ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録213A selfbuilder's note

秋分の日を挟んで、世はシルバーウィーク。あいにく前半は雨の予報。
b0229636_10124916.jpg

時間が掛かる造作をすることに。窓枠を収めると、その壁面は一気に貼り付けることができる。結露を防ぐつもりで、サッシの枠をアングル付きというタイプを選んで、そのアングルとまぐさ、まぐさ受けの間に三方無節の檜材をはめ込む。アングルとまぐさ、まぐさ受けとの隙間はまちまちなので、それに合わせて、厚み調整をしなければならない。また、壁面への迫り出し部分はオフセットになるので、迫り出し部分を残して削り出すという、面倒くさい作業がある。上の写真は、オフセットの内側をキワで削り込んでいるところ。ある程度テーブルソーで切り込みを入れて、大まかに厚みを削いでも、最後の微調整が手作業になる。遅々として進まない。
b0229636_10125055.jpg

この三方無節の檜材は、荒材を買って、自動カンナ盤で加工する。特一等の材なので、表面は見事なスベスベの板目が出てくる。加工済みのものを買うと、グレードが2つ位落ちても、値段は3倍程する。家一棟分の材を加工すると、自動カンナ盤の費用なんてアッと言う間にペイしてしまう。
b0229636_10125180.jpg

木の窓枠の良いところは、吸湿放湿によって結露を防いでくれる。ステインと木質の塗料で仕上げると、寸法の暴れもほとんど無い。樹脂枠というのが流行りらしいが、天然の木に及ぶべくも無い。
b0229636_10125278.jpg

下穴を空けて、アングルとネジで固定する。四つの角を合わせて、迫り出し距離を調整して仕上げる。
b0229636_10125352.jpg

空いた時間で、取り付けが終わってないコンセントを結線。レンジや炊飯器などの高負荷になるコンセントは、2mm径の太い電線を配線する。その他は1.6mm径。
b0229636_10125415.jpg

ご近所さんのヤスオさんから夕方に電話があって、電線の引き入れに邪魔な木を一本切って欲しいと言ってきた。急いでいるみたいな感じなんで、翌朝切る事にした。上1/3あたりで三又になった木で、陽の当たる側に傾いたチョットややこしい感じ。ツリークライミングして、前方に荷重している枝を2本落として、残りの枝の高い位置にワイヤーを掛けた。ワイヤーをハンドウィンチで引っ張りながら、腰位の高さでまっすぐになった幹に受けを入れて、チェンソーで伐り倒した。思い通りのライン目掛けて倒れてくれた。
b0229636_10125551.jpg

その夜は、ヤスオさんにすき焼きをご馳走になって、遅くまで飲んで話して、寝た。翌朝、軽トラ一杯の薪をゲットして持ち帰る。
b0229636_10125616.jpg

北面の大きな窓に終日掛かって木枠を取り付ける。ダイニンングの壁板貼り付けが出来るようになった。

Left for my bat cave at rainy Wednesday night.

Four days off. So shifted target on time consuming fixture making. Window frame needed to be done before paneling out dining room. As offset window frame accept edge of wall panels. Window frames made of Japanese spruce smoothed out by automatic planer mostly, however, fine tunes should be done manually.

Spruce window frame should be fixed in between aluminum and outer frame installed on pillars. Fine tunes needed to be done for filling space by the spruce window frame.

Bought the spruce board under roughly finished condition. Price jump up when smooth finish needed. Almost three times more expensive than roughly finished ones. Instead, I bought an electric planer. The cost of the planer was easily payed out when you buy a house enough wooden materials.

Good things about applying wooden window frame was to eliminate condensation during winter. Wooden frames breathes. Which means absorbs moisture and later evaporated into the air. Humidity control is the key for comfortable house, I'm sure.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-09-25 09:07 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録214 A sel... 家作り備忘録212 A sel... >>