ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録110A selfbuilder's note

もう110回も書いたのか?丸2年余裕で過ぎたわけで、まだ屋根も葺けていない。ここんとこずっと雨の週末だったから、今週は3連休の晴れマークがまだ信じがたい。とりあえず、先週やり残した北面の破風板を上げることに。
b0229636_17144557.jpg

その前に、先週怖い思いをしたので、棟木にアンカーボルトを打つことに。クライミング用のウェビングをタイオフしてピボット状に回るように細工してあります。
b0229636_17150048.jpg

ロングドリルで棟木に貫通させて、ウェビングだけが屋根から出ている状態で、ヌンチャクを掛けて、どの方向からザイルを引いても流れが良くなるようになってます。早速、最後の破風板を引き上げて、固定。安心度が千倍違います。
b0229636_17270616.jpg

一旦屋根から降りて、早速軒先に唐草を取り付けます。
b0229636_17275649.jpg

鼻隠しをカバーして、少しだけオーバーハングを着けて、雨水のキレを良くする部材。その先端に屋根材が引っ掛かる状態で、最初の一列が始まる大事な部材。この唐草の取り付けまでで、終われるかと思ったら、玄関アプローチと屋根の継ぎ目が弱点になっていたので、急遽水返しを作ることに。
b0229636_17355525.jpg

平板から切り出して、両端にハゼを着けてL字型に曲げた簡単な形。
b0229636_17361922.jpg

この様にポリカ波板のエンドをカバーします。ギリギリ日没に間に合った。
b0229636_17431484.jpg

翌日は朝から秋ミョウガの収穫。ミョウガもコレで今年は終了。
b0229636_17433421.jpg

山椒の木を良く見ると、結構取り残しがあって、赤く熟した実がチラホラ。これって何か食えるものかとググってみると、なんと乾燥させて粉山椒になるし、種と粗く潰して、麻婆豆腐なんかに入れると最適とある。
b0229636_17435314.jpg

んで、そのまま干していると、皮が弾けて、黒い種が一杯出てきた。なるほど、これが七味に入っているヤツか。このまま干しておこう。来週あたり、丁度良くなっているかな?
b0229636_17531789.jpg

次は屋根の切妻側の水切りである、ケラバ包の取り付けベースになるケラバを設置。アンカーボルトでビレイされている安心感は素晴らしい。このケラバは屋根材のエンド部分を覆って、雨の浸入を防いでくれる優れモノです。唐草のエンドもカバーします。その日は屋根材を2段まで取り付けてお終い。
b0229636_18011038.jpg

翌日は、雪止め金具の取り付けからスタート。西面の2段目と3段目に交互に着けます。
b0229636_18013151.jpg

良く見ると、空中に反り上がった形で屋根面と接していません。雪で荷重が掛かった時点で下がるようになっていて、屋根面を保護すると同時に、大きな荷重に耐えられる設計になっています。良く考えられた部材だな。
b0229636_18080050.jpg

この日は7段追加するのがやっとでした。ハッキリ言って、屋根葺きを舐めていました。屋根職人さんごめんなさい。ハゼ起こしや、端調整の周辺作業のコツも呑み込めて来たし、来週はピッチ上げて行きましょう。
b0229636_18131586.jpg

基地に二株ある曼珠沙華の南側が、日差しを浴びてお彼岸が近いことを教えてくれます。親父は秋アカネに乗って家の様子を見に来てくれるかな?

110. Two years has passed since I've started this note. Still I got no roof. Dear me. Protection for working on the roof should have been improved. So decided to bury anchor bolts on the top notch beam. 12D bolts all threaded with 3 nuts holding tied off webbing for belay point. Head of each bolt buried under the roof. Only webbing comes out and pivot smoothly for better running of rope. Connected with quick draws. Feel tremendously safer. Hoisting the final wind blocker panels up on the north side gable.

Setting up belay system on the entire roof for roofing shingles and other jobs like installing skylights or chimney. One on center and tow on each end. Now I can go for it without hesitation.

Cornice end cover goes first. Placement of these pieces give a little overhang on each end and determine placement of first row of shingles hooked on the edge. One irregular part of the roof, joint of the roof and entrance approach appeared as rainwater leaking point. For covering this weak point, made simple water sheds. Cuttin out from standard sized flat gulvanized sheet, bending wider ends to make V shaped groove water deflector. Then, finally bend about 1/3 of the width to finish this water shed for joint section. There. This should work.

Next morning started with placing gable end cover base. This hook type edge part hide shingles' end as well as holding edge cover deflecting rain from gable sides. The day was over with placing two rows of shingles.

The third day. Placement of snow slide stops entertained me a lot. As the place receive quite a bit of snow fall in winter. Snow slide stops must be durable. As it's bottom won't touch roof surface unless loaded with heavy snow. This device is well thought out.

While placement of shingles didn't go well. Peripheral work consumes major part of time. This work needs quite a good preparation. Additional only seven rows of placement at most was the day's result. I'm pretty disappointed with my ability. Maybe a little better next week, I guess.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-09-15 17:07 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録111A self... 家作り備忘録109A self... >>