ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録195 A selfbuilder's note

先週はドッグマラソンで、家作りはお休み。
b0229636_17335744.jpg

二週間空けると、庭の果樹に大きな変化が。今年の酢橘は生命力に溢れて、開花時期に雨が降り、雨上がりには満開状態。それに、柑橘類が好きな黒揚羽が蜜を漁ると同時に授粉して、
b0229636_17335790.jpg

既に、結実している花も沢山あり。今年の鍋は酢橘三昧やろな。楽しみや。
b0229636_00111440.jpg

今週からは階段。図面を引いてみた。空間に座標軸を描いて、そこに踏板を落とし込んでいく感じ。垂直、水平の図面が多い家の部分設計に、屋根以来の斜め主体の大型パーツ作り。
b0229636_00111431.jpg

パリパリに乾いた階段の踏板一枚一枚に自動カンナ盤を掛けて薄皮を剥いでいく。
b0229636_00111457.jpg

基準線の位置関係、正しい距離を計測する目的で、起点間に水糸を張る。CADで計測した数値とほぼ一致。
b0229636_00111519.jpg

階段の踏板を支えるササラ桁を受ける階段梁を取り付ける位置を決める。床面からの距離が左右で同じとは限らない。左右真ん中の3点で水平を見る。左右で0.5mm程度の差。
b0229636_00111594.jpg

適当な位置に勾配を決める指矩の2点から水平、垂直に伸びて交わる点を写し取り、2ヶ所を結ぶと基準線が引ける。前後の階段梁に乗っかる部分を墨付けすると、後は階段の踏板の段差を写し取れば完了。
b0229636_00111531.jpg

適当な長さに切ったササラ桁の板材を二枚クランプで固定して切り出す。左右二枚を出来るだけ同じ仕上げにするため。板材は、歪みが無く節目がランダムな集成材を選択。直角を心掛けて、毎回スコヤで確認。
b0229636_00151159.jpg

コレでササラ桁が切り上った。不思議な形。
b0229636_00111637.jpg

階段梁の仕口を切る。荷重が下側に掛かる階段全体を柱との組合せで受け止める形に仕上げる。
b0229636_00111644.jpg

組んでみると、ぴったりと収まった。今日は下段まででタイムアップ。

Resumed to build the house. While waiting for this weekend, drawing plan of stairs on CAD haunted me. One of the most complicated and precise plan needed for the stairs. Accuracy was the key for this job. While, frequency of walking stairs would be quite high. So, the plan must earn a lot of effort to make it comfortable. Well thought out plan of a stairs itself so beautiful. Each point of stairs will be allocated in a coordinate axis of staircase.

Drawing lines of supporting beam plate started from setting start and end points on the base line.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-05-22 17:25 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録196A self... ドッグマラソン >>