ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録17

胃潰瘍の初期治療で、ピロリ菌を洗い流す薬を1週間飲み続けると、劇的に胃の痛みが治まった。次は年明けまで薬を飲み続けて、再び胃カメラ。そこで完治宣言と行きたいところ。

1週間振りに家作り再開。で、土曜日は建築士と会って建築確認の最終打ち合わせ。基礎に取り掛かるのは年明けになりそうだ。雪が少ないといいなぁ。

b0229636_18313722.jpg


打ち合わせが終って、夕方からは森林整備のボランティア仲間で忘年会。今年は家作りに取り掛かって、あまり活動に参加出来なかったけど、いつものようにみんなで馬鹿話に盛り上がり、遅く迄喰った(酒はまだ本調子ではないので)。

b0229636_18314872.jpg


完成イメージ。(注意:あくまでもイメージです。)

そろそろ一番時間が係る造作(窓枠や扉、調理台、棚等)の準備に取り掛かる必要があるので、予てより構想中の作業台の作製に入ることに。まずは天板から。素材は45mm角の米松(ダグラスファー)にしました。乾かせばかなり堅く、グリーン材で買うとかなり安価だし、柾目が沢山取れるのが良い。

b0229636_18314584.jpg


天面に使う柾目面から電動カンナを掛ける。次にその両サイドにもカンナを掛ける。これを18本全部に掛ける。

b0229636_18315020.jpg


次にサイド面を上にして接続用の長ネジボルトを通す穴の位置を墨付けする。

b0229636_18315194.jpg


墨付けしてドリルで通し穴を開けたら、木工用ボンドを塗って天面を上に戻して揃える。

b0229636_18315225.jpg


ボルトで仮止め。ここで許容誤差の範囲内に収まるまで当て木をしてハンマーで叩きながら凹凸を修正してゆく。

b0229636_18315373.jpg


軽いカンナ掛けとサンディングで平面を確保出来る範囲(0.2-3mm)に落ち着いたところで、ボルトを締め上げて、一旦終了。

b0229636_18315560.jpg


接着強度が出るまでそのまま固定。来週は完全に乾いてるはずなので、両耳を落とし、平滑面を出して、サンディングの後硬化ウレタンを塗って天板を完成させようか。造作物は精度が求められるので天板の平滑度が高い程良い。側面を補強出来るかなり堅い材を探す事にしよう。

b0229636_18315766.jpg


基地の雪も昨日の雨と今日の陽気で融けてきた。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2012-12-16 16:44 | セルフビルド | Comments(2)
Commented by nob at 2012-12-17 11:46 x
窓枠や調理台も、セルフビルドですか?凄い!収納は、香苗さんの意見も、聴いてあげて下さいね。
Commented by blacklabsurusumi at 2012-12-17 12:35
自分で設計してるので、作り付けの家具の方が簡単なんです。サイズ、色合わせも含めて、取って付けたようなシステムキッチンや棚は浮いてしまうし、周りの配置も既製品の規格に振り回されずに済みますから。キッチンは家内より家内のお母さんの意見を聞いた方が良さそうですね。^o^
<< 家作り備忘録18 ドッグドック >>