ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

雨水井戸製作記其のニ

でへ~っ、雨つづきや~。創作意欲が萎えるなぁ。折角の3連休やのに。まぁ、ボチボチ行きますかね。

ここんとこの窯造りから、セメント捏ねやなんやで、腰の調子が悪い。んでもって、当面の作業は1トンの水が入るタンクが埋まる穴掘り。
色んな雨水利用のサイトをブラウズして回っても、ほとんど手掘りはおらん。腰の調子も悪いし、ここは一丁、機械の手を借りるとすっか~。ちゅことで、ユンボ借りて来た。


前の晩に財務省にナシを付けたところで、「あんた、ええけど、今日言うてすぐに借りれんの?」ごもっとも、しかも、時は3月、予算消化月間。とりあえず、近所でただ1軒の建機レンタル屋さんに在庫聞いてみる。どうやらヒマみたい。受け付けのおねえさん、とっても親切。で、バケットのサイズや操作レバーの配置、屋根付きとか色々云って、適当なミニユンボが空いていたので、お昼過ぎに運んでもらった。配送の二ーちゃんも愛想良いし。田舎はのんびりしてて、嫌なヤツほんまにおれへん。前に生コン運んでもらった時もそうやった。

んで、ユンボの操作は初めて。まず、紙にレバーの操作機能をメモして運転台の上の貼りつける。ゆっくり操作を始めて、だいたい30分もあれば、メモ無しで操作できるようになった。慣れて来るとアームを引きながらバケットを手前に起こす、とか合わせ技も判って来る。前進、横移動、とだんだん手足みたくなって来た。細かい動きも出来る様になって、微妙な削り加減も覚えた。イェ~い、おんもしろ~いっ。




で、気が付くと深さ1200の穴は掘上がり、いざタンクを入れる段に。せやっ、と思い、クライミング用の長目のシュリンゲ2本をタンクのフレームに掛けてビナで繋ぐ。それを、バケットの爪に(後で良く見ると、専用のフックまで付いている。ユンボはスゴイ!)引っ掛けて、吊り上げる。




穴まで持って行って、スルスミ母にタテヨコ見てもろてゆっくり降ろす。やり~ぃ、ピッタンコ。




この作業どうしょうかと思っていただけに、アッサリ終 わって万々歳。おもろいからもっと乗っていたいけど、日が暮れたのでお風呂へ。今迄、ほとんど手掘りでやってきただけに、重機の有難味が染みる。でも、なんか物足らん様な、変な気持ち。せやけど、一人でやると、これは必要悪かもね。

翌日は、タンクからのオーバーフロー分の排水パイプ敷設。




ユンボでタンク穴から側溝まで50:1の勾配を適当に計算しながら掘って、40パイの塩ビ管を埋める。




掘り返した表土を、ユンボの前に付いているブルドーザーのちっこいヤツみたいなんで埋め戻す。これもバッチリ上手く行って、後は会所枡用の穴を空けて、周りを平にしてお終いと思ったけど、雨が計算外。余計グチャグチャになってもた。雨の日は、重機で土の上走り回らんことやね。

今日も雨。しゃ~ないから配管の結節加工して、会所枡を基礎作って設置。タンクにホルソーで穴空けて、仮に配管してみる。今日は後、埋め戻しまでやって、フィルターとメインのガチャポン設置は来週以降ということで。寒い~。早う風呂入りたい。ちなみに、3枚目の写真は、タンク内に入れる、オーバーフロー排水パイプ兼タンク底の細かい砂吸い上げ器。細い管で毛細管現象を使って吸い上げる優れ物。これはかなりつかえそう。これで、だいたいのシステム全貌が見えて来た。う~ん、ユンボ使こたら、予定がかなり早くなった。これなら畑起こしに充分間に合う。でも、それ以上にユンボって戦車みたいでオモロかった。大満足!
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-03-25 14:27 | セルフビルド | Comments(0)
<< 雨水井戸製作記其の三 雨水井戸製作記其の一 >>