ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録175 A selfbuilder's note

少し冬らしい寒波が来た週末。京都のお風呂でゆっくりと温まって、基地へ。
b0229636_13220488.jpg

駅から自転車で走った冷えを、薪ストーブで温めなおして寝る。
b0229636_13220438.jpg

b0229636_13220484.jpg

先週伐った桜の玉切りを割って、棚に積む。丁度一棚分だった。薪ストーブは人を3回暖めてくれるというけど、ホントだね〜。割って一回、積んで一回、燃やして一回。
b0229636_13220540.jpg

下準備がだいたい終えたユニットバスに、配管パーツを取り付ける。壁裏を通すシャワー水栓の配管アッセンブリーをエプロンの脇に着けた金具に固定。誠ちゃんに借りたロックリングを回す専用工具で締め付ける。
b0229636_13220586.jpg

キッチリ締め付けた接続パーツにシールテープを巻いて、ポリ管のワンタッチ差し込み金具を取り付ける。ちょっと多目に巻いて、キツ目に締める。その他、エプロンとバスタブ本体に取り付けるパーツがイッパイあって、とっても不親切なパーツ袋の中から、コレという物を探し、探し、取り付けて行く。マニュアルは一世代前のもので、9割方同じだけど、微妙に違う内容に四苦八苦して着けている。まぁ、素人が訳も判らずやってる思い違いが一番の遅滞原因だけどね〜。マニュアル社会のアメリカ人だったら一発でブチ切れること請け合い。(≧∇≦)
b0229636_13220593.jpg

翌日は、バスタブの給湯金具、コレもポリ管のワンタッチ差し込みタイプをエコキュート側から取り込む設定で取り付け。後先考えずに、先週取り付けた循環接続金具を一旦取り外して、シールテープから巻き始めて、金具を取り付けてから元の位置に戻す。時間ばっか食う。
b0229636_13220575.jpg

配管が終った下水管にバスタブの排水ユニットを取り付ける。専用工具(コレも誠ちゃんに借りたヤツ。)にソケットレンチ着けて、ガッチリ締め込む。この辺の工具はバイク、車いじり用がとっても役に立つ。
b0229636_13220678.jpg

一旦排水管の接続が終ったところで、洗い場側からの通水検査をする。検査ったって、表の点検口の蓋開けて、ティッシュ置いて、中に戻ってバケツの水を排水口に流すだけ。パイプの中の流れは、塩ビの45度接続パーツが透明なので、流れて行く様子が目で見えるから、良く判りました。表の点検口から覗いて見ると、ティッシュが流れていたので、通水テストはオッケーということにします。ここで、トラップの中に残った水は、下水管本管からの臭いをシャットアウトしてくれるんで、そのまま残しておきます。工事の邪魔にならないだろうから。
b0229636_13220620.jpg

今度は、バスタブ本体側の下水管との接続、パッキンが排水管トップとバスタブの排水口とを一体化して漏水を防ぐタイプで、二段に括れたピッチピチのゴムをズレないように抑えながら取り付けるのに手間取った。その後は、再び専用工具でぴったし水平を保ちながら、接続パーツを締め込む。専用工具にソケットレンチを差し込んで回す、頭が自在に動くラチェットタイプで、この工具は秀逸。
b0229636_13220661.jpg

大物のバスタブが所定の位置に収まり、周りが急に広く感じます。昨日苦労して着けた金具やパッキン、防水テープ等等が、今、やっと意味を持って目の前に。「あぁ、こうやって繋がるんだ。ヘェ〜。」と、マニュアルに悪態付いたのが嘘みたいに収まっている。壁際にちゃんとシャワー水栓の金具も出てる。後は、微妙にズレている水平をもう一度取り直して、壁に取り掛かりますか。次は年末のお休みからだね〜。

A bit of cold wind blown from Siberia chilled up around my bat cave this weekend. Warmed myself up by wood burnings stove before going to sleep.

Saturday morning started with chopping cherry tree already cut to about a foot long. Filled a shelf with the cherry wood.

Back to work. Bathtub and its apron needed a lot of pins and caps before installing on the frame. The apron holds shower and tap assembly by steel plate catching 2 joints of water pipes. Taping the joint parts up for sealing by water tight film made of breathable/ waterproof material. A couple of more layers than recommended to wrap around the thread of the joint. Then screwed down the wrapped joint by female fitting of joints.

Picking up necessary parts from the most unkind package I've ever bought.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-12-21 12:12 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録176A self... 家作り備忘録174 A sel... >>