ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録173 A selfbuilder's note

車が壊れた先週。さらに野鍛冶復活プロジェクト。そして月一回の土曜日出勤。師走に入り、世間様並みに慌ただしさを実感しておりますが、また通常ペースに戻る。京都で風呂入って、基地に向かう途中、そー言えば、ももさんとこのカフェが週末のみ夜間オープンのお知らせがFB経由でありました。
b0229636_17572877.jpg

ご近所の本屋さんのお嬢さん、さくらさんがももカフェでお酒を出す。うーむ、二人合わせてちびまる子ちゃんやないかい。で、20:06頃自転車で通り掛かると、開いてた。つい、ふらふら〜っと、赤提灯じゃなくて、クリスマスイルミネーションに誘われて、覗いてみる。元気そうなさくらさんが、「いらっしゃい。」で、カウンターに座ると、原酒の地酒と近江牛すじ煮込みを注文。とりあえず、至福の一杯。後で姿を見せたももさんとさくらさんを交えて、いかに田舎はDIY度が高いかを議論。下戸のワシは、後でホッピーだけ頂いて、基地へ。
b0229636_17572884.jpg

酒のおかげで、コロンと朝まで熟睡して、早朝から早速レジューム。パッシブソーラーシステムの為、床の密閉度を上げる仕様で、磨墨家の根太は、土台、大引きと面一。それぞれに仕口を切って、嵌合させて、ネジで固定する。ちょっとややこしいけど、後の施工を考えると、これがベスト。洗濯場とトイレを一緒に施工。先日仕入れた60X45の平垂木を縦に使い、30mmづつ噛ませる。
b0229636_17572860.jpg

嵌合部を刻んで、
b0229636_17572962.jpg

噛み合わせを確認してから、下穴を開けて90mmのコーススレッドで固定。少しキツめの嵌合にネジ留めすると、床の音鳴りはかなり軽減されると思う。これで、昼過ぎまで掛かる。
b0229636_17572911.jpg

昼食後、時間があるので、ユニットバスに付属している断熱材の取付。写真は、付属の断熱材があまりにペラペラな為、ホームセンターでキャンプ用のマットを入手。それぞれのサイズに裁断。取付は両面テープ。洗い場の下に貼り付ける為、マニュアルには床面のユニット全部を一旦起こして施工するとあるが、面倒なので、潜って施工。施工は大したことなかったが、さっき根太を取り付けた時に出た桧の粉が舞って、へっくしょいの連発だった。
b0229636_17572903.jpg

排水口はかわして施工。全部貼り終えて、最終の新快速の時間にどうにか間に合った。やはり、日曜日1日だけの作業は気忙しい。

Had only a day off this weekend. Focused on what I could handle in a day. To perform better circulation of warm air on my passive solar system. The surface of floor top must flush with bottom of inner wall. So the supporting frame of the floor fitted with floor base log by tenons and mortises. 60mm thick cross pieces cut to 30mm to fit with 30mm deep mortise on the floor base log. A bit tighter fit than usual to lessen floor noise. Hope it'll work. With a circular saw, a hammer and several chisels, took about a couple of hours to finish clean joint. 3 frames fitted to the floor base of washing space and the toilet. Left not to fill the top of the floor so that I can work on water plumbing.

3 hours before leaving for home, decided to insulate washing floor of the bathroom. Since the insulation material came with the bathroom kit looks too thin to me, replaced the material with about 4 times thicker material. Cut to the size of each segment, and considered to have some margin of glueing. Margins were glued by plastic tape go industrial use. By the time to catch the last limited express, could finish taping whole pieces to insulate the washing floor. Hectic day it was.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-12-06 16:59 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録174 A sel... 野鍛冶復活プロジェクト >>