ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録179 A selfbuilder's note

久しぶりに冷え込んだ週末の夜。星灯りが見事な基地周辺の空。開けて、土曜日はいつもの木工教室。出掛ける前に少し間柱を付ける段取りをして行った。慌てて、脱衣所とトイレの柱の追加と、間柱の写真を撮り忘れた。午後からの半日で、ユニットバス取り付けの為に先送りになっていた間柱を全部入れた。
b0229636_18022322.jpg

取り敢えず、日曜日1日でトイレの据付けまでと考え、おおよその配管を先行して終わらせた。途中から、トイレに洗面台を急遽変更して着ける事に。その配管をトイレの排水管に分岐接続する。
b0229636_18022410.jpg

配管が終わったら、床板の張り付け。柱に噛ませる部分に切り欠きと、土台のアンカーボルトの頭をクリアする穴を彫る。板は杉の30mm厚。俗にネダレスと呼ばれる厚みの板。実(さね)が切ってあり、オスメスが噛み合うようになっている。また、エンドマッチと言う両端のオスメス加工もしてある。前後左右継ぎ目を合わせられる。ネダレスは、根太を減らせる意味らしいが、一応、必要な根太は先に施工してある。
b0229636_18022440.jpg

何事も最初の一枚が、後の出来を左右する。慎重に欠き込みを合わせて、90mmの長ネジで固定。施工している間に動かない様に、切り欠いたメスの木っ端を当て木にして、きっちりオスメス噛み合わせた後、クランプで固定。コレで、真っ直ぐな取り付けラインを最後までキープ出来る。
b0229636_18022527.jpg

トイレの床板を張り付け終えたところで、排水管の余分を床面と面一にカットして、トイレ据付け用のテンプレートを置いて、フランジを排水管に被せる。面倒くさいけど、床下に潜って、排水管との接続部分をコーキングします。トイレ本体を前部で固定するブロックを取り付け、本体固定用に下穴を開けて、テンプレートを取り外す。
b0229636_18022512.jpg

フランジに本体を合わせ、ボルトで固定して、ネジ留めすると出来上がり。まだ給水管の配管、リモコンの配線が終わってないけど、水さえ流せば使える状態に設置完了。セールで特価だったアラウーノにしました。今のトイレは陶器の部分は便座下だけで、後はプラスチックの成形品。中は複雑な配線が張り巡らされた、立派な家電です。自動洗浄が売りの機種に、台所用洗剤チャーミーが一本入っていたのは笑える。さて、来週は脱衣所と洗濯場の予定です。
b0229636_18022648.jpg

遅咲きの水仙がチラホラ。それにしても咲くのが遅い。

Biking up to my bat cave under bright starry night. Woke up early Saturday morning, setting up some for pushing supporting pillar which was postponed while fixing bathroom. Forgot taking pictures of pitching up pillars. Saturday was over with installing supporting pillars surrounding bathroom and toilet.

Back to plumbing. Setting sewage pipe at exact position catching toilet flush. While, recalling needed another sewage pipe for hand washing basin. Connected 50mm diameter pipe with toilet's main sewage. Extended water supply for toilet flush. Now, ready for flooring the toilet room with floorboards.

Crosspieces supporting floor boards were already placed. 30mm thick cedar boards lumbered for end matching placed precisely straight along with center line of the pillars. The first board was set contentedly. The board's clumped the tenon by mortise of cut piece for joints at pillars. Keeping straight line till the end brings better performance.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-01-17 17:07 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録180 A sel... 家作り備忘録178 A sel... >>