ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録185 A selfbuilder's note

赤い月が昇った空を見ながら駅からの道を自転車で通っていると、さくらさんのbarが開いていた。相席の御仁と野鍛冶の話で盛り上がり、閉店まで高島の食文化について激論。さすがにさくらさんは何でも良う知ってはる。
b0229636_18114468.jpg

寝起きに散歩がてら、春の便りを探しに。ちょっと捜すと蕗のとうがあった。陽当たりの良い斜面で野蒜も芽を盛んに出している。
b0229636_18114401.jpg

先週に引き続き断熱材の施工しながら、気付いた。コーナーの桟入れるの忘れとった〜。で、適当な余りの桟木を廃物利用で繋いで使う。ちゃんと面合わせておけば、壁板は取り付け出来るし、隠れるので問題ない。それより、断熱材を隙間無く押し込むのが大事。ちょっと手前に引っ張り気味に面を出しておいて、壁面の裏で、ぴったり押さえ付けるのが隙間を減らすには上手くいく。
b0229636_18114569.jpg

和室の外側の断熱材が施工完了。明日は木工教室が最終日なので、ナイターで押し入れと床の間側に根太を施工する段取りをつける。既に耐力壁で塞がれている壁面に隠れた土台にほぞ穴を彫り、根太の端を差し込む準備。最初から切れ目を入れるより強度の面で安心。
b0229636_18114587.jpg

兄貴が再生中の古民家に使うらしく、秘蔵のナラ板をよこせと言って来た。トイレの棚と手水の台に使うそうだ。ついでなので、板の乾き具合をチェックするつもりで、電動カンナを掛けて薄皮を剥いてみた。独特の斑入りが綺麗な木肌が出て来た。これなら使えそうだ。ただし、順目と逆目が複雑に入り組むナラ材のカンナ掛けはかなりの熟練を要する。兄貴に出来るかな?(^o^)
b0229636_18114585.jpg

日曜日は朝から木工教室を受けて、早目に上がり、根太打ちの続き。先にもう一枚耐力壁を打つ必要があり、久しぶりにエアネイラーで気持ち良く釘を撃ちまくる。壁板は火打をどけないと入らず、一旦ボルトを外して、打ち付けて再度火打を戻すという、面倒だけど、一番早い方法を取る。
b0229636_18114568.jpg

捨て板がデコボコしないように、面合わせをしっかりして、ぴったり水平に施工。火打はボルトを仮付けして戻し、隣り合う火打を次に外す。捨て板に隠れる為、ボルトは差し込んだまま。最後に根太を全てネジ留めする。
b0229636_18114615.jpg

畳が入る部屋と、押し入れ、床の間にそれぞれ段差があり、厚みを間違えた訳ではないが、最後の仕上げが終わるまでなんか落ち着かない。そうだ、囲まれる床の間と押し入れの間に桟木を入れ忘れないようにしないと。来週から野鍛冶プロジェクトが始動するので、時間を有効に使うよう考えよう。
b0229636_18114699.jpg

梅が3分咲きというところか?来週から暖かくなるらしい。今日、蜜蜂が網戸にしがみ付いていたけど、まだ動きが鈍い。たくさん授粉してくれると良いけどなぁ。

Red moon rose in the cloudy winter sky. Biking up commuting road from the station to my bat cave, dropped by my favorite cafe and had a couple of drinks. Chatted with a regular don't know who he was talking about local blacksmith.

Had a message from my bro who's renovating an old farm house. Said that he needs a oak plate I've been holding for my fixtures. On early Saturday morning, checked if the board dried enough. Peeled the surface by electric planer and found such a beautiful face shown under the dark dusty surface. Sent a couple of photos by messenger and soon got a phone call from my bro. Said it's good enough. Of course it's fabulous I guess. I wonder if he could plane its surface satisfactorily since grain of oak tree changes here and there , everywhere. Toughest bitchy tree I've ever known.

Resumed to install insulation pad on the wall. While shooting its edge by air nailer, I recalled forgetting putting crosspieces to catch wall ends at each corner. Picking up some odd sizes from the stock yard and cut to proper size and
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-02-28 17:09 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録186 A sel... 家作り備忘録184 A sel... >>