ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録24 A Selfbuilder's note

3連休なので金曜日の夜から基地へ。時間に余裕があるこんな時に、いつもあったら便利だけど、後回しになってたモノを。先ずは、デッキの電源取り付け。
b0229636_20442225.jpg

壁に導入管の穴空けて、
b0229636_20442441.jpg

電線剥いて
b0229636_20442512.jpg

防水タップ取り付け。通電チェックして、103ボルト。OK。
b0229636_20442681.jpg

出来上がり。^o^

この程度の配線工事、サッサとやっといたら良かった。これでイチイチ延長コードのドラム持って回らんで済む。

思ったより早く出来たんで、調子こいて、便利グッズをもう二品。
b0229636_20442886.jpg

丸ノコ保管ベース。いつも斜めに置かれて、安全カバーと刃に負担が掛かってる丸ノコもこれで安心。
b0229636_20442942.jpg

刻み作業の定番メンバー、ノミ3本、玄能、手鋸、墨壺が収まるお道具箱。

この二品は新しい作業台で作成。快適!細工物はワークベンチに限る。(^-^)/
b0229636_20443173.jpg


現場監督は朝から全開!

b0229636_2044325.jpg

その後、監督業を放棄して昼寝。

b0229636_20443337.jpg


この3連休、基地地方の予報は雪マーク。確認図面で変更が無かった東西方向の土台を刻む。この作業やってる時に一番大工さん気分が味わえる。管柱や間柱、継手の位置関係を図面と確認しながら、フンフン鼻歌混じりになってやってたら、
b0229636_20443577.jpg

あちゃーっ!失敗こいた〜っ!切らんでもいいとこ切ってもた〜。今回もラッキーな事に軽傷で済んだから良かったけど、注意せな。

ようやく確認図面との照合も終わり、柱、桁、梁の発注が出来る運びとなった。実は、柱の長さを計算していたら、ここにも建築士のおにーさん勝手に寸法変えてて、せっかく3mの定尺に収まるよう歩留まり考えて図面引いてたのに、7cm程足りないっ!慌てて建築士に連絡取ったところ、「7cmくらい低くなっても問題ありませんよ。」だって。大丈夫かなこのおっさん。まぁ、結構適当に建ててもええことが判って、気が楽になったのは良しとしようか。これも建築士と相談出来るメリットか?全部自分でやってたら、細かい事気にし過ぎて、胃に穴が空くかも。ただでさえ胃潰瘍持ちやのに、いい加減にして欲しいで、ホンマ。

b0229636_20443668.jpg


作り付け家具のええ本見つけた。日本では伝統工芸の指南書で素人に解りやすく書いたものは皆無に近い。あったとしても、職業訓練校の教科書くらいで、およそ懇切丁寧とは言い難い。文化の違いか?英文のものなら、いくらでも出て来る。ただし玉石混交だが。ネットの書評を丁寧に読むとほぼ間違い無く欲しいレベルの本に行き当たる。治具の作り方や精度の簡単な出し方が沢山載ってて写真の解説が多い本が良いと思っている。残念ながら日本ではお目に掛かることは稀だ。

3days off. Fixing something you can't touch while busy. I've installed waterproof outlet on the pillar of my wood deck where I usually spend during my carpenter job. Drilling a hole for protective tube. Peeling off sheathed cord. Connecting with outlet tap. Checking voltage. There! As a certified electric engineer, this kind of rearrangement of circuit connection is easy.

To make things easy around working space, I've fixed 2 pieces of goodies. One is chip saw base. Without this base, fragile plastic safety cover and saw itself hitting ground. Another is a simple tool box for cutting equipment such as chisel, hammer, hand saw, and ink pot.

Finally, reconciliation with registration data, I've requested estimation for pillars and beams. Before finalizing pillar length, I was shocked with the architect has changed my scheme on pillar sizing about 3inches longer. Called him up and asked why. He said about 3inch shorter will not be any problem for final evaluation of building my house. Oh, well. Then I don't have to worry about minor change. Probably less than 1% allowance tolerated.

On searching fixture textbook, Amazon provided me a good one. To find a good textbook for traditional fixture building technique in Japanese is literally impossible. It's just a cultural difference. Japanese only transfer technical knowledge through oral interpretation not by written text. So, if you want to learn the technique, you have to be an apprentice of a master builder. No other choice. However, in English, you can choose the best fit out from variety of books. I think good textbook contains how to make various jigs and many visual introduction of technical detail. I was lucky to have this one.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-11 12:56 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録25 A self... 家作り備忘録23 A self... >>