ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録107A selfbuilder's note

今週も雨からスタート。
b0229636_14215764.jpg

屋根を張りたいけど、室内で出来る事から。先週は、梁と桁に火打を打ったので、今週は、土台側に火打を。梁と桁に打った火打は出来合いのスチール製だが、基礎にはもっと頑丈な木製の火打を打つ。その治具と図面。
b0229636_14272448.jpg

交差する土台に斜めに架ける目的で、欠き込む部分を均等に取るのと、中心の柱、ホールダウン金物をかわす様に穴を開けてある。この治具は火打を切り出す時にも使えるので、かなり便利。
b0229636_14342117.jpg

治具で印を付けた部分を鋸とノミで欠き取り、90X90mmの火打の先端が入る部分が下から上まで均等に削れているかを、別の治具で確認する。この欠き込む作業は、どんなにキッチリ刻みが出来ていても左右に振れるので、必ず現場合わせで加工しなければならない。かなり辛い姿勢の連続なので、腰が痛くなる。
b0229636_14445155.jpg

だいたいキレイにハマった。少し隙があるけど、後で土台と一緒にボルトで締め上げるので、こんなもんでしょう。この姿勢を続けることができるのは、一日5本が限度。
b0229636_14490733.jpg

交差部分を両側から火打でサポートするとこの様になる。これで、横揺れにかなりの構造耐力が得られる。
b0229636_14523660.jpg

二日目も雨。今度は梁と桁の緊結。土台のボルト締めに使った埋め込みナットを使うので、後で床板を張りやすい様に、座掘りして頭を隠してしまう。まず座掘り用の錐で欠き込む。
b0229636_14593373.jpg

その後、12mm径の両引きボルトを取り付けるのに15mm径のロングドリルで下まで貫通させて、受けの羽子板台座をネジ止めして完成。この部分は桁が梁を挟んだだけで、上に構造材が乗らないので、いずれ開いて来る部分を押さえ込む役割。どうしても内装の壁面に出てきてしまう部分なので、上手く隠してインテリアにも使える用途を持たせたい。照明の基部に隠すか?今日は2時に一瞬晴れ間が出たので、片付けして引き上げることに。電車に乗ってしばらくすると、ゲリラ豪雨になった。間一髪セーフ。

This weekend started with heavy rain. Still won't be able to work on the roof.

Last week bracing corner on beams with steel support installed. Will work on base log with angle brace today. Shown on pics is my jig for cutting edge catch. As installing angle brace wouldn't match exactly even with precise pre-cut logs by numerical controlled machine, mating of joints must be determined at each site.

Cutting and installing angle brace drive me real crazy. Joints wouldn't match precisely. Harsh working position with heavy back ache. Installing 5 pieces a day should be at most I could handle.

Next morning started with rain again. I've shifted my job for the day to joint reinforcement with hardware on beams and cross beams. Mating of joints would eventually be loosened. Current law enforcement indicates each joint of skeleton should be reinforced with hardware. Especially at crucial joints must be connected with sturdy hardware against earthquake.

For flushing with top surface, drilling back surface hole before drilling through hole.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-08-17 14:19 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録108A self... 家作り備忘録106A self... >>