ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録36 A selfbuilder's note

連休初日。今日は朝から軽トラの荷台4杯分の40-0を降ろして敷き詰める作業が待っている。計算上では約5立米敷く予定。ただ、砕石業者と建機レンタル屋さんは営業日が土曜日までなので、取引を1日で両方済ませておかないといけない。タンピングランマーは朝一借りれば週明けまで借りていられるのでokだか、砕石業者さんには軽トラ1杯づつ買いに行かないといけないから大変。積んで貰って、降ろして敷き詰める。また積みに行くを繰り返して、往復4回が限度。1往復約2時間。しっ、しんどい。
b0229636_23444494.jpg

最初、角スコでやってたら効率が悪くてレーキに変更。これが、大活躍。角スコの突き刺して、持ち上げ、ネコ車(一輪車のこと)に降ろすをやってたら、腕が上がらなくなった。レーキで砂利を引き寄せ、ネコ車に落とし込む、と言う動きは何倍も楽。一気に作業が捗る。更に、敷き詰める地点に移動し、降ろして均すのも圧倒的に楽。また、ウチの軽トラはダンプ付きなので最後の方は、徐々に傾斜を付けて、ネコ車に流し込むだけ。早く気付けば良かった。
b0229636_23444726.jpg

ニラが出て来た。明日のばんのもつ鍋用やな。
b0229636_23445014.jpg

ホップが元気に2年目を迎える。今年はビール密造するつもり。秋の収穫と棟上げのタイミングが合えばええな。
b0229636_23445253.jpg

久しぶりに現場監督登場。眠そうですねぇ〜。
b0229636_23445484.jpg

何とか4回分の砂利を敷き詰めようと思ったけど、最後の1回分は明日に持ち越し。とりあえず、家の外枠部分の砂利の敷き詰めが終了。さらにランマーによる叩き締めで、水平出しをしなければ。ここで手を抜くと所謂、不同沈下を起こしてしまう。フラット35(国民金融公庫指定の建築仕様)が出来る以前の大工さん達はたいして基礎の精度にシビアでは無かった。基礎屋さんからするととんでもないことだが、それぞれの立場で住宅基礎に対する考え方が違う。いまだに束石の上に柱を建てる方が良いと言う大工さんもいる一方で、大手ハウスメーカーの下請けばかりやってる大工さんは、寸法通りに上がらないと困るので、ベタ基礎で仕様書通りの寸法を基礎に求める。ワシの様に自己責任でやってる変わり者はあまりいないので、参考になる「これだっ。」と言う基礎の仕様は無いのが実情。とりあえず不同沈下が起こり難い事と、作業性を考えて逆ベタ基礎と言う仕様を選んだ。まだまだメジャーでは無いが、後でパッシブソーラーとしての付加的な役割を持たせるにも、床下の対流が出来るだけ少ないこの工法は魅力的だった。明日もまだまだ続く。

3Days off. Started from borrowing tamping rammer first in the morning. Then purchasing 4 full loads of crushed pebble on my mini truck. This took time and a lot of manual labor. Loading pebble, dump it, spread even then back again. Each sequence took about 2 hours with full of my physical energy. Upon loading the final one, I gave up today's work.

To unload the pebble from cargo space, I used hand shovel to reload on a mono cycle cart, initially. However, this broke my arms. Just a couple of reloading pumped up my forearm. So I've changed tactics. Using rake helped me tremendously. My little truck has dump function. So giving slight gradient as the reloading progressed, rake pebble into the cart bucket. Way a lot easier than shoveling out. But too late to know this'll work. By the time unload third truck load, it's getting dark. And I left the load for tomorrow. Since I had to tamp the spread pebble before sunset.

Tamping for precise leveling avoids uneven sinking of house. Especially on my method of making house foundation. Bottom on top which appears as large monolith concrete platform. This type of foundation avoids heat circulation under the floor which traps heat generated by passive solar system on the roof.

Government has set the latest standard for house building known as Flat 35. This standard specifies every detail of building house under the condition who uses government house loan. Anyone who do not have to establish mortgage can ignore this standard. But not for who uses government loan. Almost all house makers follow this standard. So as local carpenters or architect. Since there's no such foundation considered as almighty. I chose the bottom top style. Old fashioned local carpenter still insist independent base rock will work best for earth quake. But that's too risky. So I followed the standard in some way but not every detail.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-04-27 22:13 | セルフビルド | Comments(2)
Commented by するすみ母 at 2013-04-29 09:49 x
監督!
居眠りしてないで、しっかり働いてよ〜。
Commented by blacklabsurusumi at 2013-04-29 14:42
大丈夫。一生懸命邪魔してまっせ。
<< 家作り備忘録37 A self... 家作り備忘録35 A self... >>