

やっと完成した~。結構おもろかった。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-10-07 23:23 | うまいもん | Comments(0)
<< 農作業日誌其の九 農作業日誌其の八 >>