ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録44 A selfbuilder's note

今日は生コン打設の日。6時から型枠の中、つまり生コンに浸かる部分の最終チェック。結束忘れが無いか確認。やはり数カ所見つかった。横筋入れ忘れもあったので、鉄筋の半端置き場からなんとか見つけて、全て補充出来た。
b0229636_8522046.jpg

7:00前に建機レンタル屋さんに行ってバイブレータを借りる。今日は顔パス、後払い。やったね。業者扱いや。この後、保証金も免除になってた。すでに出荷伝票に名前が書かれてあった。戻って、ポンプ屋さんから言われてた砂1袋とコンクリート1袋を用意していると、ポンプ車が来た。早速、スタビライザーを伸ばして車を安定させると、金属ホースの先端に柔らかいホース、内径100mm位をクランプで取り付け、3つ折りのブームを伸ばして、一番遠くの位置確認。丁度端から端までカバー出来る事が判って、今度は下準備。先ず生コン受けのバケットに水を一杯にいれホースを充満。バケットにある穴に吸い込まれて行く。そこに砂1とコンクリート1の割合で混ぜたモルタルを作り、半分程吸い込まれて、準備完了。

そこに恭一さんと、健一郎さんがサプライズで応援に駆け付けてくれた。なんと奥さんの裕美さんも。指先の骨折は大丈夫とのこと。コテ作業は無理なので、裕美さんとバイブレータの操作をお願いした。恭一さんとワシが後ろからコテ均し班で着いて行くことに。
b0229636_8522131.jpg

生コン車も届いて充填開始。凄い圧力。あの生コンがソフトクリームみたいにホースの先から出てくる。オペレーターのお兄さんがそれを腰に着けたリモコンで位置を細かく変えながら、型枠に注いで行く。型枠の破裂を心配したがどうやらオッケー。オペレーターの腕も良いので、無駄な圧力が掛かる前に次々と移動して行く。高さも型枠一杯で見ながら充填して行く。プロの技や〜。
b0229636_8522283.jpg

充填された端から健一郎さんにバイブレータで隙間を埋めてもらう。最初、縦に入れて細かくやってもらったが、ポンプ屋さんから、横にすると鉄筋に当たらないし、広い面積バイブが掛かるで、とアドバイスを頂く。で、横掛けしてるところ。
b0229636_852238.jpg

恭一さんと上面を均しているところ。恭一さん細かいです。綺麗です。ワシとは性格真逆。ワシ、ザーっと行って、まっ、えっか。で、次。恭一さん、飛び出してる結束線の端を埋め〜の、バランスとり〜の、凸凹直し〜の。両者施工区域一目瞭然!

一杯目の4立米が済み。お代り待ちにポンプ屋さんとお話。ポンプ屋さん曰く、鉄筋が職人より綺麗に施工してあるので、楽やとの外交辞令を頂く。素人にしちゃ上出来。普通っちゅう事でしょ。まぁ、及第点やと理解して、胸を撫で下ろす。そんで直ぐに残りの2立米到着。充填再開。途中、多いかなぁ?って言ってたけど、最後の方になって、足らんことが判明!0.5立米追加する事に。ポンプの中に残る分と、コンクリートの約5%が空気で、その分がバイブで飛ぶ事を計算に入れて無かった。トホホ。^_^;
b0229636_8522427.jpg

基礎フーチン打設完了!ポンプ屋さん、残量の生コンを桶に吐き出して、後片付けも綺麗にして帰って行きます。ご協力頂いた、健一郎さん、裕美さん、恭一さん、皆さんお疲れ様でした〜。
残った生コンを適当に型に入れて重り作ったり、資材置き場の端を延長したりして使い切って終了。次は別の型枠用意して、残量分の処理方法考えとかんとあかんなぁ。外の階段とかスロープの構想を先に練る必要ありです。
b0229636_8522543.jpg

富士柿の花が満開。蜂がグワ〜ンと言う大音響で蜜に群がってます。
b0229636_8522666.jpg

山椒の実。今年は不作。こんだけ。裏年かな?とりあえず、塩でアク抜きしましょう。香りはさすがです。

さて、明日からは養生の為コンクリートは弄れないので、刻みに入ろう。

Got up at 6:00 to ready for today's concrete filling work. Final check on steel skeleton below the surface of mold. Regrettable enough, I found untied section a few. Also found missing part of beam rod. Before 7:00 all have finished and left for rental store. As I have already established trust, clerk said charge me later. Soon got back to the site and started ready all of equipments and tools. Pumping truck's shown up eventually. While watching operator shafting the booms to the farthest point of the mold, Kenichiro-san, Hiromi-san his wife and Kyoichi-san have made, thank god. The operator expanded stabilizer and started mixing mortar for filling compressor tube. Mixing rate 1 by 1, cement and sand with water, very loose one just for avoiding air inside the compressor tube. Seems to be ready.

I've asked Ken-san and Hromi-san to operate vibrator while Kyoichi-san and me follow with trowel. Mixer truck arrived. Operation started.
Tremendous amount of air pressure pushes concrete out from the tube like ice-cream. The operator moves the boom by remote control panel on his waist band. Excellent maneuverability. Quick and precise. Clean. No spilling. This guy is incredibly professional. Very fun to work with. First 4cubic meter finished. While waiting second 2cubic meter to come, had a little chat with the operator. Shared some info about local building foundation business. He said my skeleton fixing as excellent. Also do not forget customer praising. I do not feel bad about this diplomatic statement. But In reality, my job was good enough as workable level. That's OK to me. I'm not building masterpiece . And the second truck arrived. Let's get finish this job.

As filling job went on, I felt ordered too much. But the operator said it's just about right or maybe a little short. When a few lines left, concrete flow stopped all of the sudden. Shit! It's short. Oh well, additional 0.5cubic had to be ordered. I was worried about the delay, however, additional came quick enough. And the operator said this happens all the time. I was relieved. The rest of the line filled soon. Cleaning up tools immediately as concrete stiffen and stick to any surface . Very tough to remove. After the pumping truck left, we had to fill the slightly lower surface with some leftover concrete. But still left some. I had to used the concrete up with making blocks and extended paved square. Next time I'll carefully plan to use up leftover by making steps or slopes.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-06 17:59 | セルフビルド | Comments(2)
Commented by nob at 2013-06-07 10:10 x
生コン打つのって面白いですよね。私も、我が家の生コン打ちに参加しました。
基礎から自分で作るってのは、すごいです!感動ものです!
Commented by blacklabsurusumi at 2013-06-07 13:42
コンクリートって化学変化なんですよね。水と反応して熱を出すところなんか、理科の実験みたいで興奮します。養生に1週間程置いて、立ち上げ部分に進みます。これまで何にも無いところから作ってた気がしてたんだけど、これからは墨も打てるようになるので、少しだけ気が楽になります。
<< 家作り備忘録45 A self... 家作り備忘録43 A self... >>