ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

窯製作記其の六


秘密基地は春の陽気。梅も綻んで、デッキの上はポカポカ。スルスミはちょっと走っただけで暑くてへたばる程。

今日は朝からお隣の大木の伐倒。台風や積雪の影響で倒壊の危険があるとのこと。ここの敷地を管理されている仲良しのオジサンの依頼で、お手伝い。まず、倒す方向に引っ張るワイヤーを高い位置に取り付ける為に10m程の高さにある大きな股までクライミング、そして、懸垂下降



次にハーネスを外し、倒す方向を決めてマーキング、そしてチェンソーでカット。



かなりでかい木だったので、切り口は苦労したが、追いづるは一発で決まり。理想の方向へ倒れてくれた。倒す前に、お神酒とお米、塩をあげて、ちゃんと安全祈願をしたのが良かったみたい。無事に怪我無く終了。倒れた木は楢の木で、向こう1年分の薪として頂くことになった。



次はお窯。先週型を入れて塗り固めた本体がキレイに乾いていたので、型を取り外す。ベニヤの型を抜いた中は、適当にやっていたので、隙間だらけ。耐火セメントを捏ねて、しっかり埋める。



ある程度埋まったところで、今度は入口の型を作り、アーチ部分の位置決めを考えて、レンガの仮置き。



そして、各パーツを耐火セメントで組んで行く。アーチの隙間が狭くてなかなかセメントが埋まらない。乾燥した粉を突き込んで、水を掛けることに。来週燃やして固める(耐火セメントは熱硬化するので、一度火を焚く必要があります。)つもりだけど、崩壊しないか心配。



来週は外断熱の為、土壌改良剤のパーライトを混ぜたモルタルで仕上げて完成の予定。みなさん、そろそろ、ピザのトッピング考えておいて下さい。って、窯がほんとにできるか心配。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-02-22 23:04 | セルフビルド | Comments(0)
<< 窯製作記其の七 窯製作記其の五 >>