ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録112A selfbuilder's note

月イチの土曜出勤の後、京都でお風呂に入って、基地入り。翌日は、早朝から東面の屋根葺き。一旦、瓦板を取りやすい位置に揚げてから、鎚音立てても良い時間まで、ちょっと細工を。
b0229636_15160582.jpg

ケラバの材料が足りなくなった。少しだけなので作ることに。写真の下側に写っているパーツを、トタン板から切り出して、同じようなものを作ります。
b0229636_16053785.jpg

最近、この板金作業にハマってます。最初は勝手が判らず、思った物が出来なかったけど、次第に要領が呑み込めて来てから、大抵の部材は、出来上がりを頭に描いて、罫書ける様になって来た。屋根の葺き上がった最後に控える角の仕舞いのように、出隅、入隅の少し複雑な形も頭に入って来た。メッチャ楽しみ。板金の世界に足を踏み入れたばかりだけど、一つの大きな技術体系を修得して行く過程は、何よりも面白い。一旦修得した技術は、生涯自分のものだし、家作りのあらゆる場面に応用できる。壁板の水切り、空調配管の水返し、ついでに換気扇のフードも作っちまうか?たった一枚のトタン板が、あらゆるパーツに変えられる。こういう基本の技術の獲得に王道は無く、ひたすら基礎的な動作の繰り返しの中で覚えて行くしか無い。空間認識を鍛えて、三次元を正確に二次元に展開して行く。そして、再び組み上げる。面白い。やめらんねぇ。
b0229636_15460555.jpg

そしてまた、奇跡は起こった。瓦板を葺いて行きながら、玄関アプローチとの切り返し部分がどのような半端パーツを作る事になるか、全く判らないまま、葺いて行ってたら、角に来た時に、瓦板の幅がドンピシャで上の列の継ぎ目に来て、そのまま次の段に進めることが判った。これは、計算していても出来ない。計算して葺いて行けば、必ずズレる。天は再び我に味方してくれた。
b0229636_15574734.jpg

今日は、この境目のところでお終い。
b0229636_16002768.jpg

ニラの花が咲いています。基地のニラ畑は段々勢いが増してきて、これから本格的なモツ鍋のシーズンに向けて準備を始めている。博多んもんには必需品ですから。

Once a month, Saturday on duty. Soon after the day was over, caught a train to Kyoto. While changing train, took public spa. Then back again at my bat cave. Started early in the next morning to prepare loading shingles up on the east shed. Before starting banging shingles, cutting out rain deflector short of.

Sheet metal working is so fascinating. Magic like various form of metal parts coming out from plain sheet. Basic technique of bending, shearing, and stamping aquired only by repetition of hardworking. But once aquired, application of this technique spread vast area of house making. Water shed under outer wall, water shed on intake of air conditioner. Even I could try making kitchen ventilation hood.

Developing three dimentional figure into two dimentional plan. Has to be keen on space recognition. Once this phase cleared, any form of metal parts out of plain sheet is yours. Can't wait for making parts deflecting moisture on each corner of the roof.

And another miracle took place. Without considering placing pitch of the roof shingle, at the corner crossing with the roof of entrance approach, I couldn't imagine how the connection of shingles will be. However, the top edge of the joint shingle exactly fitted onto the connection line. So that I don't have to cut out any additional parts for the joint section. This couldn't achieved by precise calculation. If you'll plan to do this, you'll fail. No doubt.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-09-28 15:10 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録113A self... 家作り備忘録111A self... >>