ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録188 A selfbuilder's note

春分の日の週末。天気が悪そう。とにかく雨に降られずに基地に入ることができた。
b0229636_18051010.jpg

3年振りに雨水井戸のポンプ部分のメンテナンス。取っ手の先に着いたピストン部分に巻かれたパッキン代わりの革が擦り切れて、スカスカ。水を引き上げなくなった。前回床革の分厚いのを取り付けてたが、ほとんど擦り切れて無くなっていた。今回はチョット良いオイルドレザーの銀付き革を巻いて、ピストンが少しキツめに動くように調整した。これで、セメント用の水を雨水からいくらでも使える。
b0229636_18051195.jpg

真ん中の部屋を根太打ちする為、置いていた材木や材料、道具を床の捨て板貼りが終った和室に移動して、片付ける。ほとんど何も出来ず、隙間の時間で、プロジェクトの立看板を作成して、その日は終わり。
b0229636_18051149.jpg

真ん中の部屋に薪ストーブが入る場所があり、その床下は300kg程度が耐えられる支えが要る。重量ブロックをカットして長さを調整。
b0229636_18051161.jpg

こんな感じにブロックを配置して、そこに必要部分だけコンクリで固める。
b0229636_18051244.jpg

春分の日の朝、野鍛冶の工場がある地区の鎮守様でお祓いを受ける予定で、みんなでお参りした。例のオモロイ宮司さんで、何と本式の安全祈願祭として、祝詞も正式に用意して頂き、本宮前で玉串の奉天も行い、立派な祭式を執り行って頂いた。コレには一同ビックリ。最後にプロジェクトに対するご期待の言葉を頂きました。更に、一人一人にご守護札を頂き、宮司さんの心のこもった式として頂き、本当に感謝。その後、みんなで基地に移動して、ピザパーティーと会議で1日を終えた。オカンと磨墨、小吉も来て手伝ってくれた。
b0229636_18051390.jpg

薪ストーブが入る場所の背面には、そこだけ耐火用に石膏ボードを上から下まで貼る。遮熱板としてレンガの衝立を入れる予定だが、煙突も通るので念の為。
b0229636_18051310.jpg

久しぶりにセメントを練る。腰を痛めやすいのがこの作業。出来るだけ腰掛けた状態で、負担を軽減しながら必要量だけ練る。雨水井戸の水が活躍。ブロックで囲まれた中だけコンクリで埋める。ざっくりとセメント、砂、バラスを混ぜ、水を入れて、ハンドミキサーで良く混ぜる。均等に混ざったら、迷路状に仕切ったブロックの隙間を埋める。
b0229636_18051343.jpg

荷重部分がほぼ中央に来るので、隙間とブロックの穴を塞いで一枚のスラブ状に仕上げる。この上に捨て板を載せて、さらに耐火用の敷石をタイル状に配置するか、レンガを敷き詰める予定。
b0229636_18051400.jpg

来週の段取りもあるので、根太打ちを全部終わらせたかったが、最後の一本の仕口を残してタイムアップ。来週には床を貼り終えたい。

Cold Equinox weekend. Arrived safely at my bat cave. Fixed my well pump which wasn't maintained last a couple of years. I've replaced the leather gasket was worn out. I did it with a thick but cheap leather at the last time, so this time I applied full grain oiled leather. Adjusted the fit a bit tight to last longer than previous one.

Tidying up the central room full of construction materials to the Japanese room. That was something so hard. All I could do rest of the day was to build a self standing panels for my blacksmith project.

The next morning started filling the central room with cross piece. Cutting a few tenons and mortises. Then left for attending Shinto ceremony of our blacksmith project. We've asked the priest just a brief purification rite. As I wrote last time the priest himself was so much interested in our activity, so he made the ceremony a real decent one contained reading praising citation originally made for us. We all contented with his service and left the shrine before noon.

Members got together at my bat cave for pizza party. Drank and talked. Psyched us up for the coming hectic project schedule. Had a real good time and met at my house on building. Reassuring what to be done in coming a few month to settle down our project.

Before filling floor crosspieces, had to install bearing wall as indicated. Then backed up the wall by a plaster board behind the chimney place. This one protecting walls by heat damage.

Once filled the floor supporting crosspieces, about 6 by 3 foot wide of open space for chimney place filled by cinder blocks. Except fringe area, filled by mortar for heavy loading. Mainly supporting large chunk like steel wood stove.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-21 17:05 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録189 A s... 家作り備忘録187 A sel... >>