ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録69 A selfbuilder's note

今週は金曜日の夕方に基地入り。近所のスバル取り扱い店の店頭に、頃合の中古サンバーの軽トラが置いてあったので、話しをまとめて来た。今の軽トラが急に四駆が入らなくなり、冬を越すには厳しいのは明らか。物色してたところが、灯台下暗し。基地の直ぐ近所にあった。地元だし、整備工場もやってるので、何かの時も安心。しかも、おじさんとても親切。これで、冬も大丈夫。
b0229636_18235280.jpg

これ、家内の亡くなったお父さんから頂いた墨壺。生前によく細々と大工仕事が趣味だったお父さん。とっても良い方で、随分と親切にして頂いた。本当の親父より仲良くなって、一緒に色んな所に旅行に行った。そのお父さんが亡くなった後、お母さんから使って欲しいと頂いた大工道具一式の中に入っていた。年代物の欅の墨壺で、大事にされてた物だし、俄か大工に自分にはプラスチックの墨壺で充分と、いずれ新居が出来たら飾りにしようと思っていたが、家内が折角だから使えと言うので、出して来た。良く使い込んで、墨で汚れていたので、綺麗に掃除して、軽くサンドペーパーを掛け、拭いてから、ステイン系の塗料を塗ってみた。
b0229636_18235387.jpg

ちょっと艶が付き過ぎたので、良く乾いてから、マット系の透明塗料で塗り直す積り。カルコとハンドルを新調して、来週には使えるだろう。
b0229636_18235791.jpg

ついに小屋組の部材に取り掛かる。先ずは定石通り、横架材から。ややこしいのを先にやっとくと後が楽だから、棟木から。と言って、始めたはいいが、色んな部材が交差する扇の要みたいな棟木。図面上では関わってくる部材の仕様との擦り合わせに不安が残る。そこで、解らない事があれば、まずモックアップを作ってみる。ふむふむなるほど、なるほど。上下左右の位置関係が一発でわかった。外断熱に二重になった置屋根構造(後ほど説明します)。ハイよ、んじゃ墨付けはちょっと複雑だけど、自信持って。急がば回れですね。で、その日は墨付けまでで終わり。

翌日は朝から区の環境整備の日。9:00から1時間半程、草刈りと竹切り。天気も良く、気持ちの良い作業日和。出席者もいつもより多め。予定通り、完了しました。いつもあまり話しをしない方ともコミュニケーションが取れる良い機会。出来るだけ参加するようにしている。

戻って、棟木の刻みに入る。こんなに色んな接続が集中している部分の刻みは初めて。とうとう午後だけでは終わらせ切れなかった。来週に持ち越し。
b0229636_18235084.jpg

土曜日の朝は5度を下回り、やっと綺麗な赤が出ました。
b0229636_18235187.jpg

ブルーベリーも紅葉を始めてます。
b0229636_1824114.jpg

お昼は薪ストーブの熾に放り込んでいたベークドポテトを頂く。焼きも完璧で、かなり美味かったです。来週はギアをシフトアップして頑張らねば。

Since a couple of weeks ago, I've noticed that my little truck won't shift up 4 wheel drive. Without 4WD, driving heavy snow area around here will be too dangerous. I've been looking for some substitute for the truck. I'll be damned. A good one was found within 10 minutes bike ride from my bat cave. Finished sales contract the day and received license plate for renewal of ownership. I'll be able to start driving the new one by next weekend.

Shown is a traditional blush paint pot with reel. Made of Japanese zelkova tree. Very stiff tree however beautiful surface it has. Great for carving. Used to be center pillar of traditional Japanese house was made of this zelkova trunk. Carpenters carved their own pot by themselves and competed their technique. This one was given to me by my wife's deceased father. Me and her father got along quite well. He used to fix almost anything of household with a set of carpenter' s tool. The set included this masterpiece. Well used one and still sound but I was afraid of any leakage. So I've cleaned it up and painted with glossy Watco stain . Finished too glossy, I might repaint it with a little more mat surface stain.

Finally I could start cutting attic section. Starting from the most complicated top notch would make the rest of job easier. However, it's too complicated that I was afraid some points may cause later trouble. Two dimensional plan sometimes confuses me. In this case mock up sample will show me exact detail. Took me a little while to make it but worth it. Now I can work on drawing cutting detail without hesitation.

Next day locals got together for cleaning roadside bushes. Nice to join them. Having little chat with people who do not communicate normally. Finished in about an hour and half. Sky was clear a warm fall day. Great refreshments.

That afternoon wasn't enough for finishing top notch beam. Probably twice as complicated as normal beams. Will finish the beams and start work on other frames on attic construction.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-11-24 17:15 | セルフビルド | Comments(1)
Commented by するすみ母 at 2013-12-01 13:08 x
大工道具一式は、宮大工だった祖父から受け継いだ物も入っています。父は生前「オレが死んだら、この大工道具を使ってもらって欲しい」とよく言ってました。
生きていたら、お家作り、手伝いたがっただろな〜。
<< 家作り備忘録70 A self... 家作り備忘録68 A self... >>