ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録61 A selfbuilder's note

今日は、基礎最後のコンクリート打設。前回、各エリア別に設定した土間コンの天端に墨を打って行く。
b0229636_2214118.jpg

この墨はベースと同じチョークライン。青いクッキリとした線が引ける。生コンミキサー車が昼過ぎに来る迄が勝負。墨打ち、用具のチェック、差筋アンカーと鉄筋メッシュの連結確認を終わらせてないといけない。ポンプ車はすでに2時間前からスタンバっている。このポンプ車の会社、今回で3度目のお世話になるが、先の台風で床上浸水に遭い、6台あるポンプ車全てが水に浸かった。それを順繰り治し乍ら通常の業務に戻っているが、まだ3台しか動いてないらしい。今日来てくれたのはかなりラッキーだったらしい。昼前に準備完了。お手伝いをお願いした地区の山さんと恭一さんも来て頂いた。そこにミキサー車登場。打設開始。
b0229636_2214456.jpg

ポンプ車のオペレーターのお兄さんと簡単に打ち合わせして、生コン充填の後、山さんがバイブレーターで続き、恭一さんにトンボで均して貰い、ワシが秘密兵器ペタペタで最後に着いて行く手順。
b0229636_2214648.jpg

これが秘密兵器ペタペタ。超優れもの。目の粗いメッシュのプレートにハンドルが着いてて、生コンの表面を押しながら動かすとプレートに着いてるシートと薄い合板がその面をツルツルに仕上げてくれる。要するに、メッシュプレートで生コン表面に浮き出た骨材を押し込むと、表面にモルタルが出て来て、シートと合板がそれを均すという仕掛け。非常に良く出来ている。合板はワシが改良して取り付けたもので、腰の無いシートより圧倒的に綺麗になる。途中バイブレーターの性能があまりにも良くて、トンボが必要無くなったので、山さんと恭一さんが交代でバイブレーターを操作。ワシが遅れ気味で何とか着いて行く。
b0229636_2214777.jpg

b0229636_2214848.jpg

約2時間で完了。生コンの計算もバッチリ決まって、万々歳。大型4立米2台と小型1.5立米1台。合計9.5立米の打設が完了です。(^o^)/
b0229636_2214920.jpg

玄関アプローチにも、こんなに綺麗なスロープが完成。足りなかったらどうしようと思案していたが、3度目の正直で思惑がキッチリ嵌った。天気も良いし、段取りも上手く行った。後はお手伝いのお二人と立て枠との隙間を潰して頂いて、作業を終えることに。みなさんお疲れさんした〜。
b0229636_22141121.jpg

b0229636_2214124.jpg

翌日は、基礎がおわったら伐ってあげるからとお約束してた、地区の2軒の御宅で枝打ち。上の一軒は、陶芸家の方が工房の横から出た煙突の熱気で、燃え移るのが心配という杉の木を枝打ち。こちらは細いので手鋸でオッケー。10m程のツリークライミングでした。スッキリして次の御宅へ。こちらは地区の管理をしている仲良しのおじさんからのリクエストで、シデの木の横枝を伐採。枝と言っても25cm程あるので、こちらはチェンソーを使っての枝打ち。脚立で最初の枝まで登ってから、目的の枝の股までクライミング。セルフビレイを取って、シュリンゲで身体を固定して伐採。伐倒と同じ要領で、受けを斬って、上からチェンソーを入れて行く。バリバリーっと大きな音がして大枝が落ちる時の緊張感を久しぶりに味わった。ドゥと言う音がして地面に落下、幸い主幹は大丈夫だった。結び替えてラッペル。地面に着いた時はホッとした。大木の枝打ちは何時も緊張する。
b0229636_22141484.jpg

昼前に終わったところで、朝方に枝打ちした陶芸家の奥さんから、「お昼ご飯に食べて。」って、握りのセットが届いた。ワオっ、大トロ入りだぜい!ゴチになりま〜す。^o^
b0229636_22141682.jpg

