ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録177 A selfbuilder's note

年末年始の作業を一時中断して、30日から元旦にかけて、恒例の犬連れ旅行に出発。ちょっとだけ食っちゃあ寝を謳歌して来ました。お泊り旅行3回目の小吉はだんだんお利口になって、感心することしきり。一方、磨墨はだんだん悪くなってくる。とほほ。
b0229636_14512675.jpg

30日は一日中高山に居て、新穂高に一泊。翌日は、安房峠を越えて、松本から諏訪に入り、八ヶ岳の麓でもう一泊。初詣でに諏訪大社の上社に行くけど、賽銭あげるのに2時間待ち。遠くから柏手打って、お参りということに。境内では、消防団の出初式や獅子舞と、正月らしい行事がそこここであって、日本のお正月を楽しめた。今度の車は快調そのもの。楽々ドライブで滋賀へ。
b0229636_14512764.jpg

基地にワシだけ降ろしてもらって、作業再開。お風呂の内窓枠を、防水加工の窓枠材から切り出して組む。出来るだけキチキチに組んで、窓側のフレームに端を削り込んで叩き込む。
b0229636_14512745.jpg

ぴったり嵌まりました。隙間はほぼゼロ。これで、後からのコーキングが楽になります。
b0229636_14512783.jpg

石膏ボードの貼り付いた鋼板をダイヤモンドホイールでカット。砥石系のディスクに比べて、熱を持ちにくいし、火花が少ないので、デリケートな盤面では圧倒的に使い勝手が良い。内窓枠の外側に合わせて、こっちは余裕を持って切り抜く。
b0229636_14512742.jpg

ただし、お風呂のフレームが、窓枠より20mm程内側に入るので、その分を予め長めに残して、フレームを巻き込むように鈑金加工して、縁を合わせる。色々考えたが、コーナーも残せて、強度を上げる方法はこのやり方だけ。ここは時間掛けて考えて正解だった。
b0229636_14512759.jpg

開口部の最難関の窓枠付けが終って、ほっとする。後は、タップリとコーキングするだけ。
b0229636_14512839.jpg

窓が終って、ちょっとだけ折戸の取り付けを準備して、翌日に固定仕上げ。下枠の受けにコーキング材を厚く盛って、折戸を外した枠を取り付け。左右の枠をフレームに固定すると、ペラペラの戸口フレームががっちりと強度を上げる。上の飾り壁をネジ留めしたら、入口の枠が完成。折戸は作業の邪魔なので、最後に嵌め込む。
b0229636_14512885.jpg

浴室暖房乾燥機の開口部を天井板に墨付け。コイツは家内からのリクエストで、200Vのハイパワーターボ付き。あっ、嘘です、ターボは付いてません。でも100Vに比べて雲泥の差。圧倒的に洗濯物が良く乾きます。湿気の多い基地周辺では必需品です。墨付けが終ったところでタイムアップ。スマホの機種変更の為、早めに上がることに。

Giving myself a little break for building a house during new year's holidays. We had a short trip to Nagano to stay at little inns accommodating dogs. Visiting some shrines while on the road. Praying for family's wellness,
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-01-03 12:06 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録178 A sel... 家作り備忘録176A self... >>