ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録131A selfbuilder's note

病み上がりで、まだ本調子じゃないまま、基地へ。腰痛のリハビリに腹筋、背筋とスクワットを続けて約10日。なかなか効果のほどが実感出来ない。
b0229636_16161970.jpg
基地地方は、大雪警報が出るくらい降った。寒さと雪の吹き込みで、捗らないから、友人のFacebookに出ていた、隣町のカフェまでお昼を食べに。
b0229636_16212828.jpg
ココは建築古材を扱うお店で、前来た時はまだカフェはやってなかったが、かなりお気に入りの食材をきちんと料理してくれます。御飯も薪で炊いた竃御飯。薄いお焦げが入ってて、とても美味しい。久しぶりにお代わりをしました。
b0229636_16273144.jpg
雪がキツいので、内側の耐力壁を先に進める。耐力壁は外側だけでなく、屋内にも各所に散らばっていて、切妻に回す部分を先に屋内で使う。後で注文する積りだった分を先に届けて貰うことにしようと、材木屋さんに連絡したら、大雪で出られないとのこと。切妻の足りない分は一部針葉樹合板にした。それ程構造耐力を求められる部分ではないので、壁倍率が多少低くなっても問題無い。
b0229636_16392250.jpg
その夜は、セルフビルド仲間のマコトちゃんとこでビール飲みながら、鍋をつつく。彼は、山間部に古民家を改築しながら住んでいる。上は器用なお父さんが作った改築後の仕上がり模型。定年後、大工仕事が好きで、ちょくちょく手伝いに来ているらしい。
b0229636_16480878.jpg
素人には、かなり上級の墨木の収まり。上手いもんだ。古民家の再生作業は、今ある建物の歪みを修正しつつ、新しい建材との擦り合わせが主な作業。この作業が延々と続く中、思い描く完成図に近づけていくタフなメンタリティーが必要。ある意味、新築の方が簡単な部分も多い。基地をリフォームした時に、思い知らされた。マコトちゃんの場合、建物を建てた前のオーナーが材木屋さんだったということもあり、使ってある材が素晴らしい。構造材を磨いて、壁を塗り替える作業が中心になるだろう。将来は、古民家ステイの外国人を受け入れたいと言う。
b0229636_17122498.jpg
雪が落ち着いて、北面の切妻部分の壁を貼り終える。久しぶりに梯子に乗って作業して、チョットおっかなびっくり。雪の上に足場を取ると、不安定極まりない。仮止めしてある壁材を、ひたすらエアネイラーで打って行くだけなんで楽しい。アッという間に壁が仕上がって行く。
b0229636_17361048.jpg
夜は、猟師で精肉加工もやっているマコトちゃんから求めた鹿肉のミンチを使って、焼き餃子。赤身がほとんどの鹿肉はアッサリして、何個でも食べられる。最近、獣肉を食っているので、体がポカポカしてくる。獣肉に比べ、急激に飼料で成長させられる動物の肉は、味がしない。早くコッチに移住して、狩猟で肉を調達する生活をしたい。
b0229636_17542182.jpg
南面も壁面が完成。さて、来週から防水透湿シートを貼って、外断熱材の桟木打ちまで行けるかな?

We've got heavy snow around my bat cave area. Couldn't even walk around my garden without snow shoe. My lower back's still been stiff indicating not to work too hard. So I've decided not to work on outside but to begin placing bearing wall on inside structure. That helps me a little on such a cold snowy day.

Bearing wall supports house when a earthquake hit. So four ends of the board must be attached to structural logs like pillars, base or beams. Possibly supporting pillars placed in between pillars. And the bearing wall expected to be install where support needs. So it exists outside as well as inside of the house. For me, outside walls installed already. But remains inside walls toto be done. Ordered additional twenty for the inside, however, lumber supplier couldn't deliver the panels because of heavy snow.

The night I've dropped by my friend, Makoto's. He's also a selfbuider. He's been rennovating an old traditional house bought a year ago. He's a hunter, butcher and a very good cook. Quite an interesting guy who spent his college days in Maryland. So we share some common topics.

Rennovation of old house's mainly working on readjustment of current framework while replacing damaged old construction materials. This commitment requires quite a patience. As you face minor deformation constantly. You got to be real tough mentally and physically. I knew this because I've done that when rennovating my bat cave. In most cases, newly built house takes a lot easier procedure.

His dad's also a good carpenter. Shown is scale model of his house. Quite complicated traditional structure. Out of card board. Well made. His master piece on corner roof under structure. High level technique for a novice carpenter. His plan is to open a guest house for foreign travelers to enjoy Japanese rural 'Washoku' and 'Omotenashi' hospitality in the near future.

North and south gables' panel installation has finished. Will work on breathable fabric placement next week.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-02-11 16:11 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録132A self... 家作り備忘録130A self... >>