ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

進水式

艤装を除く、本体部分ができたので、近くの琵琶湖で浮かべてみることにした。

とりあえず、作業場のデッキから出すのに苦労する。とにかく長い。6m30cm

庭に置いてするすみを乗せてみる。



大人しく乗っているので、違和感は無さそう。スルスミ母とカートップ。ひえ~っ、重い。昔乗っていたポリエチレンのシーカヤックより重たい。やっとの思いで載せる。違法積載物運搬車両



いつもの浜に行って、乗船準備。スルスミ母とワシはスプレースカート。するすみはシートにキャンプマットを平らに敷いて、シーソックにした。



デザイナーのクルチェツキーがマニュアル本の中で、このチェサピークトリプルの真ん中のコックピットは犬用で、多くのアメリカ人から犬用のスプレースカートの問い合わせを受けたと書いていたが、ここはシーソックが正解だろう。

おこちゃま用のクリスマスシャンパンでセレモニー。するすみはもったいないので舐めていた。コラコラ。



いよいよ岸に降ろして出航準備。



やませが強く、岸から離れるやいなや、10m程沖に流される。もっと沖のウィンドサーファー達も苦労している。ただし、喫水線長が長いので、船足はかなり早く感じる。ぐいぐい進む。

落ち着かないするすみ



立ち上がって前方確認するするすみ


 
ハードチャインのカヤックは面白い。思ったより小回りも利くし、2次安定性は抜群。軽くブレイスしているだけで、多少揺らしても平気。ラダーもこのくらいの風なら要らない。

今回、試してみて良く判ったのが、この船はかなり頑丈だと言うこと。するすみが立ち上がって爪を立てても、デッキに傷はほとんど付かない。スルスミ母が放り投げて落としても割れない。草の上を引きずって30m程進んでも大丈夫。2液型のウレタン塗料の膜面強度は素晴らしい。

今回で、艤装の位置や、どこにするすみの立ち上がった時に滑らないシートを貼ったら良いか等が判ったので、来週から備忘録シリーズ復活の予定です。また、伊根、三方五湖方面シーカヤック行く人、声掛けてください。


コメント
コメント

なほちん2009年11月17日 00:38
お疲れさまでした
そして、進水式を無事迎えられて何よりです。

ついにカヤックまで作ってしまったんですねー
感心するばかりです

するちゃん楽しそう

うちのワンコたちも良ければ乗せてください

いまちゃん2009年11月17日 01:06
すごーい

進水式を迎えられて素晴らしいです。天気も良かったのですね。

手作りカヌー。何でも作りますね。

本当にすごいです。

帰省した時は乗せてください。

Keikiola2009年11月17日 01:19
浸水、イヤイヤ、進水式、オメデトさんです。
で、BUSの納車式はいつですか?

僕のBUSは乗り始めて1年経ちました。
今月25日でBUSは44歳です。

iti2009年11月17日 09:37
おーーーー、凄い。

するすみ2009年11月17日 10:06
なほちんさん

まいどおきに~。ボイジャーと競争しようぜっ。来年の海津大崎の花見は楽しみや。湖上でみんなして飲み食いしいへんか?

するすみ2009年11月17日 10:09
いまちゃんさん

これ、毎回動かすの大変やわ~。えらいもん造ってしもたのが今の感想。でも、いっかい水の上に出るとかなり強力やで。設計した人エライ。

するすみ2009年11月17日 10:14
keikiolaさん

進水式は終わったけど、今からまだまだ手を入れていかなアカン舟やねん。busは当分手が回らへんなぁ。でも、昨日スルスミ母が、「これ、載せるのにbusがええやろな。」って、言ってたから、近い将来ありえるかも~。今はせっせと種まきしているところ。

するすみ2009年11月17日 10:19
itiさん

毎回、出したり入れたりが大変な舟になってしもた。ゴンちゃん乗るかな?

nob2009年11月18日 20:10
フェアリーも乗りたいワン!

するすみ2009年11月18日 22:20
> nobさん

暖かくなって、テパさんの行き先が決まったら、みんなで来ませんか?琵琶湖はすでに凍える程寒いです。花見の時期なんかどうかな?

iti2009年11月20日 16:15
ゴン太くん、乗るかもしれませんが・・・水、大嫌いなので、ハイ。
琵琶湖に連れて行ったとき、波の泡に興味があったのか、前足で触れようと何回もするのですが、水があるので入れずじまい。打ち寄せる波を見ながら、ワンワンと吠えながら右へ左へ走っていました。
今は、その体力もアリマセンが・・・。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-11-17 00:01 | カヤック自作 | Comments(0)
<< 備忘録其の十二 備忘録其の十一 >>