ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録129A selfbuilder's note

設計ということ

やっぱし腰が駄目だった。先週、ピキッと言って、すぐに冷やしたけど、今回のダメージは大きくて、翌朝起き上がれなかった。週明けに2日も休んで、病院に行き薬を貰って安静に。普段薬はほとんど飲まないから、抗炎症剤や鎮痛剤が思いの外良く効いて、回復は早かった。けど、大事を取り、今週の作業は見送ることにした。

ただし、セルフビルドでは、やる事いっぱいあって、次の工程の材料発注と、部分設計に取り掛かる。材料発注は、いつもネットで注文している建築資材屋さんに金物類を発注するだけ。時間があったので、近所の職人向けのホームセンターで値段を確認してから発注を掛けた。どんなに大手であっても、人件費が大幅に低いネット商売には勝てない。発注する物が小さくて高額な物はネットで買い、デカくて運賃が嵩む材料はHCと比べて安い方を利用する。会社の仕入/生産部門にいたので、その辺の使い分けは体に染み付いている。

一方、設計は最初に大枠の図面を引いて、と言ってもCADだから実際には線を描いたりしないが、一セットの工程毎に部分設計をしていく。
b0229636_00535994.jpg
これは、壁板を貼った後に作るデッキの展開図だが、こういう部分設計を毎回描いた上で、次の工程に進める。ここで使っているCADは、JWーCADという国内の一般的な設計ソフトで最もポピュラーなCAD。しかも、パブリックドメイン。タダ。一度使い方を覚えると、ほぼ直感的に使える、非常にユーザーフレンドリーなソフトです。常にそのバージョンは更新されて、プロの相当高度な要求も優にカバーする能力がある。こんな日本の設計ソフト環境って、素晴らしいと思いませんか?
b0229636_07524256.jpg
上は、先々週描いた切妻の柱、間柱の配置図。
b0229636_08051092.jpg
それが、適当にやってもこうなる。設計図は素晴らしい。はっきり言って、素人が家を建てるには、コレがないと不可能。CADで正確に描かれた図面通りに作れば、迷い無く進められる。これは構造材を組んでいる時には実感は無かったが、南北に延びる12m長の壁を貼っている時に、全体で1.5-2mm程度しかズレが無いと、その効果をまざまざと思い知る。これは設計図無しでは無理だ。たまに、その場合わせで勝手に変更したりするが、設計者と施工者が同一のセルフビルドの場合、お互い?納得づくなので、モーマンタイ。さらに、これで材料の拾い出しが簡単に出来る。尺棒一本と戸板の平面図で家を建てていた昔の大工さんは、はっきり言ってスゴイ。棟梁になるまで、年月が掛かるのは納得だね。
b0229636_08184364.jpg
トリーツを待つ磨墨と、よそ見している小吉。散歩中もずっと、頭の中は、次の週の作業のことで一杯。早く現場復帰したい。

My lower backache was worse than I imagined. As soon as I felt uneasiness on my waist, iced with snow packed plastic bag immediately. However, I couldn't wake up the next morning. Took another two days off and went to a doctor. X-rayed and prescribed antiflama and some pain killers, the doctor told me be quiet for a couple of weeks. So I let it passed this weekend house building work.

I've got a lot to do for house building even I couldn't touch any real physical work. Placed order of some hardware in short, and drawn design detail of segment which I'll work on next week.

Placing order to a shop on website takes only a little while. As I could drop by a local construction material supplier on Sunday. Compared pricing of articles I needed with one on website. Pricing on website was matufar better than the supplier. Purchasing of material is always a headache and a fun.

While, designing requires a little help from computer aided design software. Mine is called JW-CAD which is the most popular and the most user friendly one in Japan. I've learned the software all by myself. Took me a couple of month to master. Well, not quite, but I do not feel uncomfortable with the software now. As so many professionals use this software, it is so easy to get downloaded better ideas of professionals through free website. And the best part is the software itself is a public domain software which is unbelievable! For novice carpenter like me, without any help of CAD software, building house looks hopeless. 

I usually design partially each time I move on to new section of building my house. That helps me to work without second thoughts. While figuring materials you need out becomes so easy. Learning CAD software may takes a little struggle for a novice carpenter. However, it'll pay definitely well.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-01-26 00:32 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録130A self... 家作り備忘録128A self... >>