ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録135A selfbuilder's note

京都から先で、ザンザ降りになって。ビショビショになりながら基地へ。夜通し降って翌日は天気予報通りの晴れ。
b0229636_14192377.jpg
先週、黒系のステインを塗って、置いてきた軒下天井の受け桟は良く乾いていた。再度上塗りして、取り付け。斜めの垂木彫りの位置合わせが面倒かと思い、足場を組んで作業。脚立だけよりずっと楽。
b0229636_14261743.jpg
屋根垂木との結節は200mmの垂木専用ネジ。四角頭のネジなので、グイグイ入って行く。
b0229636_14292286.jpg
隙間無く屋根垂木と繋ぎ、かつ屋根垂木受けの下端と軒下天井の受け桟の上端がぴったり閉じ合わさって、虫の進入をはばむように、一旦、ゴムハンマーで、突き合わせて、長めのビスで固定してから垂木ネジを撃つ。念には念を入れて、後でコーキングする。田舎はきっちり隙間を消さないと、すぐにスズメバチや足長のホーネット系の蜂に巣を作られてしまう。
b0229636_14393284.jpg
その夜は、オークションで落としておいた、古い矢立が届いた。今、読んでいる江戸時代の物語に頻繁に出てくる筆記具入れ。どういうものか気になり、二束三文で落札してみた。頭の丸い蓋を開けると、墨壺があり、シャフト部分に筆が仕込まれている。万年筆の隆盛と共に消えたようであるが、日常生活で職人や商人、旅人等が明治頃迄は普通に使われていた。コレは、職人が使っていたと思われる。シャフトに5寸半までの目盛りが打ってある。装飾は一切無く、実用性一点張りの矢立。物によっては金の象嵌や漆仕上げの高級品があり、死ぬ程高いらしい。コレクターでも無いのと、コレを作ってみたいと思い、サンプルのつもりで落とした。見る限り、旋盤と鑞付けの技術があればできそう。ただ、昔の矢立職人の技は素晴らしく、蓋は寸分の狂いもなく、ぴったり閉じ合わさり、ヒンジは実にスムースに動く。こんなものが、一般庶民の手が届く値段で作れた江戸の職人の技術は、当時の世界水準の精度を遥かに凌駕して、孤高の位置にあった筈。不器用な西欧人には及びも付かない手仕事だっただろう。
b0229636_15102534.jpg
先週壁面のスペーサーを貼り終えた、この開口部に窓を付けることに。自作で。
b0229636_15090349.jpg
そんで、ホームセンターで安物のテーブルソーを買っておいた。セッティングして、窓枠の切り込みを入れる。
b0229636_15140136.jpg
もひとつ納得行かない切り目。手押しやと、半分以降がブレる。そういえば、スライド式の手押しプレート治具を買ってた。でも、スライドプレートがハマらんやつやったから放っておいたけど、気合で使えるようにした。
b0229636_15182774.jpg
今あるスライドプレートを外して、角度調整用の治具に着いてたアルミのプレートにドリルで下穴を開け、タッピングで同じピッチのネジ穴を切る。少しズレたけど気にしない。
b0229636_15214084.jpg
右側が手押しプレート治具を使った仕上がり。その差歴然。イェ〜イ。^o^
b0229636_15231638.jpg
ガラスの代わりに使うポリカーボのダンプラに嵌めてみる。ぴったし。
b0229636_15244725.jpg
窓の完成予想図は上のような感じ。突き出し窓で、玄関アプローチから、風を取り入れるつもりです。合計8枚。余り目立たない位置で、格好の練習相手が出来た。帰って図面引こう。

After passing Kyoto by train, rain got heavier. Almost drenched to the skin, I've reached to my bat cave. Sunday morning was fine and clear as forecasted. Started fixing platform in the early morning. Support frames for cornice ceiling were well dried with black oil stain painted last week. Painted again before installing. Platform helped installment of the frames tremendously. Each roof support and the frames connected by 200mm long rapping screws. All securely fixed by mid afternoon.  

Went to shop local lumber yard to pick some 2x4 materials for window frames. Also bought plastic card board substitute for window glass. The card board is made of polycarbonate to deflect almost 100 percent UV as well as blocking heat loss by its structure. Light and strong. Suitable material for ventilation windows along with upper entrance approach. Totally 8 sets needed. This original sized window making helps me practicing installing sashes for the first floor. As I have to finish openings on the first floor perfect enough, understanding fixing windows is a valuable lessons.

For making window frames, I've already bought a cheap table saw at local hardware store. Setting the saw table and tried cutting tenon for the window glass. Didn't go well enough for the first time. I've recalled I've bought a holing plate jig which doesn't fit the table. Sliding plate on the rail doesn't fit actually. So I've replaced the sliding plate with optional plate for angle cutting jig attached to the saw. This worked out. As the optional plate was aluminum made. So easy to make a drill holes. First made a bit smaller diameter pilot holes. Then cutting taps on each pilot hole. Replacement went real smooth. The adjustable holding plate jig survived. Consequently, almost perfectly straight tenon could cut as expected. Fitted the cardboard window glass exactly as planned.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-09 14:14 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録136A self... 家作り備忘録134A self... >>