ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録

えれぇ久し振りに更新。ついでに、Facebookもウザくなってきたのでアッサリ止めちまった。もともと人を意識してものを書くなんて性に合わない。やっぱ自分の為に書くのが一番ということで再開。

b0229636_13555232.jpg



一冬掛けて温めてきた構想が何とか形に出来てきた。と言ってもあんまり時間が無いので、ラフに手順を考えつつ、軸組模型をつくり~の、Jw-cad覚え~の、資材置場作り~のと一辺に色々と同時進行。

その中でも、イメージ先行のワシとしてはもがきつつも、何とかイメージを模型に投影。もちろん、まだ垂木や間柱、筋交い、火打と付けなあかん木材はあるんやけど、こんだけあったら図面に落とせるレベルの軸組模型はでけた。

バルサを使えば早かったかも知れんけど、貧乏なのと、見た目の重厚感で白木の柾目材を削りつつ、刻みの苦労を肌で感じながらチマチマと作ってみた。

b0229636_13555179.jpg



単純な5間x6間の在来工法の平屋。実際は玄関アプローチも屋根下に含むので、実質的な居住スペースは4間x6間とロフトがチョット。これを平面図、立面図、それに基礎伏図、小屋伏図、各通り別の軸組図等に分けて図面を起こして行く。その過程で模型に無い垂木や間柱、火打、筋交い、後、構造用合板の取り付け位置、窓、扉等の造作物の取り付け枠等々を盛り込んで、構造強度の算出。それが終わったら、建物配置図を仕上げて、役所に申請。まぁ、形だけだけど。ちゅうか、ほっといても判らんやろから、出さんでもええかも知れんけど、後で万一ややこしい事になったらうっさいし、ここはお上の顔を立てるコトに。

そっから段取り考えて、時間の掛かる基礎配筋用の鉄筋の加工、材木の刻みなんかを梅雨明け迄にどれだけ加工出来るか割り出して、建機レンタルのタイミング図る。冬迄に棟上げ出来っかな~?

取り敢えず動き出したら止まられへんから、今年は多分、貝に成ると思います。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2012-06-04 12:40 | セルフビルド | Comments(0)
<< 今年の梅 久々の森林整備ボランティア >>