ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録207 A selfbuilder's note

山の日にかけてお盆休み。先週屋根裏の大引き入れを終わらせたことで、次の根太打ちにすんなり移れた。
b0229636_17172086.jpg

根太側にはすでに刻みを入れていたので、受けの大引きに鋸目を入れて、ひたすらノミでさらって行く。一階の天井板に相決りの羽目板が張ってある。少しくらいの重さなら耐えれる強度があり、道具や木屑回収の塵取なんぞ載せられる。お昼に、いつものようにヤスオさんがブルーベリーを摘みに来て、話し込んで行った。今晩、山ジャムという音楽祭があるので、出て来い、と。ちょっと早めに上がって、風呂に行き、暇つぶしに寄ってみた。
b0229636_17172045.jpg

結構な人が集まって、山間の古民家の庭で変わった趣向の音楽が聞こえてくる。マイナーな曲調のアイリッシュフィドルにチベットの胡弓っぽい楽器が合わさり、それに佐渡の鬼太鼓がサムルノリ風に踊りながらリズムを取っていた。
b0229636_17172029.jpg

翌日の夕立にはロフトの根太打ちがほぼ終わり、これで電気配線に取り掛かれる。
b0229636_17172143.jpg

仮止めしかしてなかった石膏ボードの天井板に補強の桟木を渡して、表側からネジ留めしたら、がっちりして垂れてくることもなくなった。
b0229636_17172180.jpg

翌土曜日は朝からダイニングの奥一杯に広がる収納の枠作り。配線に関係の無い壁面の収納を先に設えることで、スイッチやコンセントの位置関係が自ずと決まってくる。構想はほぼ固まっていたため、簡単な手描きの図面を見ながらの作業。久しぶりにホゾ切り。こういうの大好き。本格的に造り付けの家具をいきなり一番デカいのからかかる不安も無いこともないが、逆にコイツをやっつけると勢いが着く。とにかく何も考えずにやってみよう。
b0229636_17172247.jpg

朝飯前の仕事を終えて、ガッツリと遅めのブランチ。頭が冴えて、涼しい早朝に墨付けをやっておくと、午後の作業は墨付け通りに頭を使わずに済むので楽だ。迷いも少なく、作業が捗る。
b0229636_17172248.jpg

ホゾの刻みが終わって、仮組み。
b0229636_17172228.jpg

壁一面に広がる収納の中央寄りは、ドアの収納にもなっている。その隙間を見込んで、木枠に段差を設けたパーツが2つ。その分のホゾ切りを終えて仮組み。今週はここまでか。
b0229636_17172361.jpg

駅に向かう広大な耕作放棄地に毎年コスモスが咲き乱れるが、気の早い花が一輪。北湖に秋の風が吹き始めたようだ。稲穂の頭が垂れて来た。

4 days straight off this weekend. Shifted from putting crossbeams under the roof to installing crosspieces among beams at upper floor.

By the next evening, most of crosspieces sat on beams at upper floor. Also backed the plaster boards on lower floor's ceiling up by crosspieces. Avoiding natural deformation of the plaster boards, nothing's works better.

From early morning on the third day, I've started to draw lines for copying plans of building large shelf covering entire wall of the south side of dining room. Before breakfast, lines' drawn. Eaten bunch of pancakes then resumed to cutting tenons and mortises. Without thinking any, just devoted to hit chisels head to make numerous joints. Lots of fun.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-08-14 16:10 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録208 A sel... 家作り備忘録206 A sel... >>