昼過ぎると、夏のような陽射しが照りつけ始めたので、打設した土間コンに養生シートを被せる。7枚繋ぐとピッタリ。いいねぃ。来週までこのままにして帰ろう。

基礎に取り掛かって約3ヶ月が経過。色々と仕掛けを企んでいると、あっという間に時間が過ぎて行く。この辺りは森に囲まれているという素晴らしい環境にある一方、人間が住むには湿気がかなり多い。ご近所の陶芸作家さんなんかは、森の中の一軒家で、絵に描いたような設えの家だが、湿気が多く衣類は1階に置けない。置くとカビにやられてしまう。全て2階に収納しているらしい。勿論、湿気が多い所は様々な虫達に住処を提供する。お向かいの奥さんはムカデが家中を往来するのに、今も慣れないそうだ。そこも壮麗な太い丸太のログハウスだ。残念ながら、平野部に建てられた和風、洋風の建築物をこの地にそのままの仕様で持ち込むにはちょっと無理があるようだ。基地内に家を建てるに当って、この5年間で体験した教訓を活かせる家でなければ、建てる意味が無い。あれもこれもは無理なので、とにかく最低限回避したい不都合の排除を考えると、自ずと答えが出たので、それを反映させた家にする。それには基礎に、その方向性を実現させる仕掛けが必要になる。勿論、水やお日様との付き合いを上手くやって、基地の環境に馴染む方向に変わりは無い。仲良くやって行けるかな?来週から、待望の大工仕事に本格的に取りかかれる。
b0229636_22141740.jpg

駅に向かう途中のコスモスが満開を迎えようとしていた。

Saturday was the last day for filling concrete on the foundation. Put index line for filling concrete. By noon the concrete mixer will show up. Had to finish preparation for filling work. Checking through connection knot on anchor rod with steel mesh. Gears lined up. Ready for the work. 2 locals helping shown up already. Concrete pumping truck's arrived 2 hours before start. About ten minutes before time to start. Huddled briefly. Decided pecking order and go.

Whole business done in 2 hours. Very smoothly. Pumping tube filling roughly. Then one with vibrator follow. One with T-bar spread concrete. And me with flattening device follow last. It was clean job. After pumping truck left, 2 helping locals and me manicured the edge of filled concrete. Total 9.5cubic meter of concrete was just enough to fill all the top surface. I'm proud of my calculation. Ha! At the door gate approach, I could perform perfect slope without difficulties. Everything went perfect this time.

Next day, went to 2 locations to achieve promised job. Both needed branch cutting on problem trees. One to be cut up to 10m high to clear extreme heat coming out from ceramic kiln's chimney. Nearly 1000 degree Celsius right on top of the chimney hood. Owner worried about setting fire a tree next to their backyard. That was easy tree climbing. And the branches were thin enough to be cut with hand saw.

Next location was a little different case. Big tree with thick branch. Needed chain saw for this size. Climbed up to a saddle to cut. About 25cm thick. Same sequence as big tree cut down. Cut under side to some point, then slice down from above. Huge splitting sound took place. Then landed with thud. Every time cutting huge branch scares me. Since main trunk sprit and break sometime. Badly tensed these moments, always. Glad ended safely.

Passed noon. Sun shone like summer. To prevent cracking, covered with blue sheet. Connected 7 pieces just fit. Left them until next weekend.

Time is ticking away. As I've set several tricks onto the foundation to achieve expected performance, time is always short.

Humidity around my new house is real bad. Bring in house spec into this area wouldn't be a nice idea. Mainly because surrounded by forest. Great place to live. Neighbors built their houses in the woods. Like a movie set. However keeping clothing on the first floor wasn't a good idea. Badly damaged by mould. Humidity also attracts insects. Fabulous log house across the street. Wife of the owner still kept annoyed by worms and bugs. I wonder if I could solve these issues or get along with the environment. Now, carpenter work is waiting.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-29 12:15 | セルフビルド | Comments(2)
Commented by nob at 2013-09-30 11:14 x
しばらくFace book を見ないうちに、仕事進んでますね。私も白馬でコンクリート打ち体験しました。お向かいさんに、駐車場を書くことになって、皆でコンクリート打ちをしました。
チョッとはまりました。
Commented by blacklabsurusumi at 2013-09-30 12:11
あと、犬走りと玄関アプローチへのスロープが残ってるんですけど、まだ先の話ですね。表から見える所の仕上げはキレイにしないといけないし、水勾配とかあるので、気を使います。
<< 家作り備忘録62 A self... 家作り備忘録60 A self... >>