ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録51 A selfbuilder's note

今日は絶望と驚きが交錯する一日だった。朝5:30から作業に入って、天端ビスの取り付けや、固定金具の締め付けチェック、バイブレーターのレンタルと準備を快調に済ませていた。8:00にはケンイチロウさん、ヒロミさん夫婦も駆け付けてくれて、すぐにポンプ車も到着。生コンのミキサー車を待つだけになった。ポンプ車は今回も前回と同じオニーサンがオペレーター。
b0229636_0281518.jpg

軽く打ち合わせをして、生コンの早速打設に入る。しかし、間も無くしてポンプ車のオペレーターが異変に気付く。「型枠のコンクリート釘が打って無いとこがある。こんなんやったら、型枠破裂するで。」案の定、打設を進めると、1箇所目の破裂が。ガチョーン!型枠の継ぎ目が外側に大きく膨らんでしまった。「こらあかんわ、どうする?このままやったら作業できひんわ。グチャグチャになるで。」はへ〜
、どないしょ〜_| ̄|○完全に施工強度に対する甘さを露呈してしまった。取り敢えず善後策を協議。コンクリート釘を大幅に打ち足す事で強度アップを図り、後はジャンカが入っても、バイブレーターの使用は控え、ハンマーで振動を与え乍ら、打設をユックリする事で話しがまとまってゴー。そこからは写真を撮ろうという暇も無く、一心不乱に釘打ちをしました。
b0229636_0281633.jpg

で、さらに3箇所程破裂があったものの、軽傷で済み、何とか打設完了。はぁ〜〜。その後はお二人にお手伝い頂き、生コン天端の平滑化。暑い中、予定時刻を大幅に超えての作業お疲れ様でした。
b0229636_0282225.jpg

今回も生コンが余ったので、型枠を作って、階段用のブロックを作りました。
b0229636_0281833.jpg

昼過ぎからは選手交代。キョウイチさんが、お手伝いに来てくれました。午後の作業は天端のレベル出し。先ずは、生コン天端の上、平均10mm厚で被せるセルフレベリング剤を流し込む準備。
b0229636_0281964.jpg

型枠を挟むと同時にアンカーボルトやホールダウン金物を支えていた、添木を外します。
b0229636_0282186.jpg

治具で位置関係を確認。その後水糸から40mm下がった位置にさらに水糸を引く。
b0229636_0282554.jpg

その水糸の高さに合わせて、天端釘を打ちます。コレは波板用の傘釘。まだ柔らかい生コンに打ち込むと傘が水平をキープしたまま釘の頭を真上にセット出来ます。それ専用の調整機能付き天端釘セットみたいのがあるけど、傘釘の方が遥かにセットが簡単だし、コストも1/100位。もっと安いかも?
b0229636_0282695.jpg

こういう商品です。簡単に言うとトロトロのモルタルだけど、表面張力でレベルを出し、一発で、ほぼ誤差無しに天端を決めてしまう、超優れ物。職人が型枠作って、一日掛かりでやっても誤差最小5mmは覚悟しなけりゃならなかった作業が、過去の物に。
b0229636_0282799.jpg

こうやって、youtubeの通りに柄杓で流し込んでたけど、面倒臭くなって、直ぐにバケツから直接流し込むようになりました。
b0229636_0283454.jpg

で、結果はこの通り、ピシッと真っ平らになって天端表面の誤差が無くなりました。これは凄い!午前中、絶望に縁に立たされた状況とは一転して、お仕事楽しい気分になりました。

Got up with sun. Started final checking on stand up mold for filling concrete. By 8:00, Shinichiro-san, Hiromi-San showed up. Soon after, pumping truck arrived. With a little huddle, I've explained today's procedure. The operator of pumping truck pointed that nails missing at bottom of the panels which causes breaking apart of panels screwed together. As pressure of concrete is so huge that panels without securely nails would not hold. He insisted not to proceed, since he will not be able to guarantee square line. Sorting out best solution and I've negotiated the operator to go on as all the responsibility will be on me. With all 3 of us frantically hammered nails. As the result of our effort no breakage took place. 4 section damaged with minor deformation. Acceptable shape was kept. Tips of avoiding breakage were, using less vibrator, slow filling and patient knocking panels by hammer for easier pressure. Jeez, I was almost chopped my head off! Thanks all of you helping me today.

The afternoon, I moved on to level the foundation top out. For this procedure, I've chosen self leveling mortar. Kyoichi-San helped me this one. Before pouring mortar onto the top of mold panel, need to set level indicating thread. Along with the thread, stick nail on still soft enough concrete surface. Head of each nail leveled with the thread. Filling mortar up to the head of nails. Mortar will spread according to the gradient as water and become stable by surface tension. Then eventually hardened by chemical reaction same as other mortar mix. This type of mortar is amazingly easy handling. Mixing and filling took almost two hours by two men's hand for 0.15m wide, 96m long. About 25 square meter. 10 packages of 25kg bag with 6.5-7liter of water per bag. Very clean and flat surface. Expect no better.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-18 20:48 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録52 A self... 家作り備忘録50 A self... >>