ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録55 A selfbuilder's note

暑い日が続きます。ここ琵琶湖の北西部でも、日中は30度を超えてます。でも、さすがに熱帯夜はありません。幸い、背高のっぽの広葉樹に囲まれているので、時折、涼しい風が吹き抜けてゆきます。でも、基礎の作業中は長袖のツナギに長靴、ゴム付きの手袋という出で立ちなので、30分おきに給水休憩を取らないと倒れてしまいます。麦わら帽子で何とか直射日光を遮ってます。
b0229636_22384815.jpg

先週やっつけで終わらせた排水管工事の検証実験。色付きの水を流して確認すると判り易いそうですが、食紅なんか持って無いので、井戸水の最初に出て来るサビ色の水を流す事にしました。
b0229636_22385348.jpg

b0229636_22385046.jpg

合流枡を通って〜、あっ、出て来ました。それでは今度はトイレ用のパイプコネクションの確認。
b0229636_22385473.jpg

これもすんなり出て来ました。さすがに固形物を流すのをためらったので、ちょっと多めにトイレットペーパーを流したのですが、拍子抜けする位にアッサリ出て来ました。公定の基準値50:1と言う傾斜は、良く考えられた数値なんですね。感心しました。
b0229636_22385610.jpg

b0229636_22385764.jpg

通水実験は合格のようですので、敷地内にある汚水枡と接続します。型を写し取って8箇所程ドリルで穴を開けてからジグソーで切り取ります。100mm径のUVパイプが通るように、ディスクグラインダーで穴を調整し、傾斜を付けて差し込んでからコーキングでシールしてしまいます。
b0229636_22385931.jpg

ついでに、上水道の主管も配管しておきます。基地地方の冬は寒いので、地下30センチより深い位置を通す必要があります。今回掘った下水道の溝の一番高い位置が約35センチ程なので、下水道の裏に隠れる様に配管しました。量水器との接続はまだずっと先の話なので、とりあえず地上に顔を出している頭が判るようにだけして、キャップを被せて終了。上水道の接続は漏水しないように、塩ビ接着用ボンドをどれも溢れるように塗って、きっちり根元まで差し込んで接続しています。
b0229636_2239011.jpg

配管が出来るだけ真っ直ぐになるように土の入れ方、踏み固めに気を遣って埋め戻しました。
b0229636_2239256.jpg

翌日は、先週までの埋め戻しで足らなかった土を仕入れに、2トンダンプを借りました。いつもの下の採石業者さんの所へ。先週選んで貰った土とゴロ石の混合を載せてもらい、基地との往復する事、4回。これがキツかった!下の土と良く馴染む様に、良く締まる土とグリ石が混ざった土なので、異常に重い。暑いし、積み降ろしでかなりの体力を使いました。分厚いツナギが汗でグッショリ。更に動きが悪くなります。
b0229636_2239341.jpg

とりあえず、あまり土が入って無かった枠を2箇所埋めて、残りは野積みして来ました。どうせ来週はお盆で下の採石業者さんもお休みなので、ノンビリやろっと。熱中症になっても仕方ないし。
b0229636_22391032.jpg

ブルーベリーがそろそろ最盛期を迎えようとしてます。

Here at bat cave has no monsoon night which exceeds 25 degree Celsius. However during daytime, hot as Osaka. Fortunately, surrounded by woods, wind breezing through occasionally.

Testing pipe connection with dyed water is recommended by authorities. Well, I do not have any dyeing material. First a few stroke of my well produces stained water before it clears out. I've used the water for testing. Have checked 2 section for each pipe out from wall. First point was at water merging into main pipe. O.K. First section cleared. And the end of main pipe. O.K. So far , so good. Finally, I've put a good sum of toilet tissue into the sewage pipe instead of actual droppings. That paper came out easily enough with current standard amount of flushing water which is about 6 litter. So the standard gradient as 50:1 is quite practical number. Now, I can connect my sewage pipe line into the publicly owned main sewage pipe.

In conjunction with main tube, I drilled 8 holes for cutting out by jigsaw. After making smooth round hole, edge ground a bit slant by disc grinder. So that final gradient will be achieved. Inserted edge was caulked by waterproof agent.

Pipe for incoming drinkable water needs to be installed as well. The pipe must be buried deeper than 30cm which will be unfrozen depth. As the ditch for sewage pipe 35cm deep, so the pipe for drinking water installed beside sewage pipe. Then whole pipe system have gone underground.

Next day was the hardest day of this summer. Today's rental gear was 2 ton load truck. Back and forth 4 times with 2 cubic meter of mixed dirt and pebble each load. I had to unload the mixed pebble and dirt manually. As the spot to be filled was inaccessible from the dump truck. Unloaded by spade. Carried by mono wheel. Dumped. I did this circulation, say, I forgot. Probably millions of time. I left 2 full loads of mixed dirt and pebble untouched. That's for the next weekend. Oh, hell.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-08-12 17:16 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録56 A self... 家作り備忘録54 A self... >>