ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録75A selfbuilder's note

元旦に家族が迎えに来て、山梨にあるペンション:バーネットヒルへお泊りに。とっても居心地が良いお宿で、もちろんワンコ同泊可。今回は保護しているチワワの小吉も連れて。お利口に出来るかな?
b0229636_1841099.jpg

磨墨はもう3回目。
b0229636_1841181.jpg

八ヶ岳山麓の清里高原にあるので、朝はマイナス10度。恒例の早朝散歩にも、磨墨はベッドから出て来えへん。無理矢理布団引っ剥がして、7:00に宿の宿泊客全員とご主人、犬7頭で近所の牧草地を回って、遊んで帰って来る。この後朝食を頂いて、うだうだ犬談議をして帰るだけなんだけど、コレが家作りの日常と180度違うので、結構息抜きになる。諏訪で美味しい蕎麦も食べたし、また一年頑張るか。
b0229636_1841213.jpg

基地に帰って、先ず二重梁に込み栓用の穴を開ける。ホゾを小屋組みの束に差し込むだけでは心もとない。貫通させて、込み栓で止める方法が一番安心出来る。そこで、一番確実な込み栓の打ち方をググってみると、
b0229636_1841451.jpg

穴の中央部に2分ほどのカエリ残す。丁度スピードバンプを込み栓の通る穴に設けるみたいで、一度差し込むとチョットやそっとでは抜け無い構造になっている。
b0229636_1841690.jpg

モックアップで確認してみた。ガッチリ効いて抜けない。込み栓が無かったので、杉の角材で代用してみた。カエリの分、良く引き付けて、差し込んだ材との隙間は普通なのに、ピタリと動かない。単純に2分ズラして穴を開けるより、無理無く収まる。昔の大工の知恵だ。
b0229636_1841885.jpg

束側の貫通ホゾ穴を、角ノミを使って開け、込み栓モドキを使って仕上がりを確認する。
b0229636_1842250.jpg

夜は温泉を出たところで、雪が降り出した。湿雪だ。凍結の心配は無いだろう。
b0229636_1842444.jpg

正月休み最終日は、ひたすら束を刻む。天気が良かったので、土台の水平を補正しつつ、束を半分程仕上げて終了。来週は、天気が良かったら、基礎パッキンの敷き詰めと土台の設置かな?

On New Year's Day, wife pick me up at bat cave. Then left for Yamanashi pref. where we usually stay at a small lodge. They welcome dogs to stay together. The lodge offers bed and breakfast. Owner loves dog as supporting animal rescue group. One of main purpose of this trip was to consult with him about the chihuahua in custody. His advice was accurate and to the point. Seems like solution became clear. Will report you soon.

After returning from the lodge, started cutting mortise on tenon of the double beam. As shown on a photo, cut out square hole leaving 1/5inch bump on inserting side. So that locking stick stuck firmly in the mortise. Old carpenter's trick. While, using square drill on roof support posts to make large mortise and two smalls on the side.

The last day of new year' holidays was fine and warm. Half of the day spent for leveling foundation top and another half for cutting roof support posts. Covered by both saw dust and concrete dust, I was satisfied with the progress I made.

Will put base log gasket next weekend, hopefully. Will see.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-01-05 16:12 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録76A selfb... 家作り備忘録74A selfb... >>