ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録196A selfbuilder's note

土曜日に区の自治会総会と懇親会があるので、基地に前日入り。
b0229636_16570783.jpg

ブルーベリーがかなりデカくなってきた。実が着いて、大きくする方法がもう一つ判らん。試行錯誤中。
b0229636_16570854.jpg

先週に引き続き階段造り。上側の階段梁を叩き込み、実際の設置位置からの起点間の距離を計測すると、下側に向って5mm程突き出しが足らないことが判った。仕口側と階段梁側双方で2.5mmづつ欠き込んで、位置関係を調整。
b0229636_16570812.jpg

拍子抜けするくらいに一発で入った。ピッタンコ。オー、イェー。(^O^)もう片方も無事収まり、ササラ桁の取り付け完了。CADって、ほんま有り難いもんだね〜。
b0229636_16570843.jpg

踏板を載せて水平を見てみる。反りもあるので、大体オッケーです。
b0229636_16570994.jpg

面倒くさいとこからと思って、螺旋部分に取り掛かる。柱に欠き込みを入れて、反対側は桟木で支えを作る。踏板は斜めに切って、切った部分を広い側に足すと、一枚の踏板で両側の1/3は簡単に出来るが、真ん中の踏板が中途半端に材を使用する。歩留まり命のワシにとって悩ましいところ。ここのアイデアは来週に持ち越し。
b0229636_16570956.jpg

次の日は、朝から区の自治会総会やら親睦会やらで、昼間っからビール呑んで、いい気持ちになって、会場の芝生の上で寝て、殆ど作業せず。たまには、区の人達と色々話して面白かった。
b0229636_16570943.jpg

ササラ桁自体は上下を階段梁に引っ掛けているだけなので、フラフラしている。振れ止めが必要だが、長ネジのボルトで留めるより、固定力があるだろうと思い、桟木のスペーサーを入れて、内側から柱にネジ留めした。その分を見越して、30mm予め開けておいて正解だった。他にも桟木とササラ桁の胴体でネジ留めを出来るだけして、かなりガッチリと動かなくなった。
b0229636_16571023.jpg

踏板に溝切り機で、蹴上げ板の幅の溝を入れてみる。木っ端で試して、上手く入るのを確認して螺旋部分以外の踏板に全部溝を掘り、角の面取りをする。蹴上げ板は、床板の端材を利用。床とのつながりで見た目にも統一感がでてエエ感じやと自己満足。
b0229636_16571032.jpg

切った溝に、蹴上げ板の頭がスッポリ被ってササラ桁にキレイに収まった。ここまではイメージ通り。
b0229636_16571045.jpg

螺旋部分以外が収まった。45mm厚の踏板は結構がっしりして、安定感抜群です。
b0229636_17050646.jpg

とりあえず下まで繋げる。
b0229636_17050647.jpg

下段の第一段は少し飛び出した形で床板の上に乗せた。導入部が約15cm程リビングに突き出るが、そんなに邪魔にはならんでしょう。この第一段目の蹴上げ板にルンバの棲家作ったろかな。今日はここまで。

Had the Friday off. Wake up early Saturday morning to resume back to building stairs. First, setting upper stair beam to hold cross beam supporting stair steps. Measured edge to edge of the two stair beam. Noticed about 5mm discrepancy with CAD plan. Adjusted the discrepancy by cutting 2.5mm each on the beam and the pillar catching the beam. Installation went amazingly well. Just one shot. No other adjustment. The cross beam sat exactly where it should be.

Put spacers between cross beams and the pillars aside. This made crossbeams sturdy enough for holding stair steps.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-05-29 16:08 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録197A self... 家作り備忘録195 A sel... >>