ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録124A selfbuilder's note

今年最後の土曜勤務を終えて、雪マークの予報が出てる基地地方へ。
b0229636_17134787.jpg
先週に引き続き、窓枠の取付作業から。この家唯一の1間間口の北側の窓。窓台を取付けて、まぐさの水平を取る。土台のレベル出しを苦労した甲斐があって、ほとんど修正の必要が無い。基本、両端と真ん中の3点を測る。後で木裏側に反るとしても、出来るだけ水平を揃える。この窓は長いので、たわみが大きく誤差も出やすい。先に窓台側の各所を100mmのビス留めで押さえる。
b0229636_17294515.jpg
窓台の両端。トルクを効かせて、頭を5mm程沈める。
b0229636_17311539.jpg
土台の両端。こちらは窓枠の取付に関係無いから、押し込む必要は無い。
b0229636_17331368.jpg
まぐさ側の支持枠を取付けて完了。まぐさは桧の4寸角。狂いは少ないと思う。
b0229636_17384444.jpg
同じ1間間口だがこちらは掃き出し窓だから、まぐさだけの取付。一般の窓枠が5〜10mmの余裕を見るのに、掃き出し窓は、床板(捨て板)と敷居の分を加えて約50mmの余裕を見る。根太レスの板敷きにするので、根太分の余裕は不要になります。
b0229636_17461229.jpg
同じ北面にあるパントリーの採光窓=嵌め殺しの枠を取付け。中心をズラして既成品サッシの外枠に合わせる。枠の隣を使って、換気扇の取付も出来そう。コッチは軽いので、欠き込みは要らんな。後で換気扇のサイズに合わせて枠をネジ留めすればオッケー。
b0229636_17540326.jpg
北面の構造用面材を張る前の造作が終って、間柱が全て入る。北面の1階は来週からMDFボード張りを開始出来る。コレで雪の吹き込みを防げるので、作業が楽になるかな?

Started another frame building Sunday morning. Severely cold. Dry but snowing. Larger window needs to level out carefully. Distortion on length wise tends to be bigger on longer frames. Each contact point must be screwed down before distortion start.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-12-14 17:08 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録125A self... 家作り備忘録123A sel... >>