ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録162 A selfbuilder's note

シルバーウィーク前半

金曜日を休みにして、6連休にしたった。木曜日の夜、雨のぱらつく中を基地へ。
b0229636_19135001.jpg

先週には影も形も無かった彼岸花が帳尻合わせのように、ドーンと満開になっていた。
b0229636_19135185.jpg

角の水返しに、ちょっとだけ細工をして、
b0229636_19135157.jpg

先週の残り終わらせる。
b0229636_19135126.jpg

今まで、やりたかったけど、放置していた箇所を終わらせるというのが、このシルバーウィークの課題にした。格子戸、表玄関と内玄関のドア3箇所の上、窓枠でいうまぐさの部分に、向こう30年使っても下がらない太い7寸4寸の梁木を使う。久しぶりに刻みを少々。
b0229636_19135163.jpg

格子戸上。
b0229636_19135218.jpg

手前表玄関、奥内玄関。露出する格子戸と表玄関にはステイン系塗料を2回塗り。ホゾを切って掛け矢で叩き込んだから、ガッチリ嵌った。重い梁木を担いで脚立に乗って作業は、腰を悪くする。お風呂でしっかり養生して寝た。
b0229636_19135240.jpg

翌日は、朝からお買い物。重量ブロックにモルタル用のセメントと砂。これで囲炉裏の基礎を作ります。重かった〜。
b0229636_19135283.jpg

重量ブロックを升に組む。基本と角を間違えないように配置。その前に大引を1箇所重量ブロックの高さに合わせて切って、束の位置も変える。配置が決まったら木枠で固定して、寸法がズレないようにネジ止め。
b0229636_19135232.jpg

重量ブロックの穴をモルタルで埋めて行く。最初、ちょっとだけこぼしながら、段々要領を覚える。慣れると面白いように、鏝に掬ったモルタルが穴目掛けて収まって行く。左官屋さんの気分。^o^
b0229636_19135278.jpg

最後は、タワシに水を含ませて、面を揃える。汚れは綺麗に拭き取る。次の作業の面出しが楽だからね。

続く。

Equinox weekend. 6 days straight. Report of the first half.

Theme of the weekend was to finish things long been left untouched. Before that, finished corner sealing with tin plate bent for corners.

First of all the missions, head bar of 3 entrance doors. Chose thick heavyweight 8inch by 5inch spruce square log. Won't bent even coming 30 years of holding door head. Bars hammered in by a large wooden maul. Each bar's been set firmly.

The second mission was to set up base for 'irori', a traditional Japanese fire bed , For building the base, bought heavy weight cinder blocks. Those heavy weights simply substitute concrete base created by form work. Holes in those cider blocks filled with mortars by trowel manually. Plumbing work is always such a fun. Finished top surface of each block flat by water soaked blush. That helps later leveling a lot easier. While cutting out floor base log to locate the base. Top frame of the irori, the fire bed will be connected to the floor base log later on.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-21 18:26 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録163 A sel... 家作り備忘録161 A sel... >>