ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録103A selfbuilder's note

3連休が続きます。でも、梅雨末期。初日はイベントに駆り出されて、丸一日アウト。本番は日曜日から。
b0229636_17185636.jpg

b0229636_17192489.jpg

朝から雨で、とりあえず出来る事から。先週までに柱の垂直は取っていたので、開口部の脇にコーナー金物(上)とそれ以外の柱に柱脚金物(下)を取り付けて回る。薄い金物だが、上下動(地震の)や大風による吹き上げに絶対的な耐力があるそうな。怖いんで、付けられる金物は何でも付ける予定。
b0229636_17304346.jpg

午後からは天気が回復して、玄関アプローチ上のポリカ波板を貼る作業に入った。写真は上端の隙間に虫やゴミが溜まらないように波板専用のスペーサーを付属の両面テープで貼り付け。
b0229636_17361219.jpg

波板専用の下穴用キリで先に穴を開ける。さて、約90箇所。単調な作業になります。でも、粗方計算してはいたが、縦横全てドンピシャにハマり。無駄や不足がゼロ。こんな事もあるんや〜。感動の歩留り。奇跡!
b0229636_17431443.jpg

ブロンズの板面から柔らかな光が差し込みます。遮熱タイプで、約10年の耐用年数があるそうです。基地のデッキはまだ5年ほどですが、全く大丈夫。ポリカーボネートって、スゴい素材なんですねぇ。

その日の晩に、急に思い出して煙突トップ(雨除け)の製作を開始。風呂行く前に大急ぎで50mmのアングルを鉄鋼用のグラインダーでカット。お風呂上がってから、寝るまでパーツの設計と部材の計算。天板のコーナーの形状を決める。迫り出し90mmで斜辺が100になるようにするには、高さを45mmにすれば良い計算。また、綺麗な数字が出たもんだ。
b0229636_17570115.jpg

月曜の朝から、トタン板に罫書き始める。後で折り癖をつける時に便利なように、強めに罫書く。
b0229636_18003580.jpg

ヘンケルの金切鋏。真っ直ぐ切れる。端がめくり上がらない。スゴい。イキナリ不安解消。歪みの無い、ぺったぺたのパーツが面白いように切れて行く。
b0229636_18034073.jpg

縁巻きの折り返し線を摑み箸というヤットコの平たいやつで、クイっと折る。すげ〜、線の真上でピシッと折れる。買ってて良かった。
b0229636_18064876.jpg

当て木をして、折り返し線から玄翁の丸い面で反対側へ叩き返す。
b0229636_18084439.jpg

摑み箸の届かない中の折り返し線は、強めに罫書いてあるので、手で当て木に沿って押して行くと綺麗にクセが付く。
b0229636_18105535.jpg

煙突トップの雨除け。
b0229636_18120021.jpg

下の羽を16枚作って、少々食傷気味。取り付けの骨組みは来週に回すことに。お昼過ぎにセルフビルド仲間のヒロシさん夫妻がチェンブロック用の三脚を持って来てくれて、しばらくすると松っちゃんが来て、久し振りに建築談議で盛り上がって、本日終了。さて来週からは灼熱の屋根板貼りが待っている。熱中症対策を考えんと。

End of monsoon season. Still got lightning
and squall. First day was out guiding dogs and their owners to the clearest water creek up on the mountain.

The second day started with rain. As I've straightened vertical tilt of pillars on previous work, started installing reinforcement hardware on joint section of pillars and base logs. These hardware claims that quite strong against vertical shaking of earthquake or strong blow up moment of typhoon. I would put any hardware on structural logs just in case.

Sun started shining that afternoon. Climbed up on the roof to place roof material above entrance approach. Polycarbonate wave shape board screwed on roof ribs. Drilled tap hole before screwing by specially made tool. Perfect yield. No loss or shortage.

Material itself cut UV, while passing soft sun beams. Blocking day light heat as well. The board manufacturer claims polycarbonate lasts 10 years at least.

I should have prepared chimney top much earlier but forgot til now. Before leaving for hot spa, I've cut steel angle bar to pieces for the chimney top frame. After coming back from spa, started designing detail of top cap and vent feathers.

Next morning started with drawing designed parts on tin sheet. I bought steel cutting scissors at Henkel which performs with tremendous satisfaction. Easily cut straight line and the seer line won't curl. Amazing. Precisely cut parts builds beautiful work.

Scratching designed line by steel point pen. For later bending work, scratch deeper than usual. When bending each line, margin or contact line, bent by special prior like tool. Catch scratched line with duck bill and bend in one quick motion. Once aquired bent edge, each margin bent to required angle all the way. For helping bending, various shape of wood support needed.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-21 17:14 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録104A self... 家作り備忘録102A self... >>