ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

竹冠に旬

  今日は、犬と嫁を連れて京都に花見に出かけた。銀輪に寄るついでに花見をしようと思ったけど、肝心のチャリ屋が休みだった。仕方無いので、哲学の道周辺を歩いて銀閣までの往来を楽しんだ。疏水沿いの道には様々な種類の桜がまだ色取り取りの花を付けている。驚いたことにソメイヨシノが無い。来て良かった。

  のんびりと八坂さんや清水も回って、家庭サービスもこれだけやったら十分やろ、っちゅうくらいやって高速を大阪に向かった。京都~吹田間のあるパーキングで嫁が用足しに行っている間、犬にも用をさせようとグリーンエリアに行って、犬があ~すっきりしたという顔をした後、ふと見ると、そこには竹がまばらに生えている。そんでもって、あたりをみまわすと、ありましたがな。ぽこぽこと土中から顔を出している筍。ラッッキッ!当然、想定外なので何も掘る道具持っていない。そこで、ちょっと乱暴だけど、土中から出ている部分だけをスニーカーで蹴飛ばすと、面白いようにポロリン、ポロリンと折れる。7~8本、両手に持てるだけ頂いて、車へ。その間、約10分。戻っていた嫁の目が点に。そのなれの果てが写真のやつ。

 なんつーか、春の味ですね~。蹴飛ばして折れるくらいの柔らかさなんで、アク抜きなんて必要無し。中くらいの行平鍋に鰹と昆布のダシで煮られて、夕飯の膳に。いや~、柔らかいのなんのって。甘皮の部分が特に煮汁を吸って、サクサクサク~っと口の中で消えて行きました。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2007-04-18 02:22 | うまいもん | Comments(0)
<< 赤いSS 月山2 >>