ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録125A selfbuilder's note

一足早いクリスマス休暇。でも、作業みっちり地獄の4連休かも。
b0229636_16120795.jpg
造作が終わった側から面材の張り付け作業だけど、試しに東側の玄関アプローチ横の1間半分で全体の工程を通しでやってみることに。先ず、専用に作ったゲージで、始点になる柱の中心付近2点からエンドラインを引く。次の間柱と柱の位置関係を調整して、1間分の基準線を入れて行く。
b0229636_16203311.jpg
面材は9mm厚のMDFボード。中密度の木材繊維を高圧で固めた板で、ほとんど空気を含まない為、針葉樹構造用合板に比べて比重ははるかに重い。1枚持ち上げるのがやっと。サイズは908x3010。柱の芯間が910mmだから、左右に2mmづつの隙間が出来るように張って行きなさいと言うことだ。
b0229636_16292220.jpg
ボードには必要な情報が印刷してある。JIS認定云々は別として、先ず、柱や梁など外周側は100mm間隔、間柱は200mm間隔で打つこと。釘はN50指定。この条件で打ち付けられたMDFボードは耐力壁として、壁倍率が2.9倍とある。これは筋交いをいれた場合より150%強度が高い事になる。釘を打つ場所と間隔の目安として、外側と中心に100mm間隔の破線が印刷してあるので、その通りに打てば良い。楽ちん。
b0229636_16423899.jpg
で、久々にエアネイラー登場。考えなくても印通りに打てばいいので、快調に飛ばす。一枚打つのにおよそ釘を75本使う。全体で約50枚張る計算で行くと、3750本。このネイラーが無かったらと思うとゾッとする。
b0229636_16533377.jpg
東側の角1間と半分を張り終えて、窓枠部分をくり抜いた状態。翌日の朝撮った写真だが、朝の陽射しが気持ち良く入って来る。
b0229636_16572531.jpg
西側も角1面だけ張って、北側の張り付けが進む。途中、間柱の固定を忘れていたのを思い出して、100mmのビスで留めてたら、結構時間を喰った。
b0229636_17023066.jpg
2日目はナイター営業で、北側角1面を残して終了。MDFボードの扱いに慣れなくて、腰が痛くなった。寒いし、お風呂でゆっくりストレッチ。溶けた〜。
b0229636_17064416.jpg
翌朝、朔旦冬至。新月と冬至が重なる珍しい日。北面角の1面を張り終えて、1階だけだけど、壁を張ると何か家っぽくなって来たなぁ〜。
b0229636_17120873.jpg
早速、防水透湿シートを張る。屋根のシートを貼った時に作った自作の延反ジグが、ここでも大活躍。お陰でメチャクチャ綺麗に貼れました。貼り付けは10mm足のホッチキスをハンマータッカーで。
b0229636_17180741.jpg
無事貼り付け終了。コレで北側からの雪の吹き込みも無いし、快適に作業出来る。
b0229636_17211659.jpg
三日目も引き続きナイター。南側の窓枠取付完了後、耐力壁を張るが半分まで。だいぶMDFボードの取り扱いにも慣れて来た。
b0229636_17250924.jpg
翌朝は、開口部のスペーサー貼り付けから。各柱や土台の幅に合わせて、面材の余りから切り出して作った。後で防水透湿シートを張る時の面合わせの為に、掃き出し窓周辺全体に張る為。
b0229636_17353817.jpg
南面も張り上がる。ますます家らしくなって来た。壁張りは、見た目にどんどん進むので、やる気が出てくる。こんなの全体の工程からいうと、10%にも満たない。後は、ひたすら地味な作業ばかり。ご褒美みたいなもんやね。
b0229636_17445733.jpg
東側に屋根から落ちた雪が溜まっている。当たり前か。今まで何も無かった場所に家が建って、両脇にそれが追いやられる訳だから。次の春の梅がどう咲くのか心配になった。

Merry Christmas to you, all subscribers! Took 4days off for the Christmas weekend, however, it'll be a hectic holidays. Starting with nailing MDF(mid density fiber) board surrounding entire house. This MDF board installed as bearing wall. The board consists timber sheer wall structure. It's like mixing of traditional Japanese frame structure with 2x4 wall system.

Before starting up, tried out whole processing at east corner under well protected entrance approach side. Did first 3 sections checking points to be performed. Beginning is always crucial. Drawing end line with my original gauge for reading out discrepancies from each center of a pillar. Take two points apart on center line. So that marking vertical line would be more accurate.

Dimention of the MDF board is 908mm x 3010mm. It means 2mm space between boards. All the necessary information is printed on its surface side. On contour line, nail should be placed equally spaced 100mm interval. On center line for locking center supporting pillars, the interval should be 200mm. If all nailed as instructed, the wall's 2.9 times more durable than without supporting devices.

Nailing points are marked on each board by dot line. Each board needs about 75 nails to install. Totally 50 boards need to be installed. 3750 nails must be shot. Can't imagine placing boards without air nailer.

Trial three boards installed properly. Cutting boards out for window. Morning sun shining through the window frame. Pretty bright.

Moved onto placing boards on north side after trial. As the board is quite heavy, before getting used to handle the boards, started feeling waist ach. Leaving one final boards, I've rolled up for the day.

Next morning. Winter solstice, new moon.Soon after finishing final boards for the north side, started sealing the boards with waterproof/ breathable sheets. Reused spreading jig for the sheets made for roofing. Hook the jig up on a starting pillar. Determined point to start and pulled out the sheet. Without distinctive wrinkle, the sheet covered north side beautifully. Glad that I made the jig.

The third day started with finishing up door frames for south side. Once door frame installed, to flush with MDF boards, cutting spacers out from scrap and covered around pillars and beams. The southern side finished by noon.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-12-23 16:09 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録126A self... 家作り備忘録124A self... >>