ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録214 A selfbuilder's note

今年の秋は長雨が続く。9月月末の週末に雨がザーザー降る中、基地へ。
b0229636_17373467.jpg

来週に収穫しようと思っていたキウィを摘むことにした。どうせ、摘んでから熟させるし、放っておくと猿にやられるのが落ちだから、チョット早いけど収穫。
b0229636_17373439.jpg

今日は兄貴んちへ、セルフビルド仲間のヒロシさん、絵美さん夫婦を案内して行った。9月にお祝いに行った時に良く見てなかった建て具周辺の仕舞いをもう一度じっくりと拝見。プロの大工さんの「仕舞い」は、全体との統一感と、目に違和感無く収まっているのが素晴らしい。それには、緻密な計算と技術が込められている。素人大工が真似出来る部分はどこまでか?落ち着い良く見ると、ヒントらしきものがポツポツ見つかった。写真を撮りまくって帰った。
b0229636_17373535.jpg

お昼過ぎて戻って、短い時間で出来る事と言えば、壁板貼り付けくらい。ちょうど、ダイニングの収納の背景が残っていたので、一旦組んだ棚枠を一部バラして、杉羽目板をエアネイラーで打ち付ける。細々とした調整があって、なかなか進まない。こんな日もある。
b0229636_17373506.jpg

朝一、チョット鈍った身体に活を入れる為に、先週伐った雑木の薪割り。早くやっとかないと、乾くとカチカチになって割りにくいのです。スカスカ割れると思いきや、結構粘りありました。
b0229636_17373662.jpg

石窯の脇に積み上げて、薪棚が出来るまで乾かしておく。一年程乾かせば使えるでしょう。
b0229636_17373796.jpg

再び、壁板貼りに掛かって、昼過ぎに貼り終える。
b0229636_17373885.jpg

棚枠を調整して、元の通りに組み直す。今日はここまで。向こう正面の壁板貼りの準備が出来た事になるので、来週はそこから。

On Friday night end of September, rain annoys me on the way to my bat cave.

Woke early to pick Kiwi fruits before leaving for my bro's renovated farm house with my friends whose traditional farm house also in renovations.

What amazes me on looking around my bro's farm house is standing out at tiny specs at intersection of two different height of walls meet by the artisan group. So smooth and natural to your eyes and looks as though it had been there before renovation.

Resumed to work on walls at dining room.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-02 17:01 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録215 A sel... 家作り備忘録213A self... >>