ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録104A selfbuilder's note

金曜日の夜に京都で途中下車。関西に来て、一度も見たことが無い京都の祇園祭を、基地に行くついでに見て来た。
b0229636_17195646.jpg

b0229636_17202617.jpg

今年は後祭りを復活したそうで、京都駅から烏丸御池まで地下鉄で行って、下りながら見て来た。同じ祇園祭でも、博多の祇園祭とは全く正反対。静と動。この暑い京都を静々と練り歩く。膨大な美術品や宝物が付いて回る。しかも、鉾はずっと同じスタイル。タペストリー等の飾りが替わるだけ?豪商達が競って財を出し、絢爛豪華な美術品を市民に披露して回る。ある意味動く美術館。博多の祇園山笠は、梅雨時期の邪気を払う意味があるので、博多の町を全行程約5キロを山車を担いで走る。しかも、大量の水を撒いて担ぎ手を冷やすと同時に町内を浄めて回る。山車の飾りは毎年替わり、博多人形師がその度に腕を競って作り、祭りの最後にバラバラに壊して、骨組みだけにしてしまう。聞いてはいたが、このユックリしたペースには、異質なものを感じる。
b0229636_17443667.jpg

駆け足で祇園祭を見て、風呂にも入って、翌朝は6:00からスタート。まずは西面に屋根の外断熱材を荷揚げ。足場を組んで、一梱包づつ屋根に放り上げる。
b0229636_17490491.jpg

幅605mmの断熱ボードに合わせて、600mm幅に桟木を打っていたので、ちょっときつ目に押し込み、ピッタリハマった。手で軽く入るだろうと鷹を括っていたら、結構キツい。
b0229636_17530312.jpg

ヘラと押え込みの治具を使うと、綺麗に収まる。向こう側は手で押し込み、表面がめくれている。出来るだけ隙間は無くす様に施工しないと、折角の断熱効果が落ちてしまう。
b0229636_17583553.jpg

大体綺麗に収まった。ただ、半日仕事と考えていたので時間を喰い過ぎた。おまけにロックウールの粉が、グラスウール程ではないにせよ、チクチクと手口や首筋にまとわりつき、不快。ただ、これも折り込み済みなので、ガムテープでペタペタと剥がすと、すぐに収まった。この辺はカヤックの自作で培った経験が生きている。
b0229636_18053776.jpg

翌日は、下地合板の荷揚げからスタートして、釘打ちの一日仕事。これも日没ギリギリまで粘ったが、合板を置いただけで、2列を釘打ちしたところで、サスペンデッド。
b0229636_18090866.jpg

その日は死ぬ程暑く、昼過ぎにかなりバテてしまっていた。会社の元同僚のN君がスイカで疲れが取れると言っていた。そうしたら、近所の山さんが、「スイカいる?」と。念ずれば通ず。甘いスイカに塩振って頂きました。イキナリ元気回復。これが無かったら、今日の作業は半分で終ってただろうな。山さんおおきに。
b0229636_18171453.jpg

朝6:00から再びスタート。御近所の迷惑顧みず、エア釘打ち機打ちまくり。しかし、7:30に雨が降り出す。そんなん予報にあったか〜?仕方ないので、出来る事を。今日は、先週の続きで、ホールダウン金物を取り付ける。基礎に埋め込んである16mmの太いボルトを柱に固定して、ナットを締めると軸組と基礎が一体化して、耐震性が大幅に向上する。家の四隅や開口部の脇にセットしてある。
b0229636_18261308.jpg

雨が上がって直ぐは滑って危ないので、東面の天窓穴から上がって、煙突の防水処理。屋根と煙突の隙間を無くします。
b0229636_18350853.jpg

釘打ちを終えて、防水透湿シートを貼る作業に入ったが、最終の新快速の時間ギリギリで、4段目まで。次の週末まで雨の降らないことを祈ろう。養生して帰る。上手く行かんもんやなぁ。

I had a little time watching Gion festival in Kyoto, one of the three largest festival of old capital. Making use of time for change train, took subway up north to Karasuma-oike. Walking down south looking around parade. My home town owns Gion festival either. However, quite contrary to the kyoto's. Kyoto's slow moving. More like static. While mine move very fast. Run like hell, as parade itself is a time race. Very dynamic.

Leaving Kyoto catching second to the last train to the cave. First in the next morning, setting up platform. Hauling insulation mat up on the roof. My placing of frame rods for those insulation mats works pretty well. As width of the mat 605mm barely fits in the frame set as 600mm. Some needs to fit with scraper and wooden trowel like jig which worked ideally. One thing I hated this mat filling is that mat itself made of rock wool. Very close looking as glass wool. Once stuck, itchy as hell. I knew this would come from my experience of kayak building. When gets itchy, stick duck tape where need to be. And peel the tape off. Major itch will be gone.

The next morning started with hauling plywood sheets up on the roof. About 50 sheets. Toughest job during this three days work. Placed each piece by hound's tooth pattern. Took almost one full day placing. Started nailing before sunset. All I could do was finishing up to the second law.

The second day was extremely hot on the roof. By noon I was exhausted. An old friend of mine used to tell me water melon saves you when it's hot. I was thinking about the comment. Then, a neighbor brought me a big piece of water melon. Thank god. Quenched me and served me like injecting physiological solution. Revived. Vigorously worked that afternoon. Try watermelon when you are dead tired.

The third and the last day of the weekend, started early with nailing by air compressor. Might have been a little noisy. Sorry about that, locals. Before noon nailing was over. Interrupted by sudden squall for a couple of hours during the morning, though. While listening drizzle, drilled hold down anchor head on each corner. Or side pillars of openings.

Major work of the afternoon was to place waterproof/breathable non woven fabric on the base panels. I had to leave almost 1/3 of blank area on the base boards before catching the final limited express. Hope it won't rain by the next weekend.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-27 17:14 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録105A self... 家作り備忘録103A self... >>