ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録156 A selfbuilder's note

猛暑日が続く都会を抜け出して、熱帯夜の無い基地へ。
b0229636_16095713.jpg

朝一は、最盛期に入って来たブルーベリーの収穫から。蜂さん達と、たっぷりの雨水が、たくさん結実させてくれたお陰で、今年は急激な右肩上がり。磨墨の白内障に効くと言うアントシアニンを安定供給できます。
b0229636_16095718.jpg

さて、今日は南壁切妻の軒下天井に取り掛かる。天板の受け桟に15mm控えの切り込みを入れる。長い4mの材に内装用の丸ノコで刻んで行く。ゲージを頼りにフリーハンドで切って行くが、だいたいキレイに収まった。
b0229636_16095842.jpg

縦横から切り込みを入れて、ほぼ思い通りに出来上がる。下穴も開けて、後は取り付けるだけ。外は暑いので、とにかく、出来るだけ手間の掛からないアセンブリーを組んで、外にいる時間を短くするのが、一番の暑さ対策。炎天下ではすぐに息も上がるし、間違いも犯しやすくなる。フィジカルもメンタルも時間次第。
b0229636_16095823.jpg

天板をサイズに切って、固定用の桟に打ち付けたセットを、東西の流れと切妻天頂下の3セット作る。上の写真は西の片流れ分1セット。3分割してそれぞれを、やっと持ち上げることができる重さになる。
b0229636_16095906.jpg

取り付け位置にチョークラインで墨を打つ。天板側が若干下がるように、水勾配を計算して、高さを調整している。水気が常に軒先に向かって、壁側に垂れて来ないようにする。これだけで、木を使った壁面の湿気対策に大きな差が出る。土曜日は、受け桟を取り付けるまでで終了。
b0229636_16095982.jpg

3年目にして、初めて酢橘(スダチ)が実った。たった4つだけだけど。嬉しいもんですねぇ。
b0229636_16100024.jpg

午前中太陽が東にいる間の、日陰で作業。天板のアセンブリーを引っ掛けておく仮止めのネジを打って、エアネイラーで天板をバンバン固定して行く。片流れ3分割なので、ゆっくりやっても天板全部打ち付けるのに午前中一杯あれば十分。計算通りに軒先側に少し下がった角度で天板が着いて行く。固定用の桟は1/4間の間隔で、165mmの屋根垂木用ネジで留めて行く。
b0229636_16100010.jpg

切妻頂天の軒下に天板が入る。
b0229636_16100055.jpg

全面が塞がる。
b0229636_16100041.jpg

東側の軒下天井との接合部を仕舞い込む。ちょっと不細工だけど、構想通りに軒下天井の中を空気が循環する仕様で仕上げた。スズメ蜂が巣を作りに来るかなと、気が気では無かったけど、軒下天井の中からは、致死温度に達する置き屋根のすぐ裏にしか入れないので、偵察隊が来ても、巣作りは諦めて帰って行ったようだ。
b0229636_16143041.jpg

残るは、西側の壁のみ。材料がお盆前に届くか微妙なところだが、来週から取り掛かる。
b0229636_16143068.jpg

駅に向かう途中のコスモス畑に、数個だけ気が早い奴が。もうじき立秋ですか。

Getting out of dump and hot Osaka. Swept peacefully night at bat cave.

Crop of blueberry getting to the peak season. 2 bowlful of the berry a day is the record so far. Good pollination and timely rain helped the record.

Cornice ceiling of southern gable should be finished today. Cutting frame edge of the ceiling done by freehand just sticking to the gauge of circular saw. Inset width 15mm. 4m long frame edge wasn't that hard to maintain straight line. Pretty much contented with the performance.

Drilling pilot hole and other preparation all should be done before pulling final assembly pieces to the suicidal hot outside. To shorten time to expose is the key to survive work outside.

Cutting out the ceiling panels to the size. The nailed to crosspieces. Separated 3 pieces keep the maximum weight for carrying up each one to the cite. Made 2 sets of each shed and 1 small piece for the gable peak ceiling.

Pulling chalk line on the wall side to maintain straight line. The line has to be slightly higher than ceiling edge in order to keep wall side dry. This trick helps quite a bit to shed moisture away from wooden wall. The day was over with installing edge frames to the ceiling.

The precious morning time in the shade. While sun was still on east side, ceiling panel assembly must be installed. Temporarily set several screws to hold assembly piece. Then hook the pieces while nailing ceiling panels. All the assembly pieces were set before noon.

Closing the end panels to avoid intrusion of bugs while keep circulating air inside the wall and roof to function passive solar system. Afraid that shortage of materials will be my hand while summer holiday season on the next weekend.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-08-09 15:08 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録157 A sel... 家作り備忘録155 A sel... >>