ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録164 A selfbuilder's note

兄貴が古民家を再生する事になって、敷地が檜の植林で囲われていて暗いから、何本か伐って欲しいと木曜日あたりにメールが入った。
b0229636_17075783.jpg

現場の檜は、間伐や枝打ちもせず放置状態で狭小地に植えてあり、下草の間に青木や棕櫚等、色んな種類が雑多に植えてあり、ほぼ野生化して、ジャングル状態。間引きするべき細い幹の檜が何本か立枯れしている。
b0229636_17075779.jpg

軽トラに伐倒の道具を積んで、到着後すぐにそのジャングルに入って、立枯れの小さな檜を数本伐る。石垣の角に立つ50年生3本にマーク。それぞれ、倒す方向を決めて、ハンドウィンチで引きながら伐る。3本共に、思い描いたライン通りに倒れてくれた。3本のうち1本は、石垣から大きくせり出していた根元部分をかわして、背丈くらいの位置で伐って、後で玉切りにした。兄貴んとこで、風呂に入れて貰って、帰っておでんとビール飲んだら、いきなり眠気が来て、気が付いたら朝だった。何故か寝袋の中で寝ていた。
b0229636_17075762.jpg

さて、先週の続き。通気桟を作って、最後の一枚だけ開けておいた、玄関アプローチに抜ける搬入用の壁に間柱を入れて、耐力壁で塞ぐ。防水透湿シートを貼り、階段横の嵌め殺し窓の枠に防水テープを貼る。
b0229636_17075828.jpg

面倒臭いので、一番底の桟に通気穴をドリルで開けて、虫が侵入しないよう、メッシュで塞ぐ。
b0229636_17075824.jpg

断熱ボードを入れて、円の半分が出る感じ。コレで通気層への外気導入は充分でしょ。パッシブソーラー用の外気導入には直接関係無いので、手抜き。
b0229636_17075822.jpg

取り敢えず、今日は2段目まででタイムアップ。帰るとしよう。

Received an email from my brother asking me if I could come to his antique house on Thursday. So I visited his house on Saturday morning. Thing was to cut several overgrown trees surrounding his house. I've brought all my gears chainsaws and such. Marked unstable Japanese spruce poked out from stone wall or slanted to hit neighbour's house once big wind blowing. Mostly blocking sunshine from his house. Those planted spruce allocated on very narrow place. So narrow that had to be a bit cautious about where those trees to be landed. Tow big ones age about 50 at both corner had to be pulled down by wire connected to a hand winch. Both landed almost precisely where they supposed to be. I was surprised when the two were put aside, sun shone through almost immediately.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-27 16:16 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録165 A sel... 家作り備忘録163 A sel... >>