ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録205 A selfbuilder's note

関東以北も梅雨明けして、梅雨前線が消えた日本に鯨の尻尾が来た。暑い。
b0229636_16572344.jpg

外で苔むした軽トラのサイドミラーにモリアオガエルが張り付いて、僅かな水分に体を押し付けている。こいつらの居場所を作ってやらんとなぁ。でも、池が出来るのは来年やで〜。
b0229636_16572377.jpg

先週やり残してた板の間の天井西半分に浮造りの羽目板を張り終わる。2枚残すのみで、歩留まりバッチリに収まった。
b0229636_16572427.jpg

去年豊作だったブルーベリーも、余った分を全てジャムにしてもらい、今年の分に冷凍庫を開けてみたが、猿にやられてもうダメだ。貴重な枝も何本か折られて、来年の収穫にも影響して来た。必要な分を食べるのはまだ許せるけど、オモチャにして青い実のついた枝をボキボキ折って行く。お前ら全員捕まえてしばいたるからな。覚えとけよー。
b0229636_16572467.jpg

板の間の東半分は竹の天井板になる予定だが、竹の裏側も燻したくなって、煙が裏側まで回るように、耐火ボードを30mm嵩上げすべく桁の下端に合わせて桟木をネジ止め。
b0229636_16572552.jpg

その上から石膏ボードを置いて、竹の天井板との間に隙間を作った。コレで竹小舞の全体に万遍なく煙が回る。飴色になるのが待ち遠しい。
b0229636_16572506.jpg

ガラスカットの要領で、1/3の厚みまでカッターの刃を入れると、手で簡単にポキンと折れる。裏紙をカッターで切り取る。
b0229636_16572678.jpg

東半分の天井も受けが出来た。竹は寒くなってからの方が良いので、いずれ時間を見て切り出しに行く。田舎で竹は嫌われ者だから、いくらでも手に入る。
b0229636_16572673.jpg

当座、塞いでオッケーな天井は全て塞いでしまったので、ロフトの根太を作り始める。大引きとの組み合わせを刻んで、ひたすら材料作りの地道な作業。来週からは、ロフトの根太打ち開始です。

Monsoon front line was gone and real hot and humid summer started.

Resumed to patch ceiling of the first floor on south end room. The ceiling panel is made by traditional method of burning and brushing. To avoid bugs local carpenters apply burner grilled Japanese redwood wall panels. Mines are panels once burner grilled and brushed charcoal on the top surface.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-07-31 16:12 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録206 A sel... 家作り備忘録204 A sel... >>