ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録101A selfbuilder's note

先週に引き続き、今週も土曜日出勤。作業は日曜日一日だけ。梅雨時期を大枠で外す為に、月1の土勤を6末、7頭に持って来た。これで何とか雨天の作業が回避出来ますように。
b0229636_17244182.jpg

朝一から来週以降の作業に向けて、段取りを組む。とにかく屋根を上げてしまいたいので、屋根上段垂木の鼻隠しを、墨付けして、欠き込みから。ぼ〜っとして、玄関アプローチの分まで余分に欠き込んでしもた。あかん、あかん。昼前に鼻隠しの段取りを済ませて、破風板を調達に。近所のホームセンターがオークションより安くなってた。こういうことも稀にある。
b0229636_18482855.jpg

切妻が拝み合わせになる頂点部分は破風板をヘッドパーツで繋ぐ形にするので、24mm厚の合板を変五角形に切る。型紙を作って、取りを見ることに。破風板エンドの軒先カバーも同じ24mm合板にするので、一緒に型入れ。
b0229636_18490206.jpg

なんと言う事でしょう。(ビフォアアフター風に)ヘッドパーツと軒先カバー(2個)がサブロクの版面にピッタリ収まるじゃありませんか。先週の玄関アプローチの波板とイイ、歩留まりサイコー!やっぱり、型紙は作るもんやね。CADでやっときゃ、予め解ってた事だけど、ワシ型紙作るのん好きゃねん。同じもん2つ以上作るんなら絶対型紙作るべし。後の施工が絶対楽。
b0229636_18493749.jpg

で、その変な「水」のマークはと言うと。破風板下から軒先下をぐるりとカバーしてしまう予定なので、軒下から入った熱気が切妻の頂点から抜ける穴が無い。そこで、何か良いベンチレーターホールの意匠は無いかと考えてたら、そう言えば茅葺き屋根の切妻のてっぺんに「水」って描いてあるよな。あれって、火事を防ぐ厄除けらしい。当家も出来れば絶対に火事は出したくないので、コレに決めた。「水」の文字を拡大コピーして、ヘッドパーツに貼り付け、カッターで切り抜き、アウトラインを描き込む。それをジグソーで切り抜き、ベンチレーターホールとする。
b0229636_18503462.jpg

ステンレスメッシュを裏からハンマータッカーで貼り付け、
b0229636_18505973.jpg

表から見るとこんな感じ。コレで虫も入って来ないし、熱気も抜ける。オマケに火事も来ないといいとこ取りのヘッドパーツが出来た。作業中に雨が本降りになって来たので、ペンキ塗りは来週。今日はココまで。
b0229636_18513227.jpg

地区の管理をしている仲良しのおじさんからライ麦を頂いた。家作りの前に畑を借りていた時、緑肥に育てて、少しだけパン用に収穫していたのだが、奥様が畑のマルチ用に藁を所望だったので、差し上げたら、畑休止中にご自分で育てて、穂は要らないからと、ご主人が届けて頂いたもの。有難く頂戴した。少し乾燥させてから脱穀して、玄麦をパン用に作ろう。

While in monsoon season, there's not much I could do because of rain. So I've arranged my Saturday on duty days to be in the worst part of the rainy season. Hope I could make best use of my weekend efficiently.

First in the morning, started with line drawing on end caps for roof rib. Before noon all caps've cut out. Went to local hardware shop buying roof end timber. I found the price was better than auction website. Amazing but happens once in a while.

Back to work on roof end cover the afternoon. Gabled style of roof on north and south ends. As entire end of my roof covered like box construction, since I do not want to expose electric cables , water pipe lines and so on. Only north/south upper ends will be completely closed. No way to drive warmed air outside. I need good ventilation holes around gabled peak of each end.

I've been looking for a neat one for this. I knew big Chinese character 水 drawn on gabled peak of traditional Japanese straw roof. This is a spell for deflecting fire. Isn't that a good idea?

Design was determined. Cutting out the top and lower ends of roof end from thick 24mm plywood. 3piece of each end barely fit on standard size of the board. Contented with high yield. Before cutting out the pieces, I've made pattern sheet. I would use pattern sheet when duplicating flat parts. Installment of the parts later on should be a lot easier than without patterns.

On back of the head parts, after cutting out the letter 水, placed stainless mesh to avoid insects coming in. Will finish these pieces stain painted in black on next weekend.

The afternoon, my local friend brought me a couple of boxes of rye wheat just harvested. His wife took straws for mulching and kindly asked me if I need the wheat. Wait for a bit before threshing.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-06 18:46 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録102A self... 家作り備忘録100A self... >>