ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録94A selfbuilder's note

前回の9連休の後で、週半ばに2度程雨が降ったようで、適当に養生した屋根の下地合板が所々波打っていた。まぁ、コレで凹んでたら、セルフビルドは出来ないかも。
b0229636_19415144.jpg

とりあえず、西側片面の下地合板を一気に張り上げます。この日は不意の来客が多く、何度か中断。お昼に材料を買いに行って、以前の同僚にバッタリ。今、大工さんと一緒に実家のリフォームをやっているらしく、話が弾みました。その後、最近、古民家を再生されている夫婦が元水道屋さんをされていたお父さんと寄ってくれたのですが、かなり際どい場所で奮闘中だった為、屋根の上から手を振るだけで、失礼。その後、建築確認の代行をやってくれた、建築事務所の担当の方が1年振り位に来て、様子を見て行きました。どうやら途中で挫折したのではなかろうかと思っていたようです。^o^でも、進み具合を見て、「コレなら検査は大丈夫だろう。」と言ってました。ホントかなぁ?まぁ、検査は合格する様に建てるつもりですが。
b0229636_19415285.jpg

パッシブソーラーの屋根なので、暖気の取り入れ口が真ん中2間に渡って切ってあります。この下に長いエアチェンバーを取り付け、両横のダクトで床まで暖気を降ろします。今日は、何とか涼しく作業ができた。温泉行こ。
b0229636_19415392.jpg

翌日は、朝一から煙突の外枠に防水処理。四隅にポリエチレンで出来たコーナースカートを取り付け、アクリル系の融着テープで固定。これで立ち上がりの角からの浸水を防ぎます。そして、
b0229636_19415496.jpg

本体をスッポリ防水透湿シートで覆います。これで、上下左右の真ん中あたりの浸水を防ぎ、角のスカートと交差して、立ち上がり全体の防水処理が出来ました。更にその上から、下地合板の防水透湿シートが乗るので、2重の防水処理をする事になります。後は屋根の下地でもう一回防水処理をして完成です。手間だけど、やっとかないと、雨漏りの一番の弱点ですから。
b0229636_1941551.jpg

さて、下地合板に防水透湿シートを貼る訳ですが、ロールのままだと誰かが持って無いと、屋根から転げ落ちるので、合板の端材で簡単な延反治具を作ってみました。50m巻のシートが丁度収まる大きさで、一人で操作するので、出来るだけ軽く、滑り落ちない構造で考えると、このサイズになりました。
b0229636_19415626.jpg

シートが取り付けられた状態。心棒は黒皮の12mm径。鉄の棒です。
b0229636_19415721.jpg

このように広げて、ハンマータッカーと呼ばれるホチキスで留めて行きます。かなり使い勝手が良い。長い事、仕事で衣料品の生産管理をやっていたので、まずキチンと延反出来る事が最初のポイントになる事は身に染みています。そこで、これが真っ先に頭に浮かびました。
b0229636_19415850.jpg

一段目は、下から梯子でやって、2段目以降は、母屋から支点を取って、長いクライミング用のテープで確保しながら上から貼り付け。長い下地合板の斜面を行ったり来たり。ヨセミテでクライミングをしてた時に、こんな振り子トラバースをするルートが出て来たのを思い出します。あの時は、何度も支点を掴み損なって、逆に振られて、戻るを繰り返して必死だったなぁ。あの時も今日みたいに暑かった。麦茶を冷やして飲む時期になりました。
b0229636_19415919.jpg

今回は濡らしたら絶対にマズイので、最後まで、きっちり養生して帰ります。今日は疲労困憊です。

Since last weekend, we've got rain twice near my house in construction. Plywood board absorbed moisture deformed slightly here and there. Hard to continue self building without this kind of minor incidents.

Need to finish western half of shed with plywood roof base. I've got several unexpected guests today. So, stopped working time to time. First, I met an old colleague who used to work for the company I belong. He's working on renovating his parents old house now. We talked a bit about house construction. Then, a young couple who became friend with recently visited me with their father who used to be a plumber. We couldn't talk any since I was in a critical position. On top of the roof. So I waved them once only. Sorry my friends. And the last one was a guy who in charge of my submitting house construction authorization. He seemed to be dubious about my house building. However, once recognized current status of my house in construction, he acknowledged that the house will pass the final examination. I doubt it though I would finish mine to be authorized, anyway.

Shown above is plywood board next to the top notch beam which has air intake for passive solar system. Sucking warm air through these vents to long air chamber for circulating the air to the base concrete. It was fabulous May weather today. Warm but dry. Cool breeze sometimes.

Next day, first in the morning. Waterproofing of chimney base. Since major roof leaking spot is around this area, joint sections must be real water tight. Four corners covered with polyethylene made skirts. The skirts will be attached with melting type adhesive tape. Then covered entirely with waterproof/breathable non woven fabric to fill the rest of unattached. And the non woven fabric shed water once again when the plywood base covered its circumference.

Before spreading the non woven fabric, I needed a jig for working on the roof. As the fabric roll falls down without somebody's helping hand. My requirement for the jig should be lightweight and non skidding for easier handling. The roll fits perfectly on the jig. Once spreading the fabric, edge will be attached on the board by hammer tucker. The design came to my mind immediately. Since I knew correct fabric spreading is the first key of good work from my long carrier as a clothing production supervisor.

The first low was done from the bottom. And after second low, done from top. Belaying at supporting beam. Hanging myself by long webbing. Placing the non woven fabric back and forth. It was like on the King Swing at climbing in Yosemite big wall.

Hot day like summer. Exhausted.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-05-18 18:18 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録95A selfb... 家作り備忘録93A selfb... >>