ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録176A selfbuilder's note

年末の大掃除を終え、会社を定時に出て、早目に京都のお風呂へ。基地の駅から「さくらカフェ」へ立ち寄り、まずホッピーを一杯飲んでると、いつもの着物姿でミツさんが入って来た。手にはキックボード(ワシらは蹴ったくりと呼んでたが。)を持って。そのまま「暑い、暑い。」と言いながら、もっかい外へ。汗が引いて、カウンターに戻ったら、冷やの不老仙で一杯。この完全なツカミに乗せられて、閉店まで大盛り上がり。さくらさんの隠し球がポンポン飛び出して、さくらカフェのハッピーアワーは、アッという間に過ぎて行きましたとさ。
b0229636_13005032.jpg

やっと、上下水道、給湯の配管に目処が立って、ユニットバス躯体の組み立てが本格化。バスタブにエプロンを固定して、ワンタッチ排水栓のチューブ取り付け。
b0229636_14303247.jpg

フレームの建て込み。コーナーから。
b0229636_14303275.jpg

縦方向のフレームが入って、天井受けと繋いだところ。
b0229636_14303298.jpg

夜はヒマなんで、木工教室のおさらいのつもりで、ドリップスタンドを作る。檜の薄板を7枚継で組む。カップの座面を掘って、ガラスのドリッパーの穴を開けて出来上がり。
b0229636_14303200.jpg

壁の建て込み。ココも専用工具で挟み込みの目地を叩いてぴったりに押し込む。縦の合わせ目にはコーキング材は必要無い。横方向と端だけきっちり、タップリ目止めすれば良いシステム。合理的だ。
b0229636_14303363.jpg

ぴったし組めた。要領が判ったけど、ここで見直すと、何か足りない。ハンドルバーの取り付けボルトを付け忘れとった〜。(≧∇≦)やっぱりマニュアルを飛ばしながら読んでいると見落としがある。関係の無い機種の仕様も全部ふくまれていると、大事な所も飛ばしてしまう。専用工具を貸してくれた誠ちゃんが心配して、進み具合を見に来てくれた。お茶を飲んでいると、昨日、ヒロシ君がまた猪を獲ったらしいと聞いた。早速電話してみると、100kg越えらしい。スゲーっ!見に行くからね〜、と言って、直ぐに軽トラで訪ねた。
b0229636_14303329.jpg

玄関入ると、頭がコッチを見てた。デケーっ。止め刺し出来るまで、20回位鉄パイプでどついたらしいけど、血抜き終わるまで緊張しまくりだったそうだ。初年度からいきなり猪を、たて続けに二頭仕留めたのはスゴイ。一頭目はラッキーかもしれないけど、二頭目が100kg級の雄とは大金星。奥さんの絵美さんが、もう見たく無い位、肉が山盛りになってた台から、好きなだけ持ってってと言われて、コンビニ袋に3袋。スルちゃん達にもお裾分けを頂いた。ヒロシさんありがとう。薪ストーブの上で焼いて、美味しく頂いた。正月休み前半終了。つづく。

Left for my bat cave after taking public spa at Kyoto a bit longer than usual. Visited Sakura cafe on the way. While drinking a bottle of light beer, Mitsu-San
a kimono dressing instructor shown up with a kick board on her hand. Came in the bar and turn back to the door and out for cooling herself down. Came in once again and sit on the high stand chair and ordered a dry type of Sake. People around bursted into laughter this comical action of Mitsu-San. We, regulars talked a lot till the end of bar time.

Resumed to fixing the home bath kit. As almost entire pipelining connected, started working on the body of bathroom. Pitching corner frames up. Then connected the upper ends with roof support frames. Drilling pilot holes on some wall panels to insert bolts temporarily till all the gadgets installed.

Pitching walls up needed some special tools and jigs. Hooked two panels up side by side onto C shaped steel frame. Hammered water tight sealing rubber rod in by corn headed jig. Simple though pretty efficient. Needed some tricks to keep levels on upper ends of walls when fixing but not much confusing. Perpendicular sealing filled by the rods and horizontal dealings done by silicon coking gels.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-12-30 10:06 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録177 A sel... 家作り備忘録175 A sel... >>