ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録186 A selfbuilder's note

今週は変則で、土曜日に仕事に出て、月曜日をお休み。
b0229636_17445721.jpg

梅が8分咲きに。陽気に虫も飛んで、受粉作業中。去年が裏年だったから、今年の梅の実は豊作であって欲しい。日曜日は朝から野鍛冶プロジェクトの作業で鍛冶場に入り、記録係のワシはチームの仲間と道具類の撮影。一点、一点追い番を付けて、写真を撮り、ファイルとして記録する。
b0229636_17445737.jpg

午後からは、室内側指定位置に耐力壁を取り付け。どうしてもコーナーに取り合いを求められる箇所が出て、表側は合わせ目が見えないように組んで、
b0229636_17445744.jpg

裏から見ると、こんなふうに50cm間隔で交互に切り目を入れ、耳を交差させて、裏で耳をネイラーで釘撃ちする。4辺の内、一辺の半分が釘撃ち出来ない形になるが、壁裏に入っている部分をスペーサーと垂木で押さえれば問題無いでしょ。規定の釘量は打つし、コーナー垂木も同時に付けられるから、この方法を採用。バタバタした日曜日は遅くなってお風呂へ。
b0229636_17445726.jpg

記録撮影の帰りに、プロジェクトの仲間フーミンの工房にお邪魔した。玄関前の黒石敷きが、ウチの玄関アプローチに良さそうな感じの仕様だったので、コレを少しアレンジして採用することに。磨墨が夏に冷んやりした黒石の上で寝そべっている姿が思い浮かぶ。思わぬ収穫だった。
b0229636_17445844.jpg

月曜日はキッチンの床作り。他の部屋と同じくホゾを切って土台、大引と組み込みで取り付けて行く。ぴったりに組んで、交差部分に全てコーススレッドを打ち込み、固定する。排水管を立ち上げ、規定勾配に床下の固定金具を調整して、塩ビ管のエルボーを接着固定する。最近の流しは排水口自体がトラップになっていて、塩ビの自在管で排水管と接続する様になっているから配管の突き出し位置は好きに出来るので楽ちん。混合水栓用の架橋ポリ管も近くに適当に配置。
b0229636_17445880.jpg

厚手の構造用合板を仮置きして、継ぎ目と固定位置を確認。少し壁際が空くけど、壁板と縁の垂木で十分隠れる幅なので、継ぎ目が根太上で重なる幅を優先。壁際で捨て板の端が落ち込む部分は、幅広の垂木でガッチリ支える。コレで、西側1/3の床面が繋がった。さて、キッチンの床に敷くテラコッタのタイルを注文するとしようかな。

Had the Monday off instead working on Saturday. My plum tree blossomed about 80%. Bugs pollinating vigorously a flower to another.

First thing done in the morning was to place bearing wall inside the house. As indicated on the spec sheet, at the four cross section of inside walls, bearing wall must support inner skeletons. Right after determined wall placement, I had to leave for an appointment of the project of reactivating old blacksmith.

I'm in charge of compilation of archives of the blacksmith. Some members' shown up for helping my photo shooting of what was left at the old workshop. Taking photos of tools and products one by one. Later put those photos on a spreadsheet containing necessary information for archives.

Resumed to place bearing wall inside the house later that afternoon. At one corner of walls
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-07 16:47 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録187 A sel... 家作り備忘録185 A sel... >>