ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録108A selfbuilder's note

親父が逝った。91歳。大正生まれ。戦前、戦後を生き、広島で原爆に遭い終戦を迎えた。高度成長期と、激動の時代を生き抜いた。大往生だったのではなかろうか。最後は大勢の子供、孫、ひ孫に看取られながら息を引き取った。何とかワシも間に合って、顔をジッと見て、酸素吸入器の中から、「お〜。」と一言。眠る様に目を閉じた。
b0229636_15101420.jpg

b0229636_15110097.jpg

実家が僧侶の家柄なので、母の跡を継いだ甥っ子と姪っ子が葬儀を立派に取り仕切ってくれた。この子達には一生頭が上がらないな。ありがとう。

親父は、趣味の人で、釣り、バイク、旅行といつもせわしなく動き回っていた。なんでも自分の気に入るように細々と道具をカスタマイズしていた。すぐにガラクタを作るところが親父に似たんだろうなぁ。出来れば、楽しみにしていたワシの家を見て貰いたかった。
合掌。
b0229636_15261878.jpg

2週間ほど空いたので、ブルーベリーが熟れ過ぎて落ち始めていた。今年は豊作だったので、ジャム用と生食(磨墨の白内障に)分と別けて、余った分は冷凍してアイスクリームのトッピング用だな。
b0229636_15324555.jpg

作業は日曜日一日しかなかったから、破風板を二度塗りして、先々週の続き。建築金物で柱と梁を緊結。土台で使った治具で、下穴を空ける。
b0229636_15431921.jpg

小屋組みの束を柱に繋いで、ボルトとナットで締め上げる。両側から引いているので、組んだだけに比べたら、上下の揺れに対して、設計強度に近い耐力が出る。北側壁面を終わらせて、今日は終了。
b0229636_15521457.jpg

ここ数日の冷え込みで、駅に向かう途中のコスモスが一気に開き始めた。今年は秋が早く来そうだ。

My dad passed away. 91years old. Born in 1923, Taiwan, Taipei. Fought world war 2, ended his war at Hiroshima. Surviver of atomic bomb. Until 88, he was an active motorcycle rider. Numerous hobbies including making junks which I've succeeded. Hectic though, he lived a happy life.

My mam was a Buddhism nun. My nephew and niece succeeded her business who organized dad's funeral this time. Quite a decent one. I owe them my life. Thank you guys.

About two weeks of blank period, blueberry started falling. Crop of this year almost double of previous year.
Maybe great for jam or pie.

The last Saturday was on duty. So Sunday started quite early. Mowing overgrown weed in my garden. Then cleaned building site. Painting wind block board twice while sun was shining. Installed bolts and nuts connecting pillar/beam/roof pillar. That perform almost designed tenacity on plan.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-08-31 07:49 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録109A self... 家作り備忘録107A self... >>