ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録34 A selfbuider's note

引き続き、基礎溝の掘削作業。
b0229636_8561429.jpg

これを見ながらだいたいセンターをキープして掘り進みます。
b0229636_8561533.jpg

深さはコレで確認。丁張りの高さを見ながら目線で掘り下げ、そこからはこのゲージで、水糸ラインに合わせ行きました。この二つの治具で確認しながら掘っても、結構掘削ラインが乱れます。
b0229636_8561693.jpg

縦に掘り進む場合は結構上手く行きました。でも、常にユンボが逃げる幅を残して掘り進まないと、溝に転落しますので、どうしても縦に掘るべき溝を横から掘る部分が出て来ます。
b0229636_8561720.jpg

こんな感じで、もう、真っ直ぐなんて望めません。後で地区の管理をやっている仲良しのオジサンに教えて頂いたのですが、ユンボにはショベルのアームをスイングさせる機能が付いていて、縦に本体を向けたまま横方向に掘り進めます。そうするとユンボの逃げ幅を最小にして掘り進んだ後で、逃げる事が出来ます。
b0229636_8561812.jpg

さらに、掘削中に蔦や葛の根っ子が大量に出て来ます。これは溝から掘り出した部分を鎌で切って取り除きました。鋸刃の鎌が最高に良く切れます。
b0229636_8561980.jpg

残土の端は崩れ無いように、ランマーで押さえます。基本残土廃棄はゼロです。全て埋め戻します。
b0229636_8562063.jpg

うず高く積まれた残土。後で手作業でならしてレベルを合わせます。ユンボでの掘削は最終日夕暮れ時間ギリギリで何とか完了しました。結構疲れました。
b0229636_8562389.jpg

斜向かいの兄弟がユンボに乗りたいと来たので、乗せてあげると大喜び。田舎の子は建設機械が好きな様です。

Still digging ditch with power shovel. Keep eye on a jig indicating center line. Since the white line drawn would easily erased by stamping with caterpillar of the power shovel. For keeping proper depth of ditch, this T-bar jig works. By using these jigs to keep approximately expected dimension of the ditch, will fine tune the width and depth by hand later. That will be a headache as well as waist bone killer. Well gotta do is gotta do. Local friend gave me some good tips about maneuvering power shovel,since his specialities was building foundation. He can handle the heavy machine like his own hand. Even scoop a tiny pebble out from ditch without difficulties.

You also have to have carefully planed procedure of getting out. You can cross the ditch by heavy machine. Well but not easily. Also ruin the fragile edge of these ditch. Always moving backward and thinking about the way out, with remaining minimum width for the power shovel to escape. I was shocked how mere ditch digging must be well thought out.

Before dusk, all of the procedure by heavy machine had done, thank god. Dead tired, and regretted things looked over. Will find the way for fine tune later.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-04-15 23:39 | セルフビルド | Comments(2)
Commented by nob at 2013-04-16 17:44 x
アミの建築機械大好きでした。なにしろ、保育園児時代、将来の夢は工事のオッチャンになること!でしたから。
Commented by blacklabsurusumi at 2013-04-16 18:57
子供の頃に読む絵本で建設機械が大活躍するストーリーがあるようですね。きっとその影響大なのでは?実際、ユンボやクレーンを扱うのは大人になっても非常に楽しいです。きっと仕事じゃないからでしょうね。^o^
<< ポンポン山ドギーハイキング 家作り備忘録33 A self... >>