ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

窯製作記其の五

今週は仕事の都合で、休み一日だけ。

日曜夜からスルスミ連れて秘密基地へ。なんせ、釜製作と、来期の味噌の仕込みを同時にする事になっていたので、日程がタイトになって大忙し。

まずは、釜造りから。先週型枠に入れて作っておいた焼床がキレイに出来ていた。養生が上手く行ったみたい。その焼床を取り囲むように耐火レンガを並べて、耐火セメントで一段目を作る。硬化が普通のセメントに比べてかなり早いので、少し水を多目にして時間調整。でも、慣れて来ると、抜群に作業性が良い。一段目が程無く乾いてから、釜本体の型を置いて屋根部分のレンガを全部載せて、目地幅調整。と言うかアーチのバランス調整。載せ終わると、上から目地にセメントを鏝で塗り込み、後は全体を塗り固めるだけ。ちょ~早い!1時間掛からんかった。後は、裏側にレンガを積んで、同じく塗り固めるだけ。

煙突は、天頂部分一番手前のレンガをディスクグラインダーで円く切れ込みを入れて差し込んだ。後は養生して固まるのを待つだけ。

すぐにスルスミと遊んで晩飯をあげたら、今度は味噌作り。こちらも準備万端。厚手のビニール袋に圧力鍋で炊いた大豆を入れて、潰す。そのふくろにそのまま塩切りした麹を入れて解して、玉に丸めて樽に投げ入れる。はい出来上がり。手も器もほとんど汚れず、雑菌はシャットアウト。慣れると簡単~。はい、秋までお休み~っと。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-02-15 21:24 | セルフビルド | Comments(0)
<< 窯製作記其の六 窯製作記其の四 >>