ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録136A selfbuilder's note

今週末の予報は晴れ。でも、京都から先は、またもや雨。基地に着いても、翌朝まで降った。
b0229636_15172654.jpg
だいたいの構想が纏まったところで、窓の図面を引く。角丸の2X材を使うので、縦横の枠材を5ミリのオフセットで組むことにした。ガラス代わりのポリカーボ板の剛性が頼り無い為、中枠を一本入れて、カット寸法を半分以下に。不足無く描けたと思うが、一旦、全ての工程をおさらいする意味で、ひとつ完成形を作ることに。
b0229636_15312522.jpg
必要寸法に合わせて、材を卓上丸ノコ盤で切る。窓などの造作では、構造材の一分(約3mm)とは違い、誤差が1mm内外と見るべきだろう。この卓上丸ノコ盤だと0.5mm程度の誤差の範囲で、仕上がり1mm程度に抑えられる。これが無かったらかなり難しい作業になっただろう。
b0229636_15282578.jpg
先週テーブルソーのセッティングは出来ているので、各カット寸法に合わせて、刃の出方を調整して、切って行く。一旦、規定値より下げて、上げながら合わせると上手く行く。
b0229636_15431253.jpg
ホゾ穴は角ノミに合わせて、15mm幅にした。これでホゾの精度が上がった。窓枠の幅が狭いので、両側から45mm幅の間柱の木っ端を当て木にして、安定とセンター出しにした。窓ガラス用の溝が切ってあるので、穴は開けやすい。
b0229636_15515230.jpg
ポリカーボ板をカッターで切って、端面をアルミテープで塞ぐ。強度を上げるのと、段ボール構造の縦穴にゴミが入るのを防ぐ。きっちりの幅に溝を切っている為、若干の目止め効果もある。
b0229636_15582361.jpg
クランプで仮抑えして、ディメンションを確認。だいたいの精度は出ているみたい。
b0229636_16000344.jpg
ネジで仮止めして、障子部分が一旦完成。もちろん、後、塗装や金具、取っ手付けが残っているが、稼動テストが出来る状態まで仕上がる。造作は時間がかかる、でも、1個作っても、10個作っても、大して手間は変わらない。また、一通り手順をなぞるのは、間違い探しの作業でもある。ここで、膿を出しておくと、後がめっちゃ楽になる。風呂行くのが遅くなった。
b0229636_16094223.jpg
翌朝は、仮組みをバラして、木工用ボンドで接着作業。
b0229636_16112934.jpg
外枠の材料を切っている間、クランプで固定して、接着を安定させる。
b0229636_16131979.jpg
下穴を開けて、造作用ネジで固定。
b0229636_16141788.jpg
ダボを切って、下穴に詰めて、ネジ頭隠し。1mm長く切って、叩き込むと綺麗に入る。
b0229636_16162569.jpg
今回使う、ホイトコ社の突き出し窓用金具を外枠に収める穴をルーターで開ける。左右対象の穴を、クランプで固定して一気に空ける。ルーターは押さえ込みが甘いと、すぐに段が出来るので、しっかり底面の位置を確認しながら、手前から向こうに押しながら空けて行くと、力が入れやすい。ルーターの切削面は綺麗だ。
b0229636_16224012.jpg
とりあえず、テストサンプルが出来た。この金具を使うと、好きな位置で開放幅を決められる。今は、サッシ全盛で使われなくなったが、木窓の時代は、業界標準だったらしい。
b0229636_16255666.jpg
余裕を5mmと多めに取ったので、楽にハマった。3mmでも良かったなぁ。
b0229636_16273267.jpg
全開すると、こんな感じ。換気主体の窓なんで、まぁ、こんなもんか?
b0229636_16285187.jpg
来週の為に、残りの材料を切り揃えて終わり。
b0229636_16312367.jpg
気温が上がって、基地の梅が咲き始めた。

After passing Kyoto, rain started. Listening to the drizzle, biking up to my bat cave. Seems like we had the last snow of the season. Most were melted. Only left a little snow patch on my garden.

Figured out final image of the ventilation windows, I drew a plan for building one. I've checked through if I've missed any on the scheme, but found none. Along with the plan, decided to fix one perfect sample for understanding entire procedure.

Allowance of margins should be less than 1mm plus or minus on making fixtures compared with 3mm that of building skeletons. Relying more on electric tools to perform better precision. Especially making tenons, square cut drill helps me keeping track of the plan.

As cardboard polycarbonate plate fits as window grass, the grass isn't stiff enough. So the window's divided by center rib. Reduced size enhances stiffness. The window frame made of 2X4 white wood. It's rounded corner affects tight fitting between frames. So at corner joints, horizontal frames offset by 5mm to fit with flat end of vertical frames.

Cutting out one set of parts, then temporary fixing them up. Check out size dimention. Then separated to pieces and glue them up. Make some pilot holes to insert special screws for fixtures. Then fill the pilot holes with tiny round wood caps. A window's finished.

Then move on to the outer frame. Cutting out another set. 9mm deep hinge pockets' curved on side frame by a rooter. If properly operated a rooter dig perfectly flat ditch. Need a little trick for handling. The hinge plate fitted nicely.

Before painting the window set, fixed it and tried fitting in the sill. As I've prospected 5mm margin the window set fitted easily between pillars. This special hinge holds window at any angles. Used be a de facto standard of the industry. However barely surviving after aluminum sashes dominated the industry.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-15 15:14 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録137A self... 家作り備忘録135A self... >